So-net無料ブログ作成

理屈っぽい [本]

 山本周五郎『夜明けの辻』読了。
2011041603.jpg

 大好きな山周の短編集だが、何となくここに集まっているのは理屈っぽい(?)作品が多いような気が……和歌山の鯨獲りを描いた『熊野灘』が勇壮でよかったのと、『嫁取り二代記』がほのぼのして、しかも最後にオチが付いてよかったかな。あと、『葦』もよかった。
そのほかの作品は、『遊行寺の浅』『夜明けの辻』『梅月夜』『平八郎聞書』『御定法』『勘定記』『葦』『荒涼の記』『(戯曲)大納言狐』。
 何にしても、あまり理屈を通す作品を読んでしまうと、武士の世界はよほど生きづらかったのだろうな、と思ってしまう。
人気ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0