So-net無料ブログ作成

今更ながらの復習 [本]

 小田昭太郎『クンサー―この麻薬王と知ってはならない黒い世界』読了。
クンサー.jpg


 なんで今頃こんな本を読んでいるのか。クンサーは2007年には亡くなっているのに……というか、なんとなく国共内戦で東南アジアに残留した国民党の残党のことが、ある映画をきっかけにちょっと気になったから読んだわけである。命懸けの取材とはいいながら、案外無事じゃん、と思ったが、最後には協力者が惨殺されたりしてやっぱり怖いことに……。

 ローズマリー・マカーニー『すごいね! みんなの通学路』読了。

すごいね!みんなの通学路.jpg

 絵本というか、写真本。しかし、それだけにリアルに、とんでもない道を学校に通う世界の子供たちの姿に説得力がある。命懸けだよなあ……

 徳仁親王『テムズとともに -英国の二年間-』読了。

テムズとともに.jpg

 図書館で隣で貸し出しを受けていたじいさんの手元を見て、「お? なんだこの本……」と思っていたら、翌日くらいにテレビで紹介されたので、素早く予約。今上天皇のオックスフォード留学時代をその7年後に回想して書かれた本。本来は売っている本ではない。いやあ、充実した2年間だなあ……かなり楽しめたけれど、ちょっと切ない感じもあり。


nice!(7)  コメント(2) 

nice! 7

コメント 2

溺愛猫的女人

みんなの通学路は以前に番組で紹介されていて、崖を伝って2時間が記憶に残っています。私だったら一日通って登校拒否になる!とマジに思いました。この本、借りてみます。
by 溺愛猫的女人 (2019-05-25 13:10) 

あーる

溺愛猫的女人さん
映像で見たほうが迫力は伝わるかもしれませんが、写真のインパクトもなかなかです。子供たちはたくましいな。私も行かなくなると思う。
by あーる (2019-05-26 08:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。