So-net無料ブログ作成

嵐の前の非日常 ーみちのくプロレス観戦記 その1ー [旅行]

 ここのところ遊んでばかり、出かけてばかり、という感じもしますが、この予定は夏前から決めて、チケットも押さえていたわけで……28日(金)はいつもと違って山形行きの深夜バス[バス]に乗りました。
 
IMGP7924 (640x480).jpg
山形駅西口到着は、29日(土)の朝6時半[時計]です

IMGP7928 (480x640).jpg
この季節は、やっぱ、機会あれば食べたいよねえ……(なかったけど)

IMGP7932 (640x480).jpg
まずはJR山形線で「赤湯」に行きます


 前に赤湯に来たときは、確か米沢から自転車で走って来たのでした。今はなき「紅花」という安宿に泊まって、外の共同浴場[いい気分(温泉)]につかったりして、楽しかったなあ。もう十年以上も前の話ではありますが。

IMGP7938 (640x498).jpg
共同浴場[いい気分(温泉)]は早朝から開いています。ここは「赤湯元湯」


 200円[有料]で入れるので、まずはひと風呂浴びます。朝なので、入っているのはご近所の皆さんばかり。お湯は、熱いのとそうでもないのと二つ浴槽がありました。硫黄泉ですが、さほどにおいは強くありません。

IMGP7939 (640x479).jpg
向かい側の酒屋さんの石のオブジェが可愛かった[揺れるハート]

IMGP7942 (640x480).jpg
生猫[猫]もいます

IMGP7959 (480x640).jpg
あ、この中にも猫ちゃん[猫]

IMGP7940 (640x480).jpg
飲泉もできます

IMGP7961 (640x479).jpg
IMGP7955 (640x480).jpg
IMGP7956 (640x480).jpg
温泉地らしく、ほかにもいくつか共同浴場[いい気分(温泉)]があります


 以前来た時に入ったのは、たぶん烏帽子の湯[いい気分(温泉)]だなあ、なんて思い出しながら街をぶらぶらし[くつ]、以前は見なかった「結城豊太郎記念館」なんていう無料なのにとんでもなく立派な資料館[ビル]なんかを見学して時間[時計]をつぶし、再び赤湯駅へ。

IMGP7966 (640x480) (2).jpg
ラーメン[レストラン]の町なのだな

IMGP7975 (480x640).jpg
ここからは第三セクターのフラワー長井線[電車]に乗るのです

IMGP7979 (640x480).jpg
きれいなラッピングの電車ですが


 沿線に花[かわいい]の名所が多いことからこの名前があり、こんなラッピングの列車なのですが、乗るのはこれではありません。

IMGP7986 (640x480).jpg
こういう企画があるのよ[るんるん]

IMGP7992 (640x480).jpg
乗るのはこれです。ヘッドマークがついています。二両編成

IMGP7994 (640x480).jpg
受付後、靴[くつ]を脱いで靴袋に入れ、乗車します


 発車後、主催者挨拶なんかを聞きながら、次の駅へ。駅のホームにみちのくプロレスのレスラーの皆さんがフツーに並んで待っていて、隣の車両に乗り込んできます。

IMGP8010 (480x640).jpg
まずはレフェリー登場(頭にカメラ[カメラ]つけてますが)
 
IMGP8157 (640x480).jpg
続いてレスラーたちが飛び込んできます[ダッシュ(走り出すさま)]

IMGP8082 (480x640).jpg
気仙沼二郎、かっこいいな。客席も上手に活用


 まあ、わりと突然試合が始まります。平和なローカル線になだれ込む[どんっ(衝撃)]非日常。

IMGP8132 (480x640).jpg
前回のチャンピオンベルト。天童木工制作の木製です

IMGP8225 (480x640).jpg
マスターも参戦!

IMGP8229 (570x640).jpg
そりゃ、泣くよねえ[もうやだ~(悲しい顔)]

IMGP8283 (640x480).jpg
ひー[あせあせ(飛び散る汗)]

IMGP8143 (640x479).jpg
場外乱闘[パンチ](停車駅)もあり

IMGP8360 (480x640).jpg

DSC_1603 (640x360).jpg
マスターが転がっているので、足を下ろせなくなる私

IMGP8317 (480x640).jpg
IMGP8320 (480x640).jpg
すげー、楽しい[るんるん]

IMGP8379 (480x640).jpg
最後の一駅分は気仙沼二郎が歌いました[カラオケ]


 いやあ、面白かった。天井の高さや車両の幅、それに何よりも硬い床など、たくさんの制約のある中で、それでもサービス満点、迫力満点です。プロってすごいなあ。みんな汗びっしょり[あせあせ(飛び散る汗)]ですが、汗臭いのとか、マスターが蒔いてくれた香油(?)のおかげで全然気にならないし。
 このローカル線プロレス、第4回ということですが、皆勤賞もいるようです。司会者に、「バカですねー」と言われていましたが、この非日常は癖になるかも。
 11:08[時計]に赤湯を出て、長井駅に着くのは11:52[時計]。一時間もないのですが、6人のレスラーが力いっぱい試合を展開します。面白かったー。[わーい(嬉しい顔)][るんるん]
DSC_1636 (640x360).jpg
長井駅前


 長井駅前特設リングではまた14時から試合[パンチ]。それまでに昼食[レストラン]を含め、長井の町を歩きます。
 このローカル線プロレス、町おこしの企画ではあるのですが、町はどうしても寂れた感じは否めません。

IMGP8388 (640x480).jpg
こんな大きなショッピングセンターみたいなのが廃墟になっているし

IMGP8389 (640x479).jpg
今はあたしの住処よ([猫]
広すぎじゃない?

IMGP8392 (640x480).jpg
とはいえ

IMGP8394 (640x480).jpg
おそばはめちゃめちゃ美味しかった!

IMGP8421 (640x480).jpg


 一日だけの話ではあるのですが、写真[カメラ]が多くなっちゃったので、次に続けます。


nice!(11)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

泣けたのとそうでないのと [本]

 宮部みゆき『お文の影』読了。

お文の影.jpg

 怪談と言えば階段だが、表題作とか、『野槌の墓』とか、子供がひどい目に遭うような話は、どうにも泣けてしまう。

 北村薫『1950年のバックトス』読了。

1950年のバックトス.jpg

 表題作は面白くて、ほかにも面白いのはたくさんあったんだと思うけれど、どれもこれもいかんせん短すぎて(?)印象に残らない。ちょっと残念。


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

グッと冷えてきて [猫]

 なんだか休み明け、急に寒く[雪]なったような……

IMGP7914 (640x479).jpg
[雨]雨もすごいですねえ(紋)
もう台風[台風]が来たのかしら


 紋ちゃん、フランスパンに寄りかかって[いい気分(温泉)]をとっているのでしょうか。寒くなって、猫[猫][猫][猫][猫]も続々と布団に入ってくる今日この頃です。


nice!(14)  コメント(12) 
共通テーマ:ペット

行きたいところがまた増える [本]

 藤森照信『藤森照信の建築探偵放浪記―風の向くまま気の向くまま』読了。

藤森照信の建築探偵放浪記―風の向くまま気の向くまま.jpg

 分厚い本だったが、読み始めたらささーっと読めたし、行ったことのある場所も多くて楽しい。藤森先生の作品もまだまだ見たいのがあるんだけど、また行きたいところも増えたりして。

 林真理子『葡萄物語』読了。

葡萄物語.jpg

 ありがちな話だし、ラストも思ったような感じにはならず。それでも読ませるのは、文章力と、勝沼という親しみのある土地の話だからかな。


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:

くたくたと連休 [猫]

 ここのところお休みに出かけてばかりいたので、この連休は久々にくたくたと何もせずに家[家]にいました。先に久慈に行っちゃったけど、まだ借りた「あまちゃん」のDVD[CD]、全部見終わってないし。

 とはいえ、いくつかはやったこともあります。まずは先週種をまいた畑の発芽を見に[目]行ったり。

DSC_1526 (640x360).jpg
DSC_1528 (628x353).jpg
葉ネギやら大根やら、出てる、出てる

DSC_1529 (361x640).jpg
のらぼう菜はよくわからない……どれが本物?

DSC_1525 (359x640).jpg
ミニ白菜、ブロッコリーの苗も何とか根付いたらしい

DSC_1530 (359x640).jpg
隣の畑の大葉がぼうぼうに育っていて、すごい(ちょっと羨ましい)


 そして、日曜日の午前中には、ライチをのぞく3匹のワクチン接種に行きました。

IMGP7903 (480x640).jpg
また顔写真[カメラ]入りの証明書をいただきました

IMGP7884 (640x480).jpg
やれやれ(紋) あー、気疲れした(ポ)
お疲れ様

IMGP7895 (640x480).jpg
みんな、大変でしたね(ラ)
あんたは先月だったしね。留守番、ご苦労様


 あとはまあ、ぐだぐだと過ごして体を休めました。そんなに暑くもなかったしね。

[プレゼント] おまけ [プレゼント]


IMGP7901 (480x640).jpg
IMGP7899 (480x640).jpg
ところで、久慈では、こんなTシャツ[ブティック]買いました(モデルは猫マスター)
 
 
 カッコいいぞ、南部ダイバー!![手(グー)]

 ぐだぐだしてても、せっせと出かけて[ダッシュ(走り出すさま)]も、連休は終わってしまうのねえ……[もうやだ~(悲しい顔)]


nice!(14)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ただもう、センチメンタル [本]

 川上健一『祭囃子がきこえる』読了。

祭囃子がきこえる.jpg

 もうちょっと期待したが、なんだかあんまり……ただもう、センチメンタルなだけで面白くなくて……。


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:

5年越しの夢三陸鉄道へー2018夏休み最後 その4ー [旅行]

 花巻に一泊した翌日は、釜石線[電車]で遠野へ。本当は前日頑張って遠野に着いちゃって、座敷童の出るような宿[家]に泊まりたかったのですが、全然取れませんでした。何しろ、遠野は祭りだってんで……。

IMGP7697 (640x480).jpg
花巻のゲストハウスの朝食(300円)。はちみつが美味しい!

IMGP7700 (640x480).jpg
花巻の街灯。銀河鉄道だな

IMGP7704 (640x479).jpg
IMGP7708 (640x480).jpg
IMGP7712 (640x480).jpg
特急はまゆり[電車]に乗ります

IMGP7715 (640x477).jpg
遠野駅。レンタサイクル(電動アシストなし)を借りました

IMGP7717 (640x416).jpg
遠野の街はこんな人たちでいっぱい[exclamation]

IMGP7721 (640x480).jpg
市街地を抜けてかっぱロードをガンガン走る

IMGP7726 (640x480).jpg
伝承館に立ち寄り

IMGP7729 (640x479).jpg
あ、ホップだ。そういえば、これ使ったビール[ビール]、よく季節限定で売るよね

IMGP7731 (640x480).jpg
やっぱり藁ぶき屋根の上には草を生やしているね

IMGP7733 (640x480).jpg
IMGP7738 (640x480).jpg
IMGP7740 (480x640).jpg
IMGP7749 (480x640).jpg
ちょっと怖いな

IMGP7741 (640x480).jpg
誰のだ

IMGP7751 (480x640).jpg
野口英世が入ってたやつかな

IMGP7752 (640x480).jpg
あー、飾るよね


 ここは、いろいろな遠野の資料も置いていますが、キモは遠野弁の語り部による、遠野の民話語りです。「昔、あったずも……」から、最後は「どっとはらい」で終わるのですが、思わず聞き入っちゃって、足がしびれました[雷]。座敷童の話、姥捨ての話、そして豆腐とこんにゃくの話など、面白かったあ。
 伝承館近くには、カッパ淵があります。

IMGP7776 (640x480).jpg
IMGP7785 (640x480).jpg
IMGP7791 (640x480).jpg
キュウリを吊るしても、なかなかカッパはかからないよねえ

IMGP7795 (640x479).jpg
なんかちょっと怖い人形はあったけど


 さらにガンガン走っていくと、だんだん電動アシストを着けなかったことを後悔するような登り[右斜め上]にかかります。

IMGP7800 (640x480).jpg
IMGP7805 (640x480).jpg
汗だく[あせあせ(飛び散る汗)]でたどり着いた「デンデラ野」

IMGP7809 (640x480).jpg
IMGP7813 (640x480).jpg
ここは、捨てられた老人たちが死ぬまで自活した場所だという……

IMGP7815 (640x480).jpg
そう聞くと、またちょっと怖い

IMGP7820 (640x480).jpg
今はこんな豊かな田んぼが周りに広がっているのですが


 久慈で走り[ダッシュ(走り出すさま)]、また遠野で走って[ダッシュ(走り出すさま)]、愚かにも日焼け止めを塗らなかった私は、さらに照りが入って真っ黒に。[ふらふら]
 その後、また遠野市街地に戻り、遠野八幡宮へ。ここでは、お祭りで、たくさんの町内会グループ(?)が伝統芸能を奉納しています。

IMGP7828 (640x480).jpg
IMGP7833 (640x480).jpg
IMGP7842 (640x480).jpg
IMGP7853 (640x480).jpg
獅子踊りだの虎の踊りだの、とてもきれいです

IMGP7857 (480x640).jpg
駅近くの「さすらい地蔵」


 このさすらい地蔵、もともとは、この上のほうの頭部分のないただの石で、村の若者たちが力自慢をするために抱き上げていたという。そこらにゴロゴロ転がされているのを哀れに思った村の人が、これをきちんと立てて若者たちが動かせないようにしたところ、夢枕に地蔵が現れて、「若い男と楽しく遊んでいたのに、余計なことをするな」と言ったというような伝説があり、「男好きの女地蔵」と呼ばれているという。お地蔵さんもいろいろあるねえ。[わーい(嬉しい顔)]
 
IMGP7866 (640x480).jpg
買って帰ったどぶろく、美味しかった!


 あこがれの久慈・遠野の旅、若干あわただしかった[ダッシュ(走り出すさま)]のですが、終了。これで今年の夏休みも終了です。


nice!(12)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

痛快だけれど [本]

 松井今朝子『奴の小万と呼ばれた女』読了。

奴の小万と呼ばれた女.jpg

 大店のお嬢様で教養もばっちり、器量もいいが……と、どう考えても生まれてくるのが数百年早かった女性の話。痛快だけれど、当時の時代背景を考えるとちょっと悲しくなってしまう。悪い亡くなり方はしていないようだが。


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:

5年越しの夢三陸鉄道へー2018夏休み最後 その3ー [旅行]

 さて、駅前の久慈第一ホテルを出て、街中をちょろちょろ。昼の三陸鉄道に乗るまでの時間をつぶします。前日に久慈の三大観光地は頑張って自転車で回っちゃったし、ちょっと中途半端です。

IMGP7573 (640x479).jpg
ホテルの隣の隣にある「あまちゃんハウス」

IMGP7546 (640x480).jpg
ここには、こんなものや

IMGP7547 (640x480).jpg
こんなもの

IMGP7548 (640x479).jpg
衣装とか

IMGP7543 (640x480).jpg
模型とか

IMGP7550 (480x640).jpg
セットの図解とか

IMGP7566 (480x640).jpg
あ、副駅長だ

IMGP7564 (640x480).jpg
種市先輩!


 と、あまちゃんワールド全開です。また、ほど近いところに道の駅くじもあるのですが、そこの展示コーナーには……

IMGP7588 (640x480).jpg
IMGP7587 (640x480).jpg
震災直後の街と、応援メッセージが

IMGP7584 (480x640).jpg
そして、あまちゃんのポスターに

IMGP7582 (480x640).jpg
街の人たちのポスターがあって、楽しい

DSC_1518 (640x360).jpg
さて、発車時間も近づいたので、駅へ

DSC_1519 (640x360).jpg
駅のあまちゃんコーナー

IMGP7615 (640x480).jpg
IMGP7617 (640x480).jpg
IMGP7618 (640x480).jpg
IMGP7628 (480x640).jpg
三陸鉄道・あこがれのお座敷列車です!

IMGP7621 (480x640).jpg
車内はこんな感じ

DSC_1525 (640x360).jpg
へへへ、ビール[ビール]は持ち込みさ
DSC_1526 (640x360).jpg
うに丼だぞー!!

IMGP7638 (640x480).jpg
この水門は津波をかぶって、端が少し壊れています

IMGP7649 (640x480).jpg
サケが遡上する川

IMGP7664 (640x480).jpg
夏ばっぱが大漁旗を振った海岸!

IMGP7668 (480x640).jpg
そろそろ日本酒か……

IMGP7674 (640x480).jpg
IMGP7679 (640x480).jpg
IMGP7681 (640x480).jpg
IMGP7684 (480x640).jpg
車内のこの囲炉裏はどう使うのか?


 三陸鉄道[電車]、久慈から宮古へ。2時間もない道のりです。前半は確かにあまちゃんロケ地の海岸など素晴らしい絶景が開けているのですが、後半はほとんどトンネルと山。ま、そんなもんか。乗りたかったんだから、まあいいや。

IMGP7686 (640x480).jpg
宮古からはJRですが

IMGP7694 (640x480).jpg
臨時特急が出ていました

DSC_1527 (640x360).jpg
DSC_1529 (360x640).jpg
花巻到着!

IMGP7695 (640x480).jpg
泊まったのは、この8月にオープンしたばかりのゲストハウス・Meinn

DSC_1534 (360x640).jpg
DSC_1535 (640x360).jpg
女性用ドミトリー。広いじゃん[るんるん]

DSC_1541 (360x640).jpg
ゲストハウスのご主人に聞いていったお店

DSC_1537 (640x360).jpg
突き出しが多いやら美味しいやら[黒ハート]

DSC_1538 (640x360).jpg
脂ののったさんま刺し[るんるん]

DSC_1540 (640x360).jpg
最近イカが高い[有料]からさあ……食べたかったのよ


 大当たりでしたが、何しろ一品の量が多いのよ[わーい(嬉しい顔)]。飲んだお酒は鷲の尾。美味しかったです。これでお会計は3,000円って……なんか幸せな気持ちで、真っ暗な道[夜]を宿[家]に帰ります。

DSC_1547_HORIZON (360x640).jpg
宿でまた飲んだりして[バー]


 始めたばかりのゲストハウス、なかなか盛況のようです。秋田から来たおじさまや、北海道から天童に帰る途中のお兄さん、ゲストハウスのオーナーに雇われアメリカ人のお兄ちゃんなど、楽しくお話をしながら岩手産のワインを少々いただいて、寝ました。
 しかしなあ、こういうゲストハウスや安ホテルの本棚って、ほとんど絶対『ゴルゴ13』が置いてあるのはなんでなんだろう。

 今回、花巻は特に何をするでもなく1泊[夜]です。翌日に続きます。


nice!(14)  コメント(11) 

5年越しの夢三陸鉄道へー2018夏休み最後 その2ー [旅行]

 小袖海岸から戻り、次は久慈琥珀博物館に向かいます。ドラマ「あまちゃん」では、琥珀研究者の勉さんがそうとう馬鹿にされていましたが……アップダウンは少ないものの、こちらも小袖海岸と同様、かなりの距離でした。

IMGP7372 (640x480).jpg
IMGP7371 (640x480).jpg
これが琥珀博物館(新館)ですが

IMGP7373 (640x479).jpg
その手前にこんな建物[家]

IMGP7374 (640x480).jpg
リトアニアと久慈は、琥珀つながりのようです

DSC_1476 (640x360).jpg
こんなご当地軽食を提供しています

DSC_1473 (640x360).jpg
DSC_1474 (640x361).jpg
パンデーレ、けっこうなボリュームで、お味もなかなか[るんるん]


 リトアニアのお酒も数種類売っていて、チェリーブラックカラントのワイン[バー]買っちゃった。だって、日本でここしか売ってないって言うんだもん(本当かなあ)。
 琥珀博物館は、入場料が一人700円[有料]。中はほとんど撮影し放題なのですが、そんなに撮りたいものはない……[カメラ]

IMGP7386 (640x480).jpg
ドミニカの琥珀に比べ

IMGP7382 (640x480).jpg
久慈産は色が濃いめ

IMGP7399 (640x480).jpg
もちろん、虫入りもある

IMGP7378 (640x480).jpg
これ、まあ動くんだけど


 動く恐竜なんかにお金[有料]かけてもなあ、と思ったり。
 琥珀を加工しているところが見えたり、ショップ[プレゼント]があったりするのですが、なんかピンと来ないんだよなあ。どうしてもきれいに見えるのは外国産ばかり……国産は、地味な割にお高い……なんか、すんません。[たらーっ(汗)]

IMGP7424 (480x640).jpg
なんか物悲しい[もうやだ~(悲しい顔)]遺跡……

IMGP7412 (640x479).jpg
IMGP7415 (480x640).jpg
IMGP7416 (640x479).jpg
外には琥珀色のにゃんこ[猫]がいました[揺れるハート]


 琥珀博物館は市街地から五キロくらいかなあ。で、最後の目的地「久慈地下水族科学館 もぐらんぴあ」へ。ここがまた、市街地から遠い……しかも、琥珀博物館とは全く逆方向です。電動アシストのバッテリー[雷]が切れそうでひやひや(そんなにアップダウンはないけれど、とにかく遠い!!)

IMGP7428 (640x480).jpg
IMGP7427 (640x480) (2).jpg
さかなクン、全面協力!!

IMGP7429 (640x480).jpg
久慈国家石油備蓄基地のトンネルを利用した珍しい水族館です

IMGP7431 (480x640).jpg
IMGP7432 (640x480).jpg
職員の描いた渾身の説明画が楽しい

IMGP7455 (640x480).jpg
IMGP7473 (640x480).jpg
ここもクラゲがきれい[ぴかぴか(新しい)]

IMGP7475 (480x640).jpg
さかなクンのイラスト[アート]が至る所にあるのです

IMGP7484 (640x480).jpg

IMGP7483 (640x480).jpg
出た! 南部ダイバー!!

IMGP7486 (640x479).jpg
こんな重りをつけて潜るのか。すっごく重いのです[たらーっ(汗)]

IMGP7485 (480x640).jpg
水中ショーもよそとは一味違うね

IMGP7505 (640x480).jpg
トンネル水槽には

IMGP7509 (640x479).jpg
アオウミガメのかめ吉がゆったりと泳いでいます

IMGP7502 (479x640).jpg
震災を生き抜いた強いウミガメです。しばらく八戸に厄介になったんだって

IMGP7504 (480x640).jpg
こえーよ[がく~(落胆した顔)]

IMGP7440 (640x479).jpg
ナマコやウニにはアルビノがいるんだね。きれいだなあ[ぴかぴか(新しい)]

IMGP7515 (480x640).jpg
IMGP7518 (640x479).jpg
IMGP7516 (640x480).jpg
さかなクンは、毎年ここを訪れて何かと支援してくれているらしい


 館内には彼の描いた見事なイラスト[アート]がたくさんあるのですが、全然下描きしないでいきなり描いちゃうというので、驚きです。
 レンタサイクル返却締め切り時間は17時[時計]。もぐらんぴあを見終わってから市内までぶっ飛ばして[ダッシュ(走り出すさま)]、返せたのは16時45分。危なかったー[がく~(落胆した顔)]。バッテリーは最後のカラータイマーが点滅[ひらめき]していました。

DSC_1497 (360x640).jpg
さて、夜だ![ビール]

DSC_1498 (640x360).jpg
DSC_1500 (640x360).jpg
DSC_1499 (360x640).jpg
DSC_1502 (360x640).jpg
最後はサービスで出してくれたマツタケ!! いい香り~[黒ハート]


 うーん、すごく感じのいいお店[家]だったんだけど、まさかのお刺身のおいしくなさ……何だったんだろう。何かの間違いか? 値段も大変リーズナブルだったんですが、納得できない私は……。

DSC_1505 (360x640).jpg
まあ、もう一軒行ってみれば?([猫]


DSC_1508 (640x360).jpg
今度のお店[家]は、その真逆


 美味しいヒラメのお刺身とお料理[るんるん]。お酒が2杯ついた晩酌セットが2,000円[有料]。このセット価格は、基本的に1軒目も同じ。ただ、このお店のマスターは徹底的に無口で、不愛想って程じゃないけどTV[TV]の野球[野球]を見ているだけだという……なんか両極端なお店2軒でした。

DSC_1509 (360x640).jpg
アイス食べて帰りました


 なんだか釈然としない、久慈の夜[夜]
 開いているお店は少なくて、かなり暗い街なのですが、あんまり危ない感じはない。お店は開いていないけど、人は住んでいる感じがするというか。
 1軒目のお店では、いろいろお話がはずんじゃってとても楽しくて[るんるん]、翌朝も町でおかあさんと大将にあって、「夕べはどうもー!」なんて声をかけてもらったりして。なのに、なんで刺身がもう一つなのか……ほやは美味しかったんですけどねえ。[バッド(下向き矢印)]
 久慈の観光地はとにかくすべて市街地からバラバラ[右斜め上][右斜め下][左斜め下]の方向にあって、みんなそこそこ遠いのでちょっと不利かな、というような話とか、琥珀博物館はもうちょっと安くてもいいよねえ、とか、NHKの朝ドラスタッフはいろいろ気を遣ってなるべくいろいろなお店に寄ってくれていたのに、何でうちだけ来ないんだとか、だいぶお話ができました。「久慈の人は、まめぶ汁はみんな苦手」っていうのがちょっとびっくり。あれは、近郊の山形村というところの名物だとのこと。ふうーん。私自身は、けんちん汁みたいなのにくるみとあんこの入ったお団子が入っているのって、面白くて好きだったんだけど。
 これで刺身がうまかったら、ここのお店[家]だけでべろんべろん[ビール][ビール][ビール]だったのかもしれないのに……翌日に続きます。


nice!(14)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行