So-net無料ブログ作成

GWが終わって……鶴岡へ その3 [旅行]

 さて、水族館を見て、さらにバス[バス]に乗ります。市内に戻るのではなく、もうちょっと走って、終点の「湯野浜温泉」で下車。

IMGP3559 (480x640).jpg
ほぼバス停の真ん前に、こんな建物があって

DSC_3373 (480x640).jpg
その下に湯野浜温泉下区公衆浴場の入り口があります


 湯野浜温泉には上区と下区の公衆浴場がありますが、上区は大人200円、下区は300円[有料]です。番台のおばさんに、安いほうの上区の場所を聞くと、そこから歩いても4分程度。安いほうに行こうかなー、なんて逡巡していると(ケチ……)、おばさんが、「上区はシャワー[あせあせ(飛び散る汗)]がないよ。どっちもいい湯[いい気分(温泉)]だよ!」とおっしゃるので、そのまま下区に入っちゃうことにしました。

IMGP3557 (640x480).jpg
ラッキー! 誰もいないじゃん[わーい(嬉しい顔)]

IMGP3553 (640x480).jpg
IMGP3554 (640x480).jpg
お湯[いい気分(温泉)]はかなーり、熱いです!


 いやあ、あったまったー!! 上がって、「ああ気持ちよかったー!」と番台で言うと、おばさんも「サイコーだよ!」とおっしゃいました。

DSC_3374 (640x480).jpg
どうだった?([猫]
めちゃめちゃよかったよ!

DSC_3375 (640x480).jpg
おかげであたしも真っ白[ぴかぴか(新しい)]よ!([猫]
……なるほど……

IMGP3574 (640x480).jpg
バス停近くには足湯もありますが

IMGP3568 (640x480).jpg
IMGP3569 (640x480).jpg
潰れているホテル[ビル]もある。少々のさびれ感は否めない

IMGP3561 (640x480).jpg
バス停からはすぐ海です。こっちにもにゃんこ[猫]

IMGP3562 (640x480).jpg
湯上りは[ビール]。これに勝てるやつがいたら連れて来い!

IMGP3563 (640x479).jpg
ついてくんなよ([猫]

IMGP3565 (640x479).jpg
あんたしつこいよ![猫]
すんません[たらーっ(汗)]、つい……


 ゆったりとした気持ちでまたバスに乗り、市内に戻り、そこからゆるゆる歩いて宿に向かいます。この宿も今回の大きな目的地の一つ。

IMGP3580 (640x480).jpg
田んぼの中に立った低層の建物

IMGP3583 (640x480).jpg
IMGP3584 (480x640).jpg
紙素材が多用されています

IMGP3585 (640x480).jpg
IMGP3586 (640x471).jpg
IMGP3588 (480x640).jpg
もうわかる人はわかると思いますが……


 坂茂設計事務所の設計したホテル、「ショウナイホテル スイデンテラス」です。坂茂さんは女川駅のゆぽっぽなども設計していて、ここがあることを知って、一度来てみたかったのです。調べたら、そうバカ高い値段設定でもないので、清水の舞台から飛び降りるような気持ち[どんっ(衝撃)]で予約してみました。ボロ宿好き[黒ハート]の私としては、たいへんに思い切った決断です。

IMGP3590 (480x640).jpg
客室への入り口

IMGP3591 (640x480).jpg
DSC_3379 (640x480).jpg
DSC_3376 (480x640).jpg
DSC_3378 (480x640).jpg
DSC_3380 (480x640).jpg
おしゃれな室内

DSC_3382 (640x480).jpg
DSC_3387 (640x480).jpg
DSC_3389 (640x480).jpg
DSC_3390 (640x479).jpg
田植えが終わったばかりのようです

DSC_3385 (640x480).jpg
この丸いのが温泉棟[いい気分(温泉)]です

DSC_3392 (480x640).jpg
DSC_3394 (480x640).jpg
地下にフィットネスルームあり


 お風呂の中はさすがに写せませんでしたが、とてもきれい[ぴかぴか(新しい)]でした。しかし、お湯はぬるいし、天井が低くて狭苦しいし……湯野浜温泉下区公衆浴場に1ラウンドノックアウト負け[どんっ(衝撃)]でした。だいたい、こんなところまできてエアロバイクなんかこぐやつがいるんかい。そんなもんつくるから風呂がせまっ苦しくなるんじゃねえか……なんてぶつぶつ言いながら戻ります。
 部屋のタブレットでレストランのメニューが見られるのですが、(特にお酒が)大変に高い。どんだけいいお酒か知りませんが、1合で1800円[がく~(落胆した顔)]ってねえ……。ただし、ここで救いは、売店でお酒がほぼ原価(?)で売っていること。買うと、栓抜きと冷えたグラスを貸してくれるのは気が利いている。

DSC_3395 (480x640).jpg
ぷはー、んまあい!

IMGP3592 (480x640).jpg
というわけで、お夕飯はグラスワイン1杯だけで

IMGP3596 (640x480).jpg
こんなのをいただきました


 お美味しかったし、こんなんでも一人ならけっこうお腹いっぱいになったりして。
 さて、日も暮れて、さぞや田んぼのカエルが騒がしい[耳]かと思ったら、ホテルの中はえらいこと静かです。そんなはずないだろう、とベランダに出ました。

IMGP3598 (640x480).jpg
果たして、ガラス戸を開けた途端にゲロゲロ大合唱[るんるん]でした!

IMGP3600 (640x472).jpg
ライブラリーには面白そうな本[本]が充実しています

IMGP3601 (480x640).jpg
蔵書印のようなもの

IMGP3602 (398x640).jpg
この館内着[ブティック]は独特すぎるよなあ。私はいいけれども


 佐々大河の『ふしぎの国のバード』を数冊[本][本][本]部屋に持ち帰って、のんびり読みました。イザベラ・バードの冒険記の漫画版です。けっこう面白い。

DSC_3408 (640x480).jpg
朝食バイキング。いろいろ美味しいものがてんこ盛り[るんるん]
DSC_3407 (640x480).jpg
IMGP3622 (640x480).jpg


 その後、また鶴岡エスモールから長距離バス[バス]に乗り、仙台に行って、母の見舞いをして帰りました。

DSC_3420 (640x480).jpg
DSC_3424 (640x480).jpg
鶴岡⇒仙台の[バス]車窓風景。新緑と雪が同居しています


 鶴岡、なかなかいいなあ。スイデンテラスはともかく、街自体にはまた来たいなあ、と思いました。
 鶴岡ツアー、終了です。


nice!(13)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

GWが終わって……鶴岡へ その2 [旅行]

 荘内神社・藤沢周平記念館・鶴岡アートフォーラム・荘銀タクト・旧致道館などを見学し、市役所前からまたバス[バス]に乗ります。
 バス[バス]で30分[時計]ほども海に向かって走って、今話題の「加茂水族館」へ。ここも今回の目的地の一つです。

IMGP3537 (640x480).jpg
ここはもう 悲しみ本線 日本海(五七五になったぞ)

IMGP3459 (640x480).jpg
看板を見ればわかる通り……

IMGP3481 (640x480).jpg
普通にお魚や

IMGP3489 (640x480).jpg
調理方法の紹介

IMGP3469 (480x640).jpg
ざらざらのフグの皮に触れる展示

IMGP3496 (640x479).jpg
アシカのショー

IMGP3497 (640x480).jpg
アメフラシに触れるプールなど、他と同じような展示もありますが

IMGP3506 (480x640).jpg
なんと言ってもここのクラゲたち!

IMGP3510 (640x480).jpg
DSC_3296 (480x640).jpg
DSC_3299 (480x640).jpg
DSC_3308 (640x479).jpg
DSC_3317 (480x640).jpg
DSC_3331 (480x640).jpg
ちょっとクラゲの写真[カメラ]が続きすぎでしょうか

DSC_3332 (480x640).jpg
DSC_3336 (480x640).jpg
DSC_3339 (480x640).jpg
DSC_3342 (480x640).jpg
DSC_3346 (480x640).jpg
DSC_3347 (480x640).jpg
DSC_3349 (480x640).jpg
DSC_3351 (480x640).jpg
DSC_3354 (480x640).jpg
DSC_3365 (640x480).jpg
ふわふわ漂うクラゲたち。確かになんか、いいですねえ


 この間行った蒲郡の竹島水族館と同様、人が来なくてジリ貧状態だったのを、クラゲをクローズアップすることによって起死回生のホームランを打ち返したのがこの加茂水族館です。

IMGP3535 (480x640).jpg
お昼はここで食べたのですが

DSC_3371 (640x480).jpg
なんと本格的にフグが食べられるのです! ちょっとフンパツしちゃった


 下関水族館でもそんなのなかったんじゃないかなあ(記憶違いかもしれませんが)。

IMGP3534 (640x480).jpg
お! ここにもさかなクン! ご活躍ですな[るんるん]


 いやあ、堪能した! けれども、もう次のバスまで時間があるからクラゲをもう一押し行こう。

Image1557546517879 (458x612).jpg
クラゲソフトクリーム


 干しクラゲがパラリとトッピングしてあって、コリコリといい食感です[キスマーク]
 クラゲドリーム館のある加茂水族館、噂にたがわぬ楽しい水族館でした。さて、ここからまたバス[バス]に乗ります。

 ああ、一日のことなのに、画像がまたまた多いので、もうちょっと引っ張ります。続く。


nice!(11)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

GWが終わって……鶴岡へ その1 [旅行]

 長かったGWも終わってしまいました。[もうやだ~(悲しい顔)]まあ、しょうがないってんで、火曜日から金曜日までをなんとか仕事をこなし、ようやく週末です。さあて、帰省するかな。そこでまた寄り道してしまうわけですが……今回は、退社後、渋谷マークシティ[ビル]の5Fから夕陽号という深夜バス[バス]で出発です。それにしても、マークシティの5Fへの行き方がわかりづらくて焦ったー!![がく~(落胆した顔)] 半泣き[もうやだ~(悲しい顔)]で探し回り、何とか間に合いましたが。
 夜22:30発[バス]で、鶴岡エスモール到着は6:05頃です。
 今回初めて利用した(?)国際興業バス[バス]ですが、鶴岡で降りる場合は到着地のホテル[ビル]の優待券がもらえます。みはらしの湯(ホテルの屋上のお風呂)[いい気分(温泉)]500円とホテルでの朝食バイキング[レストラン]1,000円です。

IMGP3336 (640x480).jpg
エスモールのバスターミナルにありました

IMGP3340 (640x480).jpg
みはらしの湯[いい気分(温泉)]の入り口

IMGP3339 (640x480).jpg
ホテルの屋上にある露天風呂[いい気分(温泉)]です。気持ちいいー![わーい(嬉しい顔)]


 バス[バス]で到着した人の多くが利用しているのかな。盛況でした。

IMGP3342 (640x480).jpg
バイキングも美味しい!

IMGP3344 (640x480).jpg
荘内名物孟宗汁。これはいいねえ[黒ハート]


 すっかりおなかパンパンになって、市役所方面へのバス[バス]に乗ります。

DSC_3402 (480x640).jpg
バスの1日乗り放題券がエリアによって3種類あるのですが

DSC_3403 (480x640).jpg
1,000円のを買いました

DSC_3401 (480x640).jpg
立派な時刻表もいただきました


 市役所の近くで下車[バス]しましたが、朝早くてまだ開いている施設はありません。いいお天気[晴れ]なので、まずはぶらぶらとお散歩[くつ]します。

DSC_3291 (640x479).jpg
荘内神社に参拝

IMGP3368 (640x480).jpg
教会

IMGP3372 (480x640).jpg
お? もしかしてこの子、山形キャラの……

IMGP3373 (640x480).jpg
IMGP3375 (640x480).jpg
IMGP3386 (640x480).jpg
IMGP3357 (640x480).jpg
公園も街も、緑がとてもきれいです

IMGP3353 (480x640).jpg
街のあちこちに藤沢周平の小説ゆかりの地の看板があります

IMGP3395 (640x480).jpg
というわけで、そろそろオープンだ!


 藤沢周平記念館、小さいけれどもなかなか良かった。ここ鶴岡は藤沢周平の故郷で、小説に出てくる「海坂藩」のモデルとされています。企画展で「『又蔵の火』の世界」展をやっていて、この小説[本]は読んでいないので、読みたくなってしまった。館内の撮影[カメラ]は禁止ですが、携帯[携帯電話]のメモにたくさん小説の名前を書き込んできてしまった。読みたい本[本]は増える一方です。

DSC_3292 (480x640).jpg
あ、これ行きたいなあ。岩手だけど

IMGP3397 (640x480).jpg
近くにある疑洋風建築

IMGP3358 (640x478).jpg
次に鶴岡アート・フォーラムへ


 ウィリアム・モリス展をやっていましたが、季節と相まって、とてもよかったです。チケット持ってたし……

IMGP3364 (640x480).jpg
そして荘銀タクト! やっぱ、でけえや

IMGP3447 (640x480).jpg
IMGP3448 (640x480).jpg
中も少し撮れました[カメラ]



 大きすぎて全貌の写真が撮れません[カメラ]

IMGP3414 (640x480).jpg
荘銀タクトの前にある庄内藩の藩校旧・致道館
IMGP3423 (640x480).jpg
IMGP3438 (640x480).jpg


 この辺りまで見学して、市役所前からまたバス[バス]に乗り、海のほうに向かいますが、ちょっと画像が多くなっちゃったので、続く、にします。


nice!(13)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

5月3日は一人で遠出-その2 あしかがフラワーパーク- [旅行]

 さて、多々良=(東武伊勢崎線)⇒館林=(東武佐野線)⇒あしかがフラワーパークと進み、もうこの駅名でわかると思いますが、今大人気のあしかがフラワーパークに突撃です!

IMGP3168 (640x480).jpg
塀の外からでもすでに見えるのですが

IMGP3169 (640x480).jpg
今が旬! なので当然混んではいますが


 チケット売り場では全く待たず。上野でパンダを見るような歩けなさは全くありません。中国語もあちこちから聞こえるのですが、どちらかというと県内で働いているインドネシア人? のような感じの人たちがみんなで遊びに来ているグループが多かったように見えました。

IMGP3170 (640x480).jpg
今の季節はなんと言っても、藤ですね(極彩色で撮ったらちょっと派手すぎる)

IMGP3183 (640x480).jpg
IMGP3186 (640x480).jpg
IMGP3193 (640x480).jpg
IMGP3257 (640x480).jpg
IMGP3206 (640x480).jpg
IMGP3212 (480x640).jpg
やっぱり自然の色のほうがいいな

IMGP3195 (640x480).jpg
IMGP3278 (640x480).jpg
ツツジもきれいなのですが

IMGP3254 (640x480).jpg
シャクナゲも実に種類が豊富!

IMGP3188 (640x480).jpg
IMGP3201 (640x480).jpg
IMGP3202 (640x480).jpg
IMGP3214 (640x480).jpg
IMGP3253 (640x480).jpg
大輪できれいです

IMGP3196 (640x480).jpg
IMGP3198 (640x479).jpg
IMGP3199 (640x480).jpg
IMGP3203 (640x480).jpg
クレマチスも。あ、そうか今「クレマチスの丘」(静岡)に行けばいいのかな

IMGP3223 (640x480).jpg
IMGP3220 (480x640).jpg
IMGP3235 (640x479).jpg
IMGP3236 (640x479).jpg
IMGP3237 (640x479).jpg
IMGP3256 (640x480).jpg
DSC_3209 (640x480).jpg
IMGP3294 (640x480).jpg
IMGP3298 (640x480).jpg
足元を見ても、花だらけ!

IMGP3240 (640x480).jpg
微妙な色の藤もある

IMGP3288 (640x480).jpg
IMGP3283 (640x480).jpg

IMGP3306 (480x640).jpg
IMGP3305 (640x480).jpg
奥のショップで、買っちゃった……またまた<

IMGP3250 (640x480).jpg
植物のほかエクステリア小物も充実


 うちは生猫がたくさんいますが、ちょっと欲しくなりました。茶トラはいないし。重いから買わないけど。園内で栽培している藤をはじめとするきれいなお花の苗がたくさん売られていて、人気でした。そりゃ、お庭があったら欲しくなるよね。

IMGP3239 (640x480).jpg
群馬グルメ[レストラン]のあるショップもあったのですが、混んでいたのでここも諦めました


 いやあ、今回は歩いた歩いた[くつ][くつ]。帰ったら2万歩を軽く超えていました。
 疲れたけど、楽しかったー[わーい(嬉しい顔)]。あしかがフラワーパーク、藤の次はバラ園[かわいい]が咲き始めそうです。また行きたいなあ。


nice!(10)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

5月3日は一人で遠出-その1 舘林美術館- [旅行]

「遠いねえ、行っておいでよ」という猫マスターの見解なので、この日は一人で群馬まで。朝早起きをして電車[電車]に乗ります。

Image1556838759994 (640x479).jpg
GWでも使えるホリデーパスを買いました


 最寄り駅=(東横線)⇒中目黒=(山手線)⇒恵比寿=(湘南新宿ライン)⇒久喜=(東武伊勢崎線)⇒館林=(東武伊勢崎線)⇒多々良の予定だったのですが、最後で間違えて、東武佐野線[電車]に乗ってしまった! で、やむなく一つ目の渡瀬駅で下車し、道を調べてみると、目的地まで徒歩47分[時計]……うーん、どうしよう。ま、天気[晴れ]もいいし、歩いてみるかあ。[くつ]

IMGP3125 (640x480).jpg
青々としているのは

IMGP3126 (640x480).jpg
麦畑。さすが、麺どころだな


 ちょっと汗ばむ[あせあせ(飛び散る汗)]くらいの陽気。道を聞く人も歩いて[くつ]いないのですが、単純な道筋なので、あまり迷わない。

IMGP3134 (640x480).jpg
が、この看板が見えてからさらに1キロくらいある


 多々良沼の近くにあって、運動場[野球]などもあり広々としたところに建つ群馬県立舘林美術館です。この間竹橋の近美でやってた「熊谷守一展」、見逃しちゃったんだよね[ふらふら]。で、会社[ビル]に届いたDM[メール]で偶然見つけて、招待券もついていたので、来てしまいました。この日の第一目的地です。

IMGP3136 (640x474).jpg
IMGP3139 (640x480).jpg
ようやく見えてきた![目]

IMGP3138 (640x480).jpg
IMGP3140 (640x480).jpg
IMGP3143 (640x480).jpg
IMGP3142 (640x480).jpg
水景がきれい[ぴかぴか(新しい)]です

IMGP3145 (640x480).jpg
こちらは別館。彫刻家フランソワ・ポンポンのアトリエを再現していました

IMGP3148 (640x480).jpg
渡り廊下と、彫刻を収めた建物


 展覧会、とてもよかったです。おそらく東京ならこんなにストレスなく見られなかったんじゃないかな。GWということで若干警戒したのですが、ほどよい人の入りで、非常に快適に鑑賞できました。この赤い輪郭線と、思い切った省略。いいなあ。映画[映画]も見なくちゃ。
 かなり歩いて、腹が減った……ので、美術館内のレストラン、イル・コルネットに入りました。

IMGP3150 (640x480).jpg
これがハッシュドビーフ? 美味しいんですけど!![目]

IMGP3152 (640x480).jpg
美味いのでデザートも頼んでしまった[黒ハート]

IMGP3157 (640x437).jpg
美術館の模型。ユニークな配置です

DSC_3212_CENTER (480x640).jpg
図録、小さいから買っちゃった


 美術館を見終わって、本来の最寄り駅である東武伊勢崎線多々良駅まで歩きました。こちらも徒歩20分ほどはかかるのですが。

IMGP3160 (640x480).jpg
駅前にタヌキ。舘林が近いしね

IMGP3162 (640x480).jpg
どちらにしても小さい駅だなあ

IMGP3165 (640x480).jpg
そして、第二目的地に向かいます

DSC_3204 (480x640).jpg
駅にあったポスター。ああ、群馬だ!


 写真が多いので、続く。


nice!(10)  コメント(8) 

GW2日目は匝瑳市へ [旅行]

 連休2日目は、かねてから行きたかった場所があったので、猫マスターに車[車(セダン)]を出してもらいました。うちから車で2時間ほどでしょうか。連休というので渋滞を懸念していましたが、割と、平気でした[るんるん] よかった、よかった。向かったのは、千葉県匝瑳市。

DSC_3137 (640x480).jpg
近づくにつれ、こんな看板が出てきます

DSC_3124 (480x640).jpg

DSC_3122 (640x480).jpg
DSC_3121 (640x479).jpg
DSC_3120 (640x480).jpg
DSC_3119 (640x480).jpg
DSC_3117 (640x480).jpg
DSC_3116 (480x640).jpg
美しいお庭は、今の季節新緑がとてもきれいです

DSC_3062 (640x480).jpg
「猫ねこ展覧会2019」開催中(これは別館)


 絵画作品ももちろんよかったのですが、立体作品がまた面白かった!

DSC_3063 (480x640).jpg
猫けつチェスだそうです

DSC_3064 (640x467).jpg
DSC_3065 (640x479).jpg
DSC_3066 (640x520).jpg
DSC_3068 (640x479).jpg
か、かわいい……[黒ハート]

DSC_3069 (480x640).jpg
なんという味わい……

DSC_3070 (480x640).jpg
此木三紅夫さんという画家の方のご自宅の一部が本館ギャラリーです

DSC_3072 (480x640).jpg
飲まれているんじゃなくて、着ぐるみを着た猫らしい

DSC_3074 (480x640).jpg

DSC_3076 (480x640).jpg
本当の猫もいます。この子はちょっとお年寄り

DSC_3077 (640x480).jpg
黒ちゃんもいました


 本当はもっとたくさんいたのですが、私がうっかりカメラ[カメラ]のSDカードを持って行かなかったため、携帯[携帯電話]では追いきれませんでした。反省。[もうやだ~(悲しい顔)]

DSC_3079 (480x640).jpg
DSC_3078 (640x480).jpg
DSC_3080 (640x472).jpg
本館入り口

DSC_3081 (640x480).jpg
庭にはオブジェもたくさん

DSC_3082 (480x640).jpg
これは行ってみなければ!![目]

DSC_3091 (640x479).jpg
喫茶コーナーには2~3か月の子猫がいました[揺れるハート]

DSC_3096 (480x640).jpg
DSC_3100 (480x640).jpg
DSC_3102 (640x479).jpg
DSC_3105 (640x480).jpg
猫マスターのじゃらしテクに翻弄される子猫たち

DSC_3111 (480x640).jpg
500円でお茶とお菓子が出ます

DSC_3112 (640x480).jpg
遊び終わったら、ごはん。大きくなれよ


 子猫ちゃんの一匹が、ごはんの催促に、空になったパウチの袋をくわえて行ったのがすごくかわいかった!
 美術館の猫は何匹いるのかと尋ねたら、「通いの子も含めて、10匹くらいかしら」とのお答え。通いとプロパーの子がいるのか……

DSC_3132 (480x640).jpg
この子は通いかなあ

DSC_3134 (640x480).jpg
美術館の前は田植えのすんだばかりのきれいな田んぼ


 どこから通ってくるのかしら、猫ちゃんたち。

DSC_3125 (640x466).jpg
DSC_3127 (640x479).jpg
DSC_3129 (480x640).jpg
次は紅葉の季節に来ようかなあ

DSC_3139 (640x480).jpg
DSC_3140 (640x480).jpg
帰りは、海鮮浜焼きを食べて帰りました


 美味しかったけど、バイトの子がどんくさくて、トングは出さないわサザエのふたを開ける棒は出さないわで、腹立ちました。[ちっ(怒った顔)]
 帰り道は一瞬渋滞があったものの、あまり捕まらずにすみました。正直、もっとたくさんのにゃんこ[猫]に会えるかと思っていたのですが、お天気が良かった[晴れ]せいか、にゃんず[猫]もよそに遊びに行っていたのかもしれません。
 小ぢんまりとしていますが、お庭が素晴らしく、感じのいい美術館だったので、また行きたいなと思いました。連休2日目も、これで終了です。


nice!(10)  コメント(10) 

青春18きっぷ2019春の陣ー湯治のはしご その2 [旅行]

 翌日、飯坂温泉から飯坂線[電車]に乗りこみましたが……

DSC_2865 (640x480).jpg
ほどなく降りたのは「美術館図書館前」駅

DSC_2866 (640x480).jpg
今回の目的の一つ、東京で見損なった若冲展を見に行きました

DSC_2869 (640x454).jpg
さすがは若冲、朝一は並んでました


 とはいえ、東京のように五時間待ち[時計]ということもなく、昼くらいになったら特に並んではいませんでした。あるいは、朝一で行かないほうがよかったのかな。[ふらふら]
 東京の作品数よりはだいぶ少なかったのかな、とも思いますが、それでも犬やサルや鶴など、見たかった絵はずいぶん見られました。面白かったー![わーい(嬉しい顔)]

 その後再び飯坂線に乗りこんで福島駅へ。ここで下りの東北本線に乗り換えて仙台を目指すはずが……なんとなんと、強風でダイヤが乱れまくり!! もともとは10時40分頃に福島駅を出るはずの仙台行きが、約2時間も遅れていました。まあ、別に特急に乗るわけでも指定をとっているわけでもないので、着たやつ[電車]に乗るしかないのですが。

DSC_2877 (480x640).jpg
DSC_2878 (640x480).jpg
駅の窓に薄いソーラーパネルが張られていました

DSC_2879 (480x640).jpg
あー、福島は地方競馬があるもんね


 仙台には割と早く到着できて、そのまま母の施設に回って見舞いをしましたが、3時[時計]のおやつタイム近辺になってしまったせいか爆睡中[眠い(睡眠)]。まあ、起きていてもたいした意思疎通はできないのですが……タイミングが悪かったなあ。[ふらふら]
 その後また東北本線[電車]に乗って小牛田へ。

DSC_2888 (640x480).jpg
そこで陸羽東線[電車]に乗り換えます


 いつもなら鳴子温泉[いい気分(温泉)]で降りたりするわけですが、今回は一つ手前の鳴子御殿湯駅[電車]で降りました。

DSC_2894 (640x480).jpg
予約していた「いさぜん旅館」は駅から徒歩3分[時計]。激近です

DSC_2895 (640x480).jpg
湯治部の部屋。いい感じです


 素泊まりで頼んでいたし、付近に食べに行けるお店[家]はなし。ちょっと歩けばコンビニというので買い出しに行きました。
 周囲はどんどん暗くなり、最終的には真っ暗[夜]な中をずんずん歩いていきます。

DSC_2896 (640x480).jpg
近くに同じような感じの宿が数軒

DSC_2897 (480x640).jpg
鯉料理のお持ち帰りのお店なんですって!


 鯉って、佐久とかそういうところの料理[レストラン]としか思っていませんでしたが、このあたりでも食べるんだねえ。山だし。

DSC_2902 (640x480).jpg
宿のロビー

DSC_2912 (640x471).jpg
DSC_2913 (640x479).jpg
DSC_2914 (640x480) (2).jpg
なんかすごい[ぴかぴか(新しい)]コレクションです


 その後、お待ちかねのお風呂[いい気分(温泉)]ですが……

DSC_2904 (480x640).jpg
ここのお父さんは若干タイガースファンが過ぎるな

DSC_2905 (640x480).jpg
脱衣場

DSC_2907 (640x480).jpg
桶と椅子のペインティングはやりすぎだろうと思う


 とてもいいお湯[いい気分(温泉)]でした。さすがは湯治場です。
 いさぜん旅館[家]、私の大好きな『日本ボロ宿紀行』(TVドラマじゃなくて、原作のブログのほうです)で紹介されていました。最初は、ここから2軒隣くらいのまるみや旅館というところに予約をとろうとしたのですが、残念ながら割と最近廃業してしてしまわれたようで[バッド(下向き矢印)]……残念ですが、いさぜん旅館がとてもよかった[ぴかぴか(新しい)]ので、良しとしたいと思います。

DSC_2917 (640x480).jpg
階段を上ったところに共同炊事場[レストラン]があります

DSC_2916 (640x479).jpg
部屋にあったお茶がらあけるやつ。これ、昔実家にあったなあ

DSC_2921 (480x640).jpg
出羽吟の缶があるとは知らなんだ。うまい!

DSC_2922 (480x640).jpg
宿の自販機にオリオン[ビール]があるとは!


 コンビニ飯[レストラン]ではありましたが、部屋の雰囲気がよかったので、満足。電車[電車]も乗るだけ乗ってくたびれたし、温泉[いい気分(温泉)]もよかったので、ぐっすり眠りました[眠い(睡眠)]

DSC_2927 (480x640).jpg
それに、この宿にはにゃんこがいるのです


 この子がまあ人懐こくて人懐こくて[黒ハート]、最高でした[わーい(嬉しい顔)]。お部屋にまでついて来ようとしたので、一応停めましたが、廊下で足[くつ]に絡みまくり!



 可愛い[黒ハート]けど、くっつきすぎてうまく写真に撮れません。[カメラ]お名前はなんていうのかしら。男の子です。

DSC_2934 (640x480).jpg
朝もう一度お風呂に入りました

DSC_2935 (640x480).jpg
小さい露天風呂もあります

DSC_2944 (447x640).jpg
いろいろあるんだよね、きっと


 混浴のお風呂[いい気分(温泉)]とかもあるようなのですが、ちょいと遠慮しました。[あせあせ(飛び散る汗)] 

DSC_2955 (640x480).jpg
明るくなった街を歩くと、けっこう廃墟が目につきます

DSC_2956 (640x480).jpg
DSC_2957 (640x480).jpg
ここなんか、大きな旅館だったんだろうな

DSC_2958 (640x471).jpg
駅前の看板。消えた旅館も多い……

DSC_2961 (640x480).jpg
DSC_2964 (640x479).jpg
鳴子御殿湯駅の中。鳴子温泉と同じ人のイラストがあります


 寂れ具合は私の好みには合うのですが、せっかくのいい旅館[家]が消えて行ってしまうと、それはそれで寂しいよなあ……うーん。

 この後仙台駅に戻り、ビューンと新幹線[新幹線]で帰京しました。湯治のはしご、大したものは食べませんが、温泉[いい気分(温泉)]だけは堪能しました。
 この春の青春18きっぷは、これで使いきりです。終了!!


nice!(12)  コメント(7) 

青春18きっぷ2019春の陣ー湯治のはしご その1 [旅行]

 青春18きっぷ、この春はちょっと出遅れたので、4月10日の使用期限までに何とかしようと、金曜日の午後半休をとって、出かけました。
 東京⇒宇都宮⇒黒磯⇒新白河⇒郡山⇒福島とJRの鈍行三昧[電車]で、5時間近くも乗り続け、ひたすら本[本]を読んだり眠ったり[眠い(睡眠)]
 福島からは、福島交通飯坂線[電車]に乗り換えです。

DSC_2799 (640x480).jpg
電車の中にのれんがあったりして

DSC_2800 (480x640).jpg
DSC_2802 (640x480).jpg
謎のキャラ。やっぱり温泉[いい気分(温泉)]といえばうさぎちゃんなんでしょうか?

DSC_2805 (640x480).jpg
終点

DSC_2809 (480x640).jpg
駅に着くともう真っ暗です


 とりあえず駅の隣のファミマでビール[ビール]とつまみなど買って、駅から徒歩約12分という伊勢屋旅館を目指し、真っ暗な[夜]温泉街を歩きます。[くつ]

DSC_2810 (640x480).jpg
途中射的屋があったのが温泉街らしいけど、お客も店の人も見当たらない[モバQ]

DSC_2811 (640x480).jpg
宿の部屋は、結構広い

DSC_2816 (640x452).jpg
廊下にこんな飾り棚

DSC_2828 (480x640).jpg
昼間にこんなイベントがあったらしく

DSC_2817 (640x480).jpg
広い玄関ホールにこんな名残がありました


 このままお風呂[いい気分(温泉)]に入って、飲んじゃって寝てもよかったのですが、真っ暗な[夜]温泉街の中にぽつぽつと明かり[ひらめき]のついていた飲食店にすべて「ラーメン」「円盤餃子」と書いてあるものだから、気になって仕方がない。宿の人に聞いて、近くのお店に行ってみることにしました。

DSC_2821 (640x480).jpg
ちょっと見スナックですが

DSC_2822 (640x480).jpg
一人分だと円盤にならない餃子


 先日食べた浜松餃子に比べると、若干ニンニクが利いているかな。美味しかったです。[わーい(嬉しい顔)]とりあえず満足して宿に帰り、お待ちかねのお風呂![いい気分(温泉)]

DSC_2824 (480x640).jpg
DSC_2825 (640x480).jpg
DSC_2826 (640x480).jpg
女子は誰もいなかったので、撮ってしまった[カメラ]

DSC_2830 (480x640) (2).jpg
なんか、学生時代のアパートを思い出すな

DSC_2832 (640x480).jpg
翌朝は露天風呂[いい気分(温泉)]


 お風呂[いい気分(温泉)]はこの先です。というか、ここから出て行って、庭園の中にお池のようにお風呂[いい気分(温泉)]があります。かなり大きい。強風[台風]で椿の葉が入っているので、すみません、とすれ違って湯守さんがおっしゃっていましたが、行ってみると、かなりきれいにすくってくれていました。さらりとしたよいお湯です。庭園の庭木[かわいい]の手入れもばっちりでした。

DSC_2833 (640x480).jpg
DSC_2834 (480x640).jpg
飯坂温泉の桜、東京に比べればまだまだかな

DSC_2835 (640x480).jpg
明るくなってから見ると、かなり立派なお宿です

DSC_2840 (640x480).jpg
でも、ビジネスホテル並みの料金で泊まることが可能


 お料理を扱わず、無駄を省いた生き残り策なのでしょうか。日帰り温泉もやっていて、そのお客もけっこう来ているようです。かなりの部分がセルフサービルで賄われていましたが、宿の方はとても親切でした。

DSC_2841 (480x640).jpg
近くでこんなホテルがあっさり潰れているもんなあ[ふらふら]


 宿を出て、ぶらぶらと駅への道をたどります。[モバQ]

DSC_2844 (640x479).jpg
あ![目]

DSC_2845 (640x479).jpg
立派なオス猫[猫]さんだなあ

DSC_2847 (640x440).jpg
おお! これがかの有名な聚楽!


 小さいときは、飯坂温泉にはマリリン・モンロー[キスマーク]が来るのだと思っていました。ショータイム、あるのかなあ。

DSC_2849 (640x480).jpg
DSC_2850 (640x480).jpg
潰れたところも数々ありますが……

DSC_2851 (640x480).jpg
レトロな酒屋

DSC_2852 (640x480).jpg
DSC_2853 (640x480).jpg
DSC_2856 (640x480).jpg
中心の鯖湖湯の近くには、三味線屋さんも。芸者さん、いるのかしら

DSC_2857 (640x479).jpg
DSC_2859 (640x480).jpg
DSC_2861 (640x480).jpg
DSC_2863 (480x640).jpg
さて、飯坂温泉から再び福島交通飯坂線[電車]に乗りこみます


 次回に続く。


nice!(12)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

弾丸、蒲郡-その2ー [旅行]

 さて、蒲郡、思ったよりすごく遠かった[電車]ので、本当は竹島水族館だけサッと見て帰ろうかと思ったのですが、ちょっともったいなくなった。

IMGP2494 (640x480).jpg
せっかくなので、パワースポット[雷]といわれる竹島にも渡ることに

IMGP2496 (640x470).jpg
IMGP2498 (640x480).jpg
こんなふうになっているわけね

IMGP2499 (640x480).jpg
IMGP2501 (640x480).jpg
参拝して、ぐるりと遊歩道を回りました[くつ]


 外国の人がたくさん来ていたのですが、観光客というよりは、こちらで働いている(?)感じの人が多い。インドネシアの人かなあ。日本人と一緒に来ていたり、カップル[ムード]だったり、友達同士だったり。楽しそうでした[わーい(嬉しい顔)]

IMGP2508 (640x480).jpg

さて、この後東海道本線[電車]に乗り込んで、帰途につきましたが


 そして、とうとう浜松で途中下車! 

IMGP2509 (640x479).jpg
IMGP2510 (640x478).jpg
やったあ、突き出しは黒はんぺん!

IMGP2511 (640x480).jpg
念願の浜松餃子![わーい(嬉しい顔)]

IMGP2513 (640x480).jpg
いかわた焼も食べました


 餃子、美味しくてあっという間に食べてしまいました[わーい(嬉しい顔)]。野菜が利いていて、さっぱりしています。もっと食べたり飲んだりしたかったし、お目当てのお店は別にあったのですが、そちらは開店時間が遅くて間に合わず、またここからさらに鈍行で帰ることを考えるとそんなにゆっくりはできない。というわけで、お店[家]の滞在時間はせいぜい15分[時計]程度。中ジョッキで二品食べて駅に逆戻りです。
 そのあと、延々と電車[電車][電車][電車]に乗って、帰宅は10時[時計]過ぎ。猫マスターは格闘技[パンチ]の合宿だったので、お留守番の猫[猫]たちと一緒に簡単に夜ご飯[レストラン]を食べて、ワイン[バー]飲んで寝てしまいました。
 弾丸ツアー[遊園地]は疲れるけれども、目的地を絞れば割と楽しいものだな、と思いました。

IMGP2514 (640x480).jpg
猫マスターに、おみやげ[プレゼント]



nice!(14)  コメント(15) 

弾丸、蒲郡-その1ー [旅行]

 青春18きっぷ、まだ残りがあります。ので、前にTV番組[TV]の「激レアさんを連れてきた。」でやっていた、平日20人くらいしかお客が入らなかったところから年間45万人にまで来館者が増えたという、興味津々の竹島水族館に日帰り[電車]してきました。ここは、かつての旭山動物園のように、閉園の危機[バッド(下向き矢印)]を職員の皆さんの努力で盛り返した[グッド(上向き矢印)]、今注目[目]水族館なのです。

IMGP2355 (640x403).jpg
最寄駅は蒲郡。遠かったねえ……[ふらふら]

IMGP2359 (480x640).jpg
IMGP2358 (640x459).jpg
けっこう早めに出たのに着いたらもうお昼[時計]だったので、まずは昼めし![レストラン]


 もうこの辺りは、関西風の焼き方になってくるんだねえ。ちょっと味濃いめでしたが、満足して歩き出します[くつ]

IMGP2360 (471x640).jpg
青森にはリンゴポストがあったなあ

IMGP2362 (480x640) (2).jpg
駅前にはこんなのがありました

IMGP2364 (640x480).jpg
ちょっと駅からは歩きますが……[くつ]

IMGP2366 (480x640).jpg
水族館入り口付近にこんな張り紙が。エサなんて怖くてやれないよー[がく~(落胆した顔)]

IMGP2368 (640x480).jpg
IMGP2371 (640x480).jpg
入り口にはカブトガニとクラゲ。まあ、ツカミはばっちりかな?

IMGP2373 (640x479).jpg
でも、ここで面白いのはこの手作りの情報ボード!

IMGP2375 (640x480).jpg
IMGP2374 (640x457).jpg
このちっちゃなネオンテトラの水槽がイワシの大水槽の代わりだったなんて……

IMGP2379 (640x480).jpg
IMGP2380 (640x480).jpg
スッポンモドキなんて、いるんだ!

IMGP2388 (640x480).jpg
IMGP2390 (640x480).jpg
IMGP2391 (640x480).jpg
IMGP2392 (640x480).jpg
うんうん、まったくだ!


 最近やたら池の水を抜く番組[TV]で外来種が悪者っぽく扱われていますが、もうちょっと擁護してあげてもいいと思うんだよね。彼らのせいではないんだし。

IMGP2395 (640x480).jpg
IMGP2399 (640x479).jpg
ウツボ、この見せ方がすごいと思ったら、こんな表彰状まで!

IMGP2409 (640x480).jpg
旧館長の激レアコレクションらしい

IMGP2400 (640x480).jpg
初めて見たけど、「ギマ」という魚。蒲郡の人には、「=煮付け[レストラン]」らしい

IMGP2402 (640x480).jpg
そんなにうまくは入らないと思うけど……[わーい(嬉しい顔)]

IMGP2407 (640x471).jpg
そうだよねえ、人間だもの

IMGP2412 (640x480).jpg
IMGP2413 (640x480).jpg
IMGP2414 (640x480).jpg
これはショーではないのですが、マッサージがとても気持ちよさそうでした

IMGP2416 (640x480).jpg
ほー、勉強になる

IMGP2422 (640x480).jpg
荘厳なライティング[ぴかぴか(新しい)]

IMGP2423 (640x479).jpg
来た来た、ダイオウグソクムシ

IMGP2429 (640x480).jpg
IMGP2428 (640x480).jpg
チンアナゴって案外長いんだ!

IMGP2452 (640x480).jpg
IMGP2451 (640x487).jpg
飼育員さんのご苦労がしのばれます

IMGP2458 (640x480).jpg
なんかこのカエル、田河水泡先生っぽい[わーい(嬉しい顔)]

IMGP2482 (640x480).jpg
ここの売りの一つはタカアシガニに触れることや

IMGP2484 (640x479).jpg
グソクムシに触れることです(自分で触ってます)


 本当に小さな水族館なのですが、めちゃめちゃ堪能しました。いいよ、ここ! 期待以上でした。

 たった一日だけのことなのですが、写真[カメラ]が多いので、もう一回続きます。



nice!(9)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行