So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

青春18きっぷ夏の陣2018 その3 ー西へ!- [旅行]

さて、最終日の11日(土)、まずは米子駅のコインロッカーに荷物[ふくろ]を預けます。

IMGP6753 (640x480) (2).jpg
あ! かわいい[黒ハート]

IMGP6754 (640x479).jpg
コナン君の列車だ![わーい(嬉しい顔)]


 米子から山陰本線[電車]でわずか8分で……

IMGP6826 (640x480).jpg
Image1533954906569 (394x640).jpg
島根県の安来駅に着きます

IMGP6822 (640x480).jpg
安来と言えば安来節で、どじょう掬いいですが

IMGP6757 (480x640).jpg
全国優勝大会[5] つまりは世界一[ぴかぴか(新しい)]ということかしら

IMGP6828 (640x480).jpg

IMGP6825 (480x640).jpg
す、すくい愛?


 でも、今回はどじょう掬いを見たくて安来に来たわけではなくて、ここからシャトルバス[バス]で約20分走って着いたのは……

IMGP6761 (640x480).jpg
足立美術館です

IMGP6762 (640x480).jpg
IMGP6766 (480x640).jpg
IMGP6781 (640x480).jpg
IMGP6785 (640x461).jpg
IMGP6789 (640x479) (3).jpg
IMGP6797 (640x480).jpg
IMGP6803 (640x480).jpg
IMGP6801 (640x480).jpg
つたない写真では、この美しさが伝わらなくて悔しい[ふらふら]

IMGP6804 (480x640).jpg
生きた掛け軸の前で

IMGP6806 (640x480).jpg
銘菓「松風」を食べて

IMGP6808 (640x480).jpg
お抹茶をいただきます

IMGP6811 (640x479).jpg
お湯は、金の茶釜で沸かしたんだって!


 茶道の心得がないので、ちょいと緊張しましたが、ちゃんと冷房が効いていたので、お抹茶は美味しかったです。松風も美味しかったし。
 いやー、前々から来てみたかったのよ、ここ! 聞きしに勝る素晴らしい庭園![クリスマス] きっと四季折々違う表情が見られるんだろうなあ。遠くてそうそう来られるところではないけど……[ふらふら]また、古典的な陶器や日本画のコレクションももちろん素晴らしいのですが、最後にあった現代日本画の展示が素晴らしくて、帰りのシャトルバス[バス]の時間ギリギリまで粘ってしまいました。もう一本遅らせてもよかったくらい(無理でしたが[たらーっ(汗)])。最後にああいうのがあるんだったら、前もって言っておいてほしいよなあ。

IMGP6824 (640x480).jpg
IMGP6833 (640x479).jpg
帰りはまた安来→米子と戻って……


 米子駅からまたバス[バス]に乗って約20分[時計]。皆生温泉[いい気分(温泉)]に着きます。ここに最後の目的があります。

IMGP6838 (640x479).jpg
菊竹清訓設計、ホテル東光園

IMGP6843 (640x480).jpg
ランチブッフェ+日帰り入浴[いい気分(温泉)]で1800円はまあ、安いやね

IMGP6844 (640x480).jpg
ホテルの窓からは間近に海水浴場[リゾート]が見えます

IMGP6845 (640x480).jpg
はー、びばびば[るんるん]


 最終日は青春18きっぷは封印し、米子→岡山は特急やくも[電車]、岡山からは贅沢にのぞみ[新幹線]に乗って帰りました。でないと、その日中に横浜に帰れません[8]
 西に行くので、どれだけ暑い[晴れ]かと思いましたが、結果的には全体的に曇って[曇り]いて、あまり強烈な日差し[晴れ]には当たらずにすみました。今回は青春18きっぷ使用の2日間も、全行程を使ったわけではありませんが、まあとりあえず元は取れているし、あんまり遅くなると、地方都市だと飲み食いできる店[家]がみんな閉まっちゃうもんね。うん、ケチな自分ではありますが、今回は、西日本豪雨の被災地に私なりにささやかな貢献をしたかったのも目的の一つではあるので、こういうのもいいかな、と今回は納得したのでありました。

<今回の青春18きっぷ使用区間>
1日目   小田原→石山     6,800円
      石山→京都       240円
     京都→姫路       2,270円   ※姫路→岡山は新幹線    
     岡山→倉敷       320円 合計  9,630円
2日目   倉敷→吉永       840円
     伊里→倉敷       970円
     倉敷→新見      1,140円 合計      2,950円                  ※新見→米子は特急やくも

 2日目は大したことないけど、やっぱり1日目にムーンライトながらでけっこう稼いでいるな。まあよし! まだ3日分残っています。どのくらい使えるかなあ。
 今年の夏の第一弾はこれにて終了です。


nice!(16)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

青春18きっぷ夏の陣2018 その2 ー西へ!- [旅行]

 さて、10日(金)の朝はちょっと早めに宿[家]を出て、駅に向かいました。

IMGP6561 (640x480).jpg
IMGP6560 (640x480).jpg
IMGP6566 (640x480).jpg
昼間見るとこんな宿でした。ボラの人も泊まっているらしい

IMGP6572 (480x640).jpg
前の晩に飲んだ店。こんな店構えだったのか

IMGP6570 (640x480).jpg

IMGP6576 (480x640).jpg
倉敷駅にあった氷柱。憎い演出だね[黒ハート]


 倉敷から山陽本線[電車]で、小さな駅「吉永」へ。

IMGP6582 (640x480).jpg

IMGP6585 (640x479).jpg
駅前にいたバス(ワゴンですが)に乗せてもらいました


 かなりこわもてのおじさまが運転士さんだったのですが、「おねえさん、閑谷学校行くの? ほんとは停まらんのやけど、おろしちゃるわ」(だいたい岡山弁)と、本来そこに停まる便ではなかったのですが、載せてくれました。お客ひとりで、まさかの200円[有料]。20分[時計]くらいかかる道のりなのですが。

IMGP6598 (640x480).jpg

IMGP6662 (640x480).jpg
IMGP6666 (640x480).jpg
IMGP6599 (640x480).jpg
昔ながらの鯉のえさが売っています

IMGP6600 (640x460).jpg
IMGP6601 (640x460).jpg
IMGP6603 (640x471).jpg
IMGP6614 (480x640).jpg
IMGP6623 (640x480).jpg
IMGP6626 (640x480).jpg
IMGP6636 (640x480).jpg
IMGP6638 (640x480).jpg
こんなすごい山の中に、こんなに立派な[ぴかぴか(新しい)]学び舎があるなんて!


 閑谷学校は、寛文十年(1670)、岡山藩主池田光政が創った日本初の「庶民のための学校」で、今もここの立派な講堂は実際に使われることがあります。とある展覧会[アート]で知ったもので、ついついはるばる見に行ってしまったわけです。
IMGP6649 (640x480).jpg
IMGP6656 (640x479).jpg
IMGP6654 (480x640).jpg
周囲は自然がいっぱい!

IMGP6676 (640x480).jpg
苔が美しい


 帰りも同じおじさんの運転するバス[車(RV)]に乗ったのですが、着いたのは、赤穂線の伊里駅。吉永よりさらに小さくて、人がいません。
 帰りのバスは、おじさんがけっこう話しをしてくれました。どうも弟さんが東京でお店の経営に携わっているらしく、チラシをくれました。銀座にもお店があるって、すごいな。[目]ただ、岡山弁がディープすぎて、たぶん7割くらいしか聞き取れていない[耳]と思う。やっぱり、千鳥なんかのしゃべる岡山弁はまだまだマイルドなんだな[たらーっ(汗)]

IMGP6681 (640x480).jpg
IMGP6684 (640x472).jpg
ここから倉敷に戻ります

IMGP6695 (640x480).jpg
曇っているなりにけっこう蒸し暑い

IMGP6694 (480x640).jpg
ペッパー、熱中症か[exclamation&question] しっかりー

IMGP6696 (640x479).jpg
な、懐かしいな(いかなかったけど)

IMGP6706 (640x480).jpg
IMGP6703 (640x480).jpg

IMGP6716 (480x640).jpg
IMGP6717 (480x640).jpg
やはりここでは大原美術館を見なくちゃですね


 もしかしたら初めて入ったかも、ですが、なんかもうこのコレクション、すごいすごい。まずはもうゴーギャンの「かぐわしき大地」が普通に飾ってあったところでびっくりでした。そのほかにも続々と知っている作品が出てきます。
 本館、分館のほか、工芸館、東洋館もあって、くまなく見るとけっこう疲れる。

IMGP6728 (640x480).jpg
白桃ジュースを飲んで一休み


 その後は鈍行でゆるゆると米子に向かうはずだったのですが……

IMGP6737 (640x480).jpg
山の中の何にもないこの新見という駅で40分[時計]以上待つというので……

IMGP6742 (640x479).jpg
特急やくもで、ちょっとだけ、ズル

IMGP6743 (640x480).jpg
この特急も西日本豪雨[雨]では被害に遭ったらしい

IMGP6744 (480x640).jpg
米子の宿。駅近便利なのに加えて、24時間の循環風呂[いい気分(温泉)]があって1泊2700円というリーズナブルプライス!

IMGP6746 (640x480).jpg
しかもフロントのおじさんに教えてもらった飲み屋が大当たり!(利き酒セット1200円)

IMGP6747 (640x480).jpg
ただちょっと煮込みが辛かった[どんっ(衝撃)]ので

IMGP6748 (480x640).jpg
焼酎も飲んじゃいました

IMGP6749 (640x480).jpg
ラッキョウも鳥取産だし

IMGP6750 (640x480).jpg
 
締めにこんなの食べたのは、ちょっと暴走[たらーっ(汗)]


 当たり前田カレーというネーミングにやられてしまいました……。美味しいし、安いし、雰囲気もよく、注文の品が出てくるのも早く[ダッシュ(走り出すさま)]て。ただ、もつ煮込みが辛い[どんっ(衝撃)]やつだったのだけは、誤算だったなあ[ふらふら]。翌日に続きます。


nice!(11)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

青春18きっぷ夏の陣2018 その1 ー西へ!- [旅行]

 今年もムーンライトながら[電車]に合わせて夏休み第一弾をとってしまいました。けっこう席がとれないからさあ、この電車[電車]

IMGP6335 (640x480).jpg
出発は8日(水)夜


 台風[台風]が来ていたし、えらいこと心配しましたが、ちょうどすれ違うコース。雨[雨]の中横浜に向かったところ、何ら問題なく出発できました。グーグー[眠い(睡眠)]寝ているうちに夜が明け[晴れ]、予定通り大垣に到着。大垣ダッシュ[ダッシュ(走り出すさま)]も無事にこなして、今回は米原から琵琶湖新快速[電車]に乗って……

IMGP6345 (640x480).jpg
IMGP6348 (480x640).jpg
ここも芭蕉が来ていたのか。歩くねえ


 石山駅前のMacでちょっと時間をつぶして、バス[バス]に乗ります。けっこう長いこと山を登って、MIHO MUSEUMへ。来たい来たいと思っていて、なかなか来れなかったのです。遠いし、冬[雪]はやってないし。

IMGP6352 (640x480).jpg
ここはレストラン[レストラン]等があるのですが

IMGP6353 (640x479).jpg
美術館へはさらに7~8分[時計]歩いて[くつ]いきます

IMGP6355 (640x480).jpg
IMGP6362 (640x471).jpg
IMGP6363 (640x480).jpg
異界へのトンネルを抜けると

IMGP6366 (640x474).jpg

IMGP6368 (640x470).jpg
IMGP6371 (640x480).jpg
I.M.ペイの設計ということで、中国系のお客がたくさん来ていました

IMGP6374 (640x480).jpg
IMGP6378 (640x480).jpg
企画展はコレ

IMGP6383 (480x640).jpg
IMGP6380 (640x479).jpg
よ!


 古代から「聖なる色」とされてきたについての展示という、ちょっと面白い趣向。展示室の撮影はできませんでしたが、赤い色の服をまとって赤い色の部屋に入るとどんな感じ? とか、顔に赤や青のペインティング[アート]をしてみたら、どんな気分? なんていう楽しい体験もあって面白かった(さすがに子供たちに混ざって顔ペインティングはできず、ちょっと悔しい。まあいいや、どうせ汗まみれ[たらーっ(汗)]だし)。

IMGP6388 (640x480).jpg

IMGP6396 (640x480).jpg
帰り道


 ここのレストラン[レストラン]「ピーチバレイ」は、自然農法で作った野菜のおいしいランチが食べられるというので、期待していたのですが、朝一で展示を見て戻ってきたはずなのに、11時半[時計]のオープンをちょっと過ぎたレストランの前はずらーっと行列[ふらふら]。ち、こっちゃあ次の予定があるんだよ! ということで、泣く泣く[もうやだ~(悲しい顔)]あきらめ、バス[バス]でまた山を下りました。

 石山から京都へは近いものです。また電車[電車]で移動。駅そばで元気をつけて行ったところは……

IMGP6412 (640x480).jpg
水族館じゃなくて

IMGP6418 (640x461).jpg
やっぱ、一度はいかないと

IMGP6420 (480x640).jpg
0系[新幹線]の前で記念撮影[カメラ]


 お忍びのなでしこジャパン[サッカー]ではありません。親子連れでいっぱいでしたが、案外ストレスなく見られるくらいの混み方だったのがうれしい。平日だしな。

IMGP6443 (480x640).jpg
IMGP6445 (640x479).jpg
IMGP6453 (640x480).jpg

IMGP6460 (640x480).jpg
いたいた、この偽ウルトラマンみたいなやつ

IMGP6521 (480x640).jpg
あったねえ、これも。薄べったいの紙のコップで水飲んだ

IMGP6474 (640x479).jpg
IMGP6440 (480x640).jpg
親子連れを押しのけて、ノリノリ……

IMGP6491 (640x480).jpg
IMGP6492 (640x480).jpg
鉄道インスパイア作品もたくさん

IMGP6486 (480x640).jpg
これの特設コーナーがあって、なんだかなーと思ったけど

 土曜の朝にホテルでTV[TV]をつけたら偶然このアニメやっていて、割とはまりました。ロボットの形はヘンだけど、登場人物のセリフがちゃんと鉄ヲタしている。当然というか、スポンサーにJR東日本が入っていました。
 この後この日の宿泊場所の倉敷まで移動したのですが、途中姫路で乗り換えの時間[時計]を間違えて……

IMGP6531 (640x480).jpg
こんなの食っていたら間に合わなくなって


 姫路→倉敷間だけ、新幹線[新幹線]に乗ってズルしました。なんて速いんだ、新幹線[目]
 
 夜は、倉敷の安宿のお兄さんに「ちょいと刺身と日本酒で一杯やれるところはありませんか」と聞いたところ、なかなか良いお店を紹介してくださり……

IMGP6542 (640x480).jpg
ニシ貝のお刺身

IMGP6541 (640x480).jpg
タコの旨煮

IMGP6543 (640x480).jpg
焼きままかり


 で、岡山のお酒をいただきました。竹林、日置桜となんだっけ……忘れたけど、いずれも美味しかったぞ!

DSC_1216 (360x640).jpg
もうちょっとこぼしてほしいとこですが

IMGP6548 (640x480).jpg
今回泊まった宿はこんな感じ


 寝る場所はくそ狭いけれども、なかなか清潔[ぴかぴか(新しい)]でいい感じの宿でした。ボディソープもシャンプーリンスもあったし、そのうえ乳液や化粧水もあるのがすごいと思いました。災害ボラで来ている人も利用するようです。

 なんかもう、今回も相当に写真撮りすぎて[カメラ]いるので、次回に続きます。


nice!(12)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

旅で3冊、割と長編 [本]

 浅田次郎『オー・マイ・ガアッ!』読了。

オー・マイ・ガアッ!.jpg

 笑わせるほうの浅田次郎だが、ただのエンタメというよりもう一つ深くなっているのが、さすが、さすが。

 原宏一『握る男』読了。

握る男.jpg

 これも極上のエンタメでありながら、深いところがある。『ムガボ』とかよりさらに面白い内容。長編だが一気に読める。

 乾緑郎『鷹野鍼灸院の事件簿 謎に刺す鍼、心に点す灸』読了。

鷹野鍼灸院の事件簿 謎に刺す鍼、心に点す灸.jpg
 
 最初のものから比べてまたさらに面白くなっている。特に、「埋没鍼療法」なんかは、現役鍼灸師ならではの発想! 初めて知ったし、そういうの。


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:

二つの日記 [本]

 小川洋子『妖精が舞い下りる夜』読了。

妖精の舞い下りる夜.jpg
 
 早稲田の文芸を出て、倉敷で主婦をしながら作家をやって、芥川賞というなんだか羨ましい環境。前半のエッセイは、本人の作風とも相まって何か死のにおいがして盛り上がらなかったが、阪神ファンを出してきたあたりからがぜん面白くなる。なんか意外な一面を見たっぽいところがいいのかな。

 壇蜜『壇蜜日記(1)』読了。

壇蜜日記(1).jpg

 独特の文体。妙に知性派ぶらず、無理に人を笑わそうともせず、素直に書いている感じがして、なんかスーッと読んでしまった。時々刺さる文章もあるし。そうだなあ、もう24時間闘えないなあ。感じ飼ってる黒っぽいスフィンクスちゃんもまた見たいなあ。


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:

涼み方 [猫]

IMGP6169 (640x479).jpg
紋次郎は、よく冷たい金属部分に頭を載せて涼んでいます

IMGP5975 (640x479).jpg
へえ、工夫ね(ポ)
ポンちゃんはいつもそこだもんね


 この、金属部分に接してひんやりを楽しむというのが、最近のにゃんずのトレンドです。

IMGP6224 (640x480).jpg
IMGP6225 (640x480).jpg
あー、気持ちいい(ラ)

IMGP6231 (640x480).jpg
あたしも、ここが好き[黒ハート](マ)

IMGP6229 (640x480).jpg
最近僕はここも使っていますよ(紋)


 にゃんず[猫][猫][猫][猫]、みんな涼み方をそれぞれ工夫しているようですが、今のトレンドはスチールパイプかな。


nice!(13)  コメント(8) 
共通テーマ:ペット

これも恒例 [イベント]

 4日(土)は横須賀開国祭の花火大会[夜]。猫マスターは昼から用事があるというので、横浜駅で夕方合流で、京浜急行[電車]に乗りました。くそ暑い日[晴れ]でしたが、日が落ちるとちょっと涼しいので助かる。とはいえ、もう浴衣なんか着る気合はありません……(歳……[たらーっ(汗)])。周囲を見ても、なんか今年は浴衣率が低いような気がします。暑いもんねえ。有料席に陣取って、家から持って行ったCavaなんか飲んでいるうちに、打ち上げ開始の19:15。

IMGP6242 (640x480).jpg
ドーン

IMGP6243 (640x480).jpg
IMGP6244 (640x479).jpg
IMGP6246 (640x479).jpg
IMGP6248 (640x480).jpg
IMGP6251 (640x479).jpg
IMGP6280 (640x480).jpg
IMGP6281 (640x480).jpg
IMGP6285.JPG
IMGP6291 (640x473).jpg
IMGP6301 (640x480).jpg
毎年新作があって楽しいな


 いろいろ猫[猫]の顔とかハート形[黒ハート]とかあったのですが、うまく撮れませんでした。淡い青色に光る花火もあって、そのあたりが斬新かも。
 終了後はそのまま帰ると駅が込み合うので、一軒[家]寄って行きましょう、と中華料理屋へ。涼みつつちょっと一杯[ビール]

IMGP6310 (640x480).jpg
安くて、味もまあまあ


 お運びさんが大連の人で、ちょっと話をしたりして、面白かった。最近あんまり大陸の人と話していなかったしなあ。練習、練習。
 今年はもう花火大会[夜]は終了。この暑さだと、浴衣を着る機会は今年はもうなさそうだなあ。[バッド(下向き矢印)]


nice!(12)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

笑える山周 [本]

 山本周五郎『人情裏長屋』読了。

人情裏長屋.jpg
 
 なんか『さぶ』的なじわーっとくるやつかなあと思ったら、そういうのもあったけれども、けっこう爆笑してしまうのもあって……ちょっと山本周五郎をの違う面が見られたような気がした。知らなかったのは私だけかもしれないけれど。

 樺木宏『幸せになりたければねこと暮らしなさい』読了。

幸せになりたければねこと暮らしなさい.jpg

 決して悪い本ではないが、猫っ飼いにとってはどれもこれも当たり前のこと過ぎて、こんな本にお金を出す必要はないかな、と思う。写真はかわいいけどねえ。

 吉村昭『海馬(トド)』読了。

海馬(トド).jpg

 動物にかかわる話の短編集。面白くて、迫力のある話ばかり。こういう固いきちんとしたのをたまに読むとホッとする。

 一色さゆり『嘘をつく器 死の曜変天目』読了。

嘘をつく器.jpg

 新美の現役学芸員のデビュー二作目。デビュー作がこのミス大賞をとっているので、そっちを先に読むべきだったかなと思う。面白くないことはないし、専門も生かしているけれども、私なんかが犯人を当ててしまうというのは、ちょっと。


nice!(6)  コメント(3) 
共通テーマ:

常磐線がつながって 再びの相馬野馬追旅 -その2- [旅行]

 翌朝は、仙台駅から常磐線[電車]に乗車。去年の7月、震災でやられていた[どんっ(衝撃)]常磐線の小高→原ノ町間がつながりました。前に行ったときは郡山からバス[バス]だったので、南相馬はとても遠かったのですが、つながってしまえば、仙台発が8:13、原ノ町到着が9:36[時計]。鈍行[電車]とはいえ、速いものです。

IMGP6031 (640x480).jpg
IMGP6033 (640x480).jpg
駅自体は小さな駅ですが

IMGP6035 (640x479).jpg
お行列の通る道には、こんな水飲み場を設置

IMGP6043 (640x482).jpg
お行列と一緒に雲雀が原の競馬祭場地に向かいます

IMGP6045 (640x480).jpg
武者行列が続々と祭場地に到着


 楢葉在住の弟と、ここで合流。仙台の100円ショップで買った敷物を広げて、祭場地を見下ろす観客席に座ります。

IMGP6066 (640x480).jpg
開会式の後はこんな踊りがあって

IMGP6069 (640x480).jpg
いよいよ甲冑競馬が始まります。これは馬だまり

IMGP6103 (640x479).jpg
呼吸を合わせて、スタート!![ダッシュ(走り出すさま)]

IMGP6104 (640x479).jpg
IMGP6078 (640x479).jpg
IMGP6082 (640x479).jpg
IMGP6087 (640x479).jpg
IMGP6073 (640x480).jpg
IMGP6083 (640x480).jpg
先祖伝来の旗指物を立てての競馬は、大迫力!


 蹄の音も高らかに、水煙をあげての全力疾走[たらーっ(汗)]です。かっこいいなあ[黒ハート]
 今回は、直前までの大雨[雨]のせいでかなりの重馬場。前に見たときは、少年少女の騎馬武者もいたのですが、今回は危ない[爆弾]と思ったのか、大人のベテラン(?)ばかり。まあ、実際落馬[どんっ(衝撃)]も多かったので、危険だったんだろうな[たらーっ(汗)]

 甲冑競馬の次は、ご神旗争奪戦です。

IMGP6114 (640x472).jpg
打ち上げられたご神旗が

IMGP6122 (640x479).jpg
空から降ってくるのを

IMGP6118 (640x479).jpg
IMGP6120 (640x479).jpg
下で待ち受ける騎馬が争奪戦を繰り広げます。落馬もけっこう多かったみたい……[あせあせ(飛び散る汗)]


 というか、地面に落ちたご神旗を拾うために馬から武者が飛び降りたときに、馬が勝手にどこかに走って行って[ダッシュ(走り出すさま)]しまうことが多かったのかな。
 そのあとは、弟に車[車(セダン)]でいわき駅まで送ってもらって、特急ひたち[電車]に乗って帰りました。
 時折日が出る[晴れ]とかあっと暑く[いい気分(温泉)]なりましたが、台風[台風]の影響がまだ残って、何度も突然雨[雨]が降ったりやんだり。その分涼しくて、けっこうよかったりして。炎天下[晴れ]よりずっとましかも。
 やっぱりこのお祭り、勇壮でいいなあ。初めて行った弟も猫マスターも、楽しんだ[るんるん]ようです。また見たいな。[目]


nice!(17)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行

まずは帰省から 再びの相馬野馬追旅 -その1- [旅行]

 7月の最終週は、南相馬で相馬野馬追が行われます。今年は猫マスターも連れて、さらに福島にいる弟とも一緒に見ようということで計画しました。祭りは28日(土)・29日(日)・30日(月)ですが、メインは2日目の29日。前日の28日(土)は昼頃から仙台に向かい、母を見舞いました。

DSC_1186 (640x360).jpg
行きのお弁当は珍しくこんなの買ったりして

DSC_1188 (640x360).jpg
仙台駅到着。まだ七夕じゃないじゃん


 昔はこんなに早くから七夕ひけらかしていなかったように思うけど。
 いつもの通り、お見舞いが終わった後は、ついでに何か見に行くわけですが……

DSC_1191 (360x640).jpg
今回はこれです(パルコの水着じゃないよ)

DSC_1193 (640x360).jpg
もちろん、「もうどく展」です

DSC_1200 (354x627).jpg
DSC_1201 (640x360).jpg
DSC_1197 (640x360).jpg
DSC_1204 (640x360).jpg
ヒョウモンダコはいたけど、ヤドクガエル系がいなくてちょっと不満[バッド(下向き矢印)]


 あと、会場がちょっと狭すぎ[ふらふら]。けっこう混んでたし。
 その後実家[家]で荷物を下ろし、お夕飯[レストラン]に出かけます。今日は、仙台の居酒屋伝説の名店・文化横丁の「源氏」を目指しました!

DSC_1222 (360x640).jpg
ちょっとわかりづらいところにある

DSC_1212 (640x360).jpg
ちょうどふたり、入れました!![わーい(嬉しい顔)]

DSC_1213 (640x360).jpg
これは、ビールについているお通し


 このお店、ビール[ビール]が1,000円、日本酒が900円~1,000円なのですが、すべてにお通しが着くというシステムで、一杯め(我々はビール)には、おしんことこの日は鶏手羽元の煮もの(大根付き)、二杯目には冷ややっこ(木綿のしっかりしたやつでおいしかった![手(チョキ)])、三杯目はお刺身でした。なので、うかつにいろいろ注文するとおなか一杯になってしまうという……

DSC_1214 (360x640).jpg
国盛のにごり

DSC_1219 (640x360).jpg
三杯目のお通しのお刺身

DSC_1215 (640x360).jpg
ひもの三種盛り(こまい、鮭とば、イカ(ワタ付き))、ほや酢


 美味しくて涼しくて、なんとも年季の入ったカウンターでいただく日本酒は格別でした。いやあ、入れてよかった! ただ、土曜日の晩[夜]のせいなのか、お客さんたちの話し言葉が美しすぎる……つまり、みんな常連の地元の人じゃないんじゃない? 観光客あるいは仙台駐在員では? というのが私の予測です。妙齢の女性が一人で来ていたりもして、よくわからないのですが……。文化横丁、ここも再開発しないでほしい飲み屋街[ビール]です。
 二軒目は近くのいろは横丁のホルモン焼き屋に入り、こちらも写真は撮らなかったものの、コスパがよくて満足でした。ただし、勘定をお願いした後にイタリア語しかできないイタリア人観光客のカップルが入ってきて混乱[モバQ]していましたが……(どうせ言葉が通じねえ奴はほっといて、こっちの勘定済ますのが先なんだよ![ちっ(怒った顔)])。言葉がわからなければ、人が食っているもんを指させばいいだけの話なんだから。
 翌日の電車[電車]も割合早いので、おとなしく帰宅[家]して、就寝です。


nice!(12)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -