So-net無料ブログ作成

同窓会 in 仙台 [イベント]

IMGP4478 (640x636).jpg
ずいぶん寒くなったわね(ポ)

IMGP4479 (640x568).jpg
温かくして行きなさいよ(ポ)
はあい


 11月の第一土曜日は仙台で同窓会を行うことに、いつの間にか決まったようで……土曜日の朝に新幹線[地下鉄]で帰省しました。先に弟と一緒に母の見舞いを済ませ、同窓会は夜18時から。

DSC_0866 (360x640).jpg
駅にこんなのがありました

DSC_0867 (640x360).jpg
一次会はいつものお店

DSC_0868 (640x539).jpg
二次会はお決まりのカラオケ


 で、三次会までという流れになるわけですが……酔っぱらいました[ビール][ビール][ビール]
 今回は、東日本大震災の時に大川小学校で娘を亡くした同窓生も、初参加。相変わらずの彼女でした。カラオケ[カラオケ]で歌い踊ったUFO! は誰より上手いし。もともとそういうの、すごく得意だったもんなあ。っていうか、全員踊れるな、UFO。この写真だと、あんまり人数がいないようですが、結局30人近く集まったんじゃないかなあ。
 何時[時計]にどうやって帰ってきたのか、不明[ふらふら]。弟は岩泉町ボランティアのために土曜は盛岡で前泊しているので、一人の家に帰ったわけですが……ちゃんと戸締まりもしてたし、エライぞ、自分[わーい(嬉しい顔)]

 翌日曜日は、しゃべり足りなかったという同級生からランチ[レストラン]のお誘いもあったのですが、二日酔いで蹴って、行きたかった仙台市文学館へ。

DSC_0869 (360x640).jpg
最終日だったのです

DSC_0870 (640x360).jpg
二日酔いを推してピザを食べた

DSC_0871 (360x640).jpg
もっと元気があったら食べたのに……


 猫と文学者の関わりを紹介した、面白い展示でした。
 ヘミングウェイがたくさんの猫と暮らしていたのは有名ですが、日本の文学者でも猫を愛した人はたくさんいるのです。大佛次郎を筆頭に、内田百閒、夏目漱石等のそうそうたる近代文学の大看板から、角田光代や小池真理子、浅田次郎などの現役で活躍している作家の人たちまで、「猫愛[黒ハート]」の伝わる様々な写真[カメラ]や文章[本]が満載でした。また、会場内では岩合光昭先生のミニ猫写真展もやっていて、かわいいにゃんこ[猫]の写真に癒やされます。特に、田代島の写真がたくさんありました。港ででっかい魚を引っ張りっこするワイルドな猫[猫]ちゃんたち……また行きたいぞー。

DSC_0874 (360x640).jpg
展示室に向かう階段にもこんな足跡

DSC_0873 (340x640).jpg
猫変身コーナーがありました


 手編み(?)の猫手袋、猫耳、しっぽがあったのですが……一人だと、このくらいが精一杯だなあ[あせあせ(飛び散る汗)]なかなか楽しい展示で、がんばってきて良かった。溺愛猫的女人さんが紹介してくれていたんでしたよね? ありがとうございました。

DSC_0876 (360x640).jpg
帰りの新幹線[新幹線]で飲みました。あー、しみる


 疲れ切ってまた、横浜に戻りました。来週も忙しいぞ……たぶん。[バッド(下向き矢印)]


映画を先に見たけれど [本]

 湊かなえ『白ゆき姫殺人事件』読了。

白ゆき姫殺人事件.jpg

 これは、映画を先に見たけれど、よくできていると思う。かなり忠実に小説を再現しているし、キャストもよかったと思う。小説でもちゃんと、関係者の独白を並べたつくりなのだな。


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: