So-net無料ブログ作成

5年越しの夢三陸鉄道へー2018夏休み最後 その4ー [旅行]

 花巻に一泊した翌日は、釜石線[電車]で遠野へ。本当は前日頑張って遠野に着いちゃって、座敷童の出るような宿[家]に泊まりたかったのですが、全然取れませんでした。何しろ、遠野は祭りだってんで……。

IMGP7697 (640x480).jpg
花巻のゲストハウスの朝食(300円)。はちみつが美味しい!

IMGP7700 (640x480).jpg
花巻の街灯。銀河鉄道だな

IMGP7704 (640x479).jpg
IMGP7708 (640x480).jpg
IMGP7712 (640x480).jpg
特急はまゆり[電車]に乗ります

IMGP7715 (640x477).jpg
遠野駅。レンタサイクル(電動アシストなし)を借りました

IMGP7717 (640x416).jpg
遠野の街はこんな人たちでいっぱい[exclamation]

IMGP7721 (640x480).jpg
市街地を抜けてかっぱロードをガンガン走る

IMGP7726 (640x480).jpg
伝承館に立ち寄り

IMGP7729 (640x479).jpg
あ、ホップだ。そういえば、これ使ったビール[ビール]、よく季節限定で売るよね

IMGP7731 (640x480).jpg
やっぱり藁ぶき屋根の上には草を生やしているね

IMGP7733 (640x480).jpg
IMGP7738 (640x480).jpg
IMGP7740 (480x640).jpg
IMGP7749 (480x640).jpg
ちょっと怖いな

IMGP7741 (640x480).jpg
誰のだ

IMGP7751 (480x640).jpg
野口英世が入ってたやつかな

IMGP7752 (640x480).jpg
あー、飾るよね


 ここは、いろいろな遠野の資料も置いていますが、キモは遠野弁の語り部による、遠野の民話語りです。「昔、あったずも……」から、最後は「どっとはらい」で終わるのですが、思わず聞き入っちゃって、足がしびれました[雷]。座敷童の話、姥捨ての話、そして豆腐とこんにゃくの話など、面白かったあ。
 伝承館近くには、カッパ淵があります。

IMGP7776 (640x480).jpg
IMGP7785 (640x480).jpg
IMGP7791 (640x480).jpg
キュウリを吊るしても、なかなかカッパはかからないよねえ

IMGP7795 (640x479).jpg
なんかちょっと怖い人形はあったけど


 さらにガンガン走っていくと、だんだん電動アシストを着けなかったことを後悔するような登り[右斜め上]にかかります。

IMGP7800 (640x480).jpg
IMGP7805 (640x480).jpg
汗だく[あせあせ(飛び散る汗)]でたどり着いた「デンデラ野」

IMGP7809 (640x480).jpg
IMGP7813 (640x480).jpg
ここは、捨てられた老人たちが死ぬまで自活した場所だという……

IMGP7815 (640x480).jpg
そう聞くと、またちょっと怖い

IMGP7820 (640x480).jpg
今はこんな豊かな田んぼが周りに広がっているのですが


 久慈で走り[ダッシュ(走り出すさま)]、また遠野で走って[ダッシュ(走り出すさま)]、愚かにも日焼け止めを塗らなかった私は、さらに照りが入って真っ黒に。[ふらふら]
 その後、また遠野市街地に戻り、遠野八幡宮へ。ここでは、お祭りで、たくさんの町内会グループ(?)が伝統芸能を奉納しています。

IMGP7828 (640x480).jpg
IMGP7833 (640x480).jpg
IMGP7842 (640x480).jpg
IMGP7853 (640x480).jpg
獅子踊りだの虎の踊りだの、とてもきれいです

IMGP7857 (480x640).jpg
駅近くの「さすらい地蔵」


 このさすらい地蔵、もともとは、この上のほうの頭部分のないただの石で、村の若者たちが力自慢をするために抱き上げていたという。そこらにゴロゴロ転がされているのを哀れに思った村の人が、これをきちんと立てて若者たちが動かせないようにしたところ、夢枕に地蔵が現れて、「若い男と楽しく遊んでいたのに、余計なことをするな」と言ったというような伝説があり、「男好きの女地蔵」と呼ばれているという。お地蔵さんもいろいろあるねえ。[わーい(嬉しい顔)]
 
IMGP7866 (640x480).jpg
買って帰ったどぶろく、美味しかった!


 あこがれの久慈・遠野の旅、若干あわただしかった[ダッシュ(走り出すさま)]のですが、終了。これで今年の夏休みも終了です。


nice!(12)  コメント(10) 

nice! 12

コメント 10

溺愛猫的女人

焼ける前の座敷童の宿、確かTAKUMAさんが行ったことがあると言っていたような・・。
あーるさん、遠野から何か連れて帰ってませんか?
by 溺愛猫的女人 (2018-09-23 18:52) 

きよたん

遠野はやはりミステリアスなところですね
自転車を漕ぎすぎて筋肉痛になるでしょうけど
遠くまで行けて得な感じ
by きよたん (2018-09-23 20:31) 

りる

遠野、行ってみたい!
オシラサマ、結構カラフルな着物着せるんですね。
やっぱり不思議なところだなぁ。

by りる (2018-09-24 01:15) 

kontenten

河童をきゅうりで釣る場所ですね(^_-)
座敷童・・・うちにも出た事がありました^^;Aアセアセ
遠野の伝説を聞く前の話です。
by kontenten (2018-09-24 09:42) 

ChatBleu

遠野の民話語り、方言でわからなかったりしないのかしら。
遠野は近くまでは旅行に行ったけど、ちゃんと行ってないかも。
by ChatBleu (2018-09-24 13:25) 

あーる

溺愛猫的女人さん
焼けたというと、緑風荘ですかね。確か、錦戸親方も泊まられたとブログにあったような。遠野、祭りだったから、誰もついてこなかったかなあ。

きよたんさん
次に行くことがあれば、絶対に電動アシスト付きを借りたいと思います。それと、やっぱりせめて一泊したかったな。

りるさん
オシラサマ、きれいでしたよ。もう少しゆっくりといろいろ見たかったと思います。花巻からならそう遠くないです。

kontentenさん
出ましたか、座敷童。kontenten家の繁栄に寄与しているのでしょうか。キュウリを吊るしても、カッパは釣れず……

ChatBleuさん
語り部は、「私のは遠野の標準語なので、わからなかったらいつでも聞いてください」と言ってました。私はわかりますが。
by あーる (2018-09-24 21:27) 

ネム

遠野弁の語り部、羨ましい。でも、私はわからない言葉は聞かなくちゃ。
関西弁ならバッチリなんですけど。。
3枚目の朝顔、すごく粋な感じの色合いで綺麗☆
by ネム (2018-09-26 00:26) 

あーる

ネムさん
私だと、どの辺が分からないのかわからない(笑)。朝顔、とてもきれいなのでつい撮っちゃいました。
by あーる (2018-09-26 12:57) 

TAKUMA

遠野と言うとどーも一番搾りのホップを思い出しちゃって(^-^;アセアセ」
by TAKUMA (2018-11-05 17:37) 

あーる

TAKUMAさん
ちゃんとありましたよ。そのままでは食べられませんが。
by あーる (2018-11-05 22:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。