So-net無料ブログ作成

笑える山周 [本]

 山本周五郎『人情裏長屋』読了。

人情裏長屋.jpg
 
 なんか『さぶ』的なじわーっとくるやつかなあと思ったら、そういうのもあったけれども、けっこう爆笑してしまうのもあって……ちょっと山本周五郎をの違う面が見られたような気がした。知らなかったのは私だけかもしれないけれど。

 樺木宏『幸せになりたければねこと暮らしなさい』読了。

幸せになりたければねこと暮らしなさい.jpg

 決して悪い本ではないが、猫っ飼いにとってはどれもこれも当たり前のこと過ぎて、こんな本にお金を出す必要はないかな、と思う。写真はかわいいけどねえ。

 吉村昭『海馬(トド)』読了。

海馬(トド).jpg

 動物にかかわる話の短編集。面白くて、迫力のある話ばかり。こういう固いきちんとしたのをたまに読むとホッとする。

 一色さゆり『嘘をつく器 死の曜変天目』読了。

嘘をつく器.jpg

 新美の現役学芸員のデビュー二作目。デビュー作がこのミス大賞をとっているので、そっちを先に読むべきだったかなと思う。面白くないことはないし、専門も生かしているけれども、私なんかが犯人を当ててしまうというのは、ちょっと。


nice!(7)  コメント(3) 
共通テーマ:

nice! 7

コメント 3

ChatBleu

「幸せになりたければ.……」は気になってましたが、なんとなく読む前から内容が想像できちゃって避けてました。
やっぱりな内容っぽいですね。
by ChatBleu (2018-08-05 18:05) 

溺愛猫的女人

猫ものは多いですねー小説もエッセイもコミックも(^^;
この本も借りようと図書館に予約したら38人待ちでした。あーるさんの感想を拝見し、キャンセルしました。
by 溺愛猫的女人 (2018-08-05 18:23) 

あーる

ChatBleuさん
おっしゃるとおり、やっぱりな内容なのです。タイトルとか、キャッチコピーだけで全部内容が分かってしまう映画みたいな……

溺愛猫的女人さん
私も待って借りましたが、うーん、こんなもんかと。借りるならまだしも、買うことはないかなと思いました。
by あーる (2018-08-06 12:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。