So-net無料ブログ作成

青春18きっぷ2019夏の陣ー西国への旅 その2 [旅行]

 さて、萩の夜。元遊郭・芳和楼は、元は小料理屋も併設していたようなのですが、今はもう素泊まりしかないわけで、宿のおじさんに聞いて居酒屋へ。

IMG_156474030479F.jpg
DSC_3846.jpg
一人だし、大したものも食べていませんが……少し地酒もいただいて


 ここの居酒屋さんは「ぼでこ」という名前で、どうもこれはこのあたりでカサゴを指す言葉のようですが、惜しむらくは、ぼでこのお刺身が、「今日のは小さすぎて御造りにできない」といわれてしまって食べられなかったこと[ふらふら]。がっくし。[バッド(下向き矢印)]ほかにもいろいろと、私の知っているのと違う呼び方をする魚があるようでした。そうだよねえ、遠くまで来たんだもんねえ。
 ここのラッキョウ漬けはすごくおいしかった[るんるん]し、雰囲気の良いお店[家]ではありました。まあ、汗びっしょりで真っ黒い顔した見知らぬ女がカメラ[カメラ]持って入ってきて、一人で酒食らっているのだから、気も遣うだろうけど。[たらーっ(汗)]
 腹ごしらえも済んで、夏祭りに賑わう街中をお散歩です。[くつ]

IMGP4387.jpg
IMGP4389.jpg
IMGP4394.jpg
チームによるよさこい(?)パレード。派手さはないが、楽しそう[るんるん]


 商店街を歩いていくと、何やらブラスバンドの演奏があるみたい……ちょっと待っていたら、始まりました。浴衣を着た演奏者が奏でるのは、[るんるん]北の宿から、[るんるん]越冬つばめ、[るんるん]夜桜お七と、いいじゃん、この選曲![わーい(嬉しい顔)] 指揮者のおじさんも浴衣がばっちり決まっています。
 曲目はその後、なぜかしっとりと[るんるん]ペンギンズ・メモリー……前の方のフルート奏者の人だけ、なんかひらひらした白いドレスだなあと思っていたら、次の[るんるん]裸足の季節で、やおら立ち上がってマイク[カラオケ]をとって歌い踊り始めました! 萩の森口博子的な方なのでしょうか。ノリノリ[るんるん]で、会場も大盛り上がり[わーい(嬉しい顔)]
 夜の間はちょっと涼しくていいなあ、なんて、寝酒を買って帰りました。

 翌朝は、ちょっと早く起きて、朝食を買いがてら海に近い方の伝統的な町並みの保存されている地区を散歩しました。まだ気温はさほど上がっておらず、まあ何とか歩ける感じ。

IMGP4401.jpg
宿の部屋から外を見る。屋根、かなりきてる

IMGP4410.jpg
近くで第一町猫[猫]発見!

IMGP4412.jpg
IMGP4416.jpg
朝からクマゼミがやかましい[耳][雷]

IMGP4418.jpg
IMGP4420.jpg
お祭り用の船かな?

IMGP4424.jpg
IMGP4426.jpg
IMGP4445.jpg
あ、かわいい[黒ハート]


 まだ涼しいからにゃんこも出ていてうれしい。

IMGP4447.jpg
お、あんなところにも

IMGP4450.jpg
にゃんだよ([猫]
りっぱな茶トラさん

IMGP4452.jpg
スーパー、つぶれちゃったんだ……

IMGP4453.jpg
謎の看板

IMGP4454.jpg
IMGP4456.jpg
お祭りで、いろいろ役割があるらしい

IMGP4459.jpg
宿に帰って、でっかい[おにぎり]を二つ頂きました


 さて、いよいよ宿を引き払って荷物を引きずり、東萩駅前へ。レンタサイクル屋さんでスポーツサイクルを借りました。ママチャリよりもペダルが軽くてスピードが出るのがうれしい。
 店のおじさんが、「萩には世界遺産が四つあって……」と地図で説明してくれたのですが、いきなり別な道を行ってしまい……

IMGP4461.jpg
IMGP4462.jpg
渡し船に助けられました


 途中で道を聞いたおばさんが、橋まで戻るのも大変だから、自転車ごと載せてくれるか聞いてみたら? と、渡し船の場所を教えてくれました。湾をゆっくりと渡ってくれる、無料の渡し船です。橋ができる前にはたくさんの船があったらしいのですが、今では観光用にこの1台を残すのみとなったとのこと。方向音痴でも、まあ得したようなもんじゃん。[手(グー)]

 この後頑張って自転車をこぐのですが、気温は上昇するばかり。滝のような汗をかきつつ走ります。で、まずついたのが、ここ。

IMGP4464.jpg
恵比須ケ鼻造船所跡

IMGP4467.jpg
日本海はきれいですが、暑い[晴れ]

IMGP4475.jpg
萩反射炉。暑い[晴れ]

IMGP4486.jpg
松下村塾。暑い[晴れ]

IMGP4491.jpg
夏みかんソフトクリームでちょっと元気を取り戻して

IMGP4497.jpg
IMGP4500.jpg
伊藤博文んち。暑い[晴れ]


 どこも、季節さえよければいいところなんだと思いますが、暑くてどうにもこうにも感想が出ません。

IMGP4507.jpg
世界遺産ビジターセンターになっている、明倫学舎

IMGP4508.jpg
萩にゃん、ここ涼しいじゃん!![わーい(嬉しい顔)]


 と、ようやくちょっと涼しいところにたどり着きましたが、次回に続けます。

[いい気分(温泉)] おまけ [いい気分(温泉)]


DSC_3851.jpg
芳和楼のお風呂。構わないけど、岩に腰掛けるのは、嫌がる人もいるかもよ[あせあせ(飛び散る汗)]







nice!(11)  コメント(10) 

nice! 11

コメント 10

ゆうのすけ

残暑お見舞い申し上げます!^^
今回は かなり西のほうへ行かれたんですね。
う~ん どこでもいいから海に浸かりに行きたい!☆
盆が過ぎてしまうと もう海も翳りを見せ始めちゃいますものね。
せめて足だけでも。^^
私のブログにお越しくださるニッキーさんも 浜なしを探しに行くと
おっしゃられてました。気になる梨です!^^☆
by ゆうのすけ (2019-08-08 02:00) 

きよたん

あーるさん行くところにニャンコ登場ですね
暑そうです。
冬に東北夏に西国 チャレンジャーですね
どこへ行っても暑そうですけどね
萩の町並みよさげです。
楽しく読ませていただきました。
by きよたん (2019-08-08 07:36) 

kontenten

伊藤博文像・・・カラーなんですね^^;Aアセアセ
 さて、旅館の夕食って楽しみですよね・・・ただ、時代の趨勢ですかね
私も伊勢で泊まった元・遊郭の旅館も限定提供で私も近くのお鮨屋さんで食べました(w)
そうそう、前の記事に急な階段がありましたが・・・麻吉旅館も元・遊郭なので
あの階段がお姉さま方のひな壇になったそうです。
 反射炉・・・機械科出身の私には興味津々です(^o^)
いやいや、猫さんの方が今のボクには一番の楽しみです(^_-)
by kontenten (2019-08-08 09:04) 

溺愛猫的女人

こんな感じのお祭りがいいなぁーって思います。のんびり盆踊り踊って、疲れたら休んで飲んでくっちゃべって、地元に帰りたくなりました。
反射炉はTOKIOの鉄腕DASHでずっと見ていて、一度は見に行きたい!と思ってました。すごいなぁー大きいなぁー(^^)v

by 溺愛猫的女人 (2019-08-08 13:03) 

TAKUMA

地方独特の呼び方な魚ありますよね。
ビミョーに違ってたりもするんですけどね。
それがまた楽しい(^^)v
渡し船、怪我の功名ですね!
by TAKUMA (2019-08-08 14:15) 

あーる

ゆうのすけさん
はまなし、大きくておいしいんですよ。でも、あんまり出回らないんですよねー。

きよたんさん
冬のトーホグはまあ耐えられますが、夏の西国はちょっとばかり命にかかわると思いました。季節は選んだ方がいいですね。

kontentenさん
芳和楼の階段は、踏面が狭くてお姐さんたちには乗れないかなあ。傾いてるし。反射炉、文系なので特にどうでもよかったです、すみません。

溺愛猫的女人さん
こういうところでずーっと暮らしていく幸せも確かにあるのでしょうが、東京に出たやくざもんにはかなわぬ夢かな。反射炉、秋をお勧めします。

TAKUMAさん
お店の方は、質問したらさすがにどれもメジャーな名前を教えてくださいました。かわいい名前がついていたりしますね。渡し船、なんかほっとするような体験でした。
by あーる (2019-08-08 21:31) 

ChatBleu

感想が、暑い、しかないのがウケました。
ま、そうですよねぇ。この暑さですもの。
観光はなかなか辛いものがありますねぇ。
by ChatBleu (2019-08-08 21:53) 

あーる

ChatBleuさん
暑すぎて、ほかの感情が生まれてこないという情けなさ。いい季節ならもっと感動があるのかな。寒い時なら割と平気なのですが。萩に申し訳なかったです。
by あーる (2019-08-08 22:21) 

JUNJUN

夏の地方の祭りは、楽しそうですね♪
猫さまもいるし、風情のあっていいところですね。
by JUNJUN (2019-08-08 23:39) 

あーる

JUNJUNさん
ここ、ベストシーズンはいつなのかなあ。下関あたりだと、ふぐもあるし冬かもしれませんが、萩は秋かなあ。夏まつりは風情があってよかったですけどね。
by あーる (2019-08-09 12:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。