So-net無料ブログ作成

それぞれの道 [本]

 宮尾登美子『寒椿』読了。

寒椿.jpg
 
 作者の自伝的な作品だが、壮絶。持ち前の流れるような名文。当時としては、遊郭に売られた女の子たちの一生はみなかくも波瀾万丈なものなのか。これを読むと、「からゆきさん」的な存在はごくどこにでもいたのだと思わされるが……それにしても皆、なぜここまで人に「尽くす」のか。結局、一番共感を得たのは、あまり人に尽くさないタイプの貞子だったりして。



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0