So-net無料ブログ作成

帰省して Reborn Art Festival 2017 Part2 その2 [アート]

 さて、Rebornも10日で終了。9日までに見ちゃおうってんで動いています。

IMGP0065 (640x427).jpg
牡鹿半島、まだテッポウユリが咲いています

IMGP0070 (640x427).jpg
牡鹿半島のDエリアで最後に見た作品がこれ。岩井優《ダンパリウム》

IMGP0072 (640x427).jpg
近寄ると、すごい迫力

IMGP0075 (640x427).jpg
会期中つねに変化していく作品だそうです

IMGP0077 (640x427).jpg
スタッフは会場のお寺に泊まりこんでいるみたいです[あせあせ(飛び散る汗)]


 そしてシャトルバスで牡鹿公民館前に戻ります。

IMGP0099 (640x427).jpg
牡鹿公民館

IMGP0081 (640x427).jpg
IMGP0083.JPG
近くにあるギャレット・ムーアの作品


 バス[バス]待ちの時間、小さな資料館[家]のようなところを見学しました。牡鹿半島、鮎川の歴史が展示されています。

IMGP0090 (427x640).jpg
高倉健、デビュー2年目くらいの作品らしい



 このあたりは昔から捕鯨で有名な場所です。以前千葉の鯨料理自慢の民宿[家]に泊まった時に、この鮎川からたくさんの捕鯨関係技術者が全国に出稼ぎに出ていると聞きました。商店街でも鯨の肉をたくさん売っていて、こんなに暑くなかったらちょっとほしかったな。捕鯨には、だいぶ前から風当たり[台風]は厳しくなっていますが……

IMGP0089 (427x640).jpg
そして、震災。海辺の建物はほとんど全滅です

IMGP0085 (640x427).jpg
[バス]スまでまだ時間があり、鯨の竜田揚げバーガーを食べました


 バーガー屋さんのおばさんが、アートフェスで帰ってきた幼馴染との久々のおしゃべりに興じていたのを、バーガーを食べながら聞くともなしに聞いてしまいました。「震災がなくても、この町は過疎でなくなったかもしれない。でも、震災があって、国のお金が入って、またやり直しということになって……このお店[家]もいつまでもつかわからないけど……」と。切なくなりました。

IMGP0103 (640x427).jpg
近くに「おしかのれん街」という仮設の商店街がありました

IMGP0086 (427x640).jpg
中は、こんな感じ

IMGP0121 (640x427).jpg
お土産を買った

IMGP0087 (640x427).jpg
食べなかったけど、こんなお寿司があるようです

IMGP0092 (640x427).jpg
代わりに今頃、今年初かき氷

IMGP0093 (640x427).jpg
こんなのや

IMGP0088 (640x427).jpg
こんなのが貼ってあると思ったら

IMGP0094 (640x427).jpg
商店街でお世話しているにゃんこ[猫]がいるみたい

IMGP0096 (640x427).jpg
名前、ながおかくん?

IMGP0091 (640x448).jpg
こんなのもあった。けっこう刺される人がいたみたい

IMGP0107 (640x427).jpg
こんな子[猫]もいました
 
IMGP0113 (640x427).jpg
石巻市内に戻ると、すぐ日没


 本当はここでもう二つ作品を見るつもりだったのですが、結局あまりに暗くて[夜]探し当てられませんでした。また、道を尋ねた人も、どこに作品があるか知りません。「チケットを買わないと、マップももらえないんで、私はわかりません」みたいな答え。これは、街のイベントとしてはちょっとよろしくないのではないでしょうか。まあ、こういう企画は石巻では初めてなのかもしれないけど……
 というわけで、街中のカールステン・ニコライと増田セバスチャン作品には巡り合えませんでした。[もうやだ~(悲しい顔)]
 その後、石巻の居酒屋の名店『六文銭』にダメもとで飛び込んでみるも、土曜日の夜なんて、とてもとても入れません……というわけで、

FB_IMG_1504954978515 (640x360).jpg
すごすごと仙石東北ライン[電車]に乗りました


 なんかねー、秋味[ビール]飲むと、一気に秋になっちゃったなあって感じがしちゃうんだよねえ。ちょっと寂しい。[バッド(下向き矢印)]
 実家に一泊し翌日曜日は、母の施設[ビル]を午前中に尋ねてみました。午後行くと、最近いつも寝てるもんで……でも、9時半[時計]くらいに着いたら、やっぱり寝てたけど……まあ、でもそのあと起きて、「また来月来るからね」と言ったら、「うん」って言ってたので、まあいいでしょう。[わーい(嬉しい顔)]反応ないときは、全然答えが返ってこないからね。



nice!(12)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

帰省して Reborn Art Festival 2017 Part2 [アート]

 石巻で10日まで開催のReborn-Art Festival 2017ですが、2デーパスポートを買ったりしている手前、先月に引き続き、今月の帰省[バス]に引っ掛けて、もう一日分見てきました。
前回は、石巻市内及び牡鹿半島の中ほどを見たのですが、今回はずずーっと宮城交通バス[バス]で1460円[有料]もかけて、もっとも奥地の方まで足を伸ばしました。遠い……牡鹿公民館前下車で、そこからはフェス側の用意している無料シャトルバス[車(RV)]に乗ります。

IMGP0009 (640x427).jpg
牡鹿半島のイラストマップ。田代島[猫]も近い


 結構な広さで、ほかに交通手段もないので、ひたすら歩く[くつ]か回ってきたシャトルバス[車(RV)]に乗るしかありません。というわけで、あまり効率よくは回れなかったのですが……

IMGP0007 (640x427).jpg
やっぱ、草間先生は押さえなくちゃ

IMGP9986 (427x640).jpg
この作品は、御番所公園という見晴らしの良い場所に立っているのですが

IMGP9992 (640x427).jpg
お天気で、すごくいい眺めでした

IMGP0003 (640x427).jpg
田代島も見えます


 さすがにここは、大人気でした。地元の人もたくさん見えているようです。それにしても、素晴らしいお天気[晴れ]! 空も海も真っ青です。第1回目に来たときとは全然違うなあ。

 次は、コバルト荘跡地の作品。コバルト荘[ビル]というのは国民宿舎でしたが、2006年に閉鎖、2014年ごろには解体されたということで、今は影も形もありません。もしかすると子供の頃に行ったことがあるかもしれないけど……

IMGP9938 (640x424).jpg
ここにあるのは、宮島達男《時の海》と

IMGP9939 (640x427).jpg
IMGP9941 (640x427).jpg
IMGP9942 (640x427).jpg
静かで美しい作品でした

IMGP9945 (640x427).jpg
IMGP9949 (427x640).jpg
増田セバスチャン《あっちとこっち》

IMGP9961 (427x640).jpg
中に入って

IMGP9956 (427x640).jpg
ブランコに座る

IMGP9951 (640x427).jpg
あっちの景色

IMGP9950 (640x427).jpg
こっちの世界


 ブランコを漕いで、あっちの世界、こっちの世界を行きかうことができるというコンセプト。

IMGP9968 (640x427).jpg
そこからホテルニューさか井は歩いて[くつ]も行けます
IMGP9970 (640x427).jpg
割と立派な[ぴかぴか(新しい)]感じ

IMGP9989 (640x427).jpg
金華山の見える抜群のロケーション

IMGP9978 (640x427).jpg
ここに立つのはファブリス・イベール《ベシーヌの人》

IMGP9976 (640x427).jpg
気持ちよさそうに水をビュービュー[あせあせ(飛び散る汗)]出しています

IMGP9979 (640x427).jpg
タイマー撮影に失敗する私……[がく~(落胆した顔)]


 ここまでくると、本当に何もないので、ここでお昼をいただきます。

IMGP0011 (640x427).jpg
さか井丼(1500円)。お刺身が美味しい

IMGP0013 (640x427).jpg
場所柄、鯨刺しも3切れつきます


 久しぶりに食べたな、鯨。このあたりは、もともと捕鯨の町だったんだよね。ホテルのレストランは1階にありましたが、海の見える眺めの良いところです。ただ、

IMGP0015 (427x640).jpg
隣でやってた町民のカラオケ大会がハンパなく気になった


 [るんるん]な~に~わ~、ぶしだ~よ~! 等と定番の素人カラオケが次から次へとかかって……昼食に集中できませんでした。[ふらふら]美味しかったんだけどね。
 食事の後はホテル[ビル]の5Fに登りました。ここにも作品があります。

IMGP0017 (640x427).jpg
増田拓史《みれなかったものがみえたとき》


 ホテルの一室を利用して、作品を作っています。この後、さらに階段で屋上に上がります。

IMGP0020 (640x424).jpg
IMGP0021 (640x424).jpg
妖しい光に誘われて……

IMGP0022 (640x424).jpg
目の前に広がる金華山

IMGP0026 (640x427).jpg
金華山の神様に歌をささげる作品ヨタ《青空カラオケ》


 この写真はほかの人が歌っているところ。私も「津軽海峡冬景色」を一発[カラオケ]いかしていただきました。青空の下、真っ青な海に向かって、最高のロケーションです。気持ちよかったー!! 自分が歌ってるとこ、撮って[カメラ]もらえばよかったな。
 で、このカラオケ[カラオケ]、点数が出るのですが、私は92点を出したので……

IMGP0120 (640x427).jpg
もらっちゃった、缶バッジ[るんるん]


 帰りのエレベータでも、乗り合わせた地元のご家族連れのおばあさまに、「よかったわー。あたし、あの歌大好き![黒ハート]」なんてほめていただいて、気をよくして次へ[わーい(嬉しい顔)]

 次は、「のり浜」というところに降ります。ちょっと急なところなのでゆっくりと……

IMGP0029 (640x427).jpg
途中あった看板。ちょっと不思議な話

IMGP0032 (640x427).jpg
IMGP0033 (640x427).jpg
IMGP0046 (640x427).jpg
島袋道浩《起こす》

IMGP0044 (640x427).jpg
セルフタイマー[カメラ]、今度はまずまず


 浜に流れてついている流木とか何とかをすべて、「起こした」だけですが、なんかすごく迫力のある風景になります。海も美しい[ぴかぴか(新しい)]し、なんかいい感じ。

IMGP0056 (640x427).jpg
IMGP0059 (640x427).jpg
浜を上がったところにバリー・マッギーの作品もありましたが

IMGP0064 (640x427).jpg
IMGP0055 (640x427).jpg
個人的には、このつぶれたドライブインのほうが面白かった


 さて、今回の作品はだいたいこんなものですが、ちょっと長いので、次に続く。



nice!(12)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

猫まみれ展等 [アート]

 今週また割と忙しかったら、金曜日は朝から目が回ってゲ★吐いて、耳鼻科[耳]に再通院しました。[がく~(落胆した顔)] ダメだ、こりゃ。[ふらふら]
 でも、またそこでお薬を処方してもらって、金曜午後出社してからは、まずまずの調子を取り戻し[グッド(上向き矢印)]ましたが、土曜日は一応おとなしくしていました。

DSC_1232 (360x640).jpg
とはいえ、夜は焼肉行っちゃった[ビール]。ロース

DSC_1233 (613x345).jpg
ミノ

DSC_1236 (640x359).jpg
ホルモン

DSC_1234 (640x359).jpg
じゅじゅっとね


 近所で、いっぺん行ってみたいと思っていた焼肉屋[家]に行ったのですが、まあ、そんなに感動はしなかったかな。美味しいんだけど、期待以上ではなかった。ただ、ご近所では人気のお店[家]のようで、ファミリーがどんどん入ってきてたちまち満席になっていたのはさすがです。

 さて、日曜日は、左耳[耳]の聴力はいまいち上がらないものの、めまいなどはないので、青春18きっぷ2017第1弾として、kontentenさんの縄張り、川越まで出かけました。

IMGP6288 (640x427).jpg
DSC_1237 (640x360).jpg
まずは、ウナギで腹ごしらえ

IMGP6292 (427x640).jpg
この方はどなたでしょうか?

IMGP6293 (640x427).jpg
こんなすごいブレースは初めて見ました

IMGP6294 (427x640).jpg
大きなウサギの前を通り過ぎて

IMGP6295 (640x427).jpg
川越市立美術館へ


 猫まみれ展、面白かったです。やっぱり、薮内先生の立体猫がインパクトあったなあ。どんどん歩いていくやつ。小品は多かったけれど、どれも猫愛[黒ハート]のある作品ばかりで楽しかったです。

IMGP6296 (640x427).jpg
帰りに見た川越城中ノ門堀跡

IMGP6297 (640x427).jpg
キレイな紅梅[かわいい]が咲いていました

IMGP6300 (640x427).jpg
本川越駅近くかな。門扉の下から覗く犬[犬]


 この日は、小江戸蔵里で、猫[猫]の譲渡会もやっていました。生後4か月程度の子猫ちゃんから大人の猫まで、たくさんの子[猫][猫][猫]がいました。ビビっちゃってケージの中で小さくなっている子[猫]、積極的に営業をかける子[猫]、泰然と寝ている[眠い(睡眠)][猫]など、それぞれ個性的。わずかながら寄付[有料]をさせていただいて帰りました。
 それにしても、川越は人が出ていたなあ。暖かかった[いい気分(温泉)]し。

[猫] おまけ [猫]


IMGP6256 (640x427).jpg
IMGP6257 (640x427).jpg
猫の日記念[プレゼント]の遊び玉、気に入ってくれています



nice!(11)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ベルばらの世界 [アート]

 ちょっと遡ってしまうのですが、19日(木)に森アーツセンターギャラリーでやっている「マリー・アントワネット展」を覗いて[目]きました。写真を撮れる[カメラ]場所はとても少ないのですが…… 

DSC_1100 (360x640).jpg
DSC_1101 (360x640).jpg
DSC_1102 (360x640).jpg
この、プチ・アパルトマンの再現部屋だけ


 なんかなー、鏡にへんなもん写ったらどうしよう……と、撮りながら[カメラ]ちょっと怖かった。[がく~(落胆した顔)]
 何しろこの展覧会、当時の肖像画やこうした調度品がたくさん展示されているのですが、中に、バスチーユ監獄[人影]で亡くなる前に織っていた絨毯とか、断頭台に引かれていく時に履いていた短靴[くつ]、着ていたシュミーズ[ブティック]なんていう怖いものがある。あと、漫画のベルばらにもしっかりかかれていた例の「首飾り事件」の首飾り[ぴかぴか(新しい)]のデザインを再現した豪華な首飾り[ぴかぴか(新しい)]なんかもあって……

IMGP5705 (427x640).jpg
お土産は、「みつあめ」(ダマクスローズ)


 紅茶[喫茶店]に入れたり、ホットケーキ[バースデー]やアイスクリームにかけたりできるらしい。グッズがなんでも高い[有料]から、こんなのしか買えませんでした。マリー・アントワネットの絵のついたマリービスケットとかもあったんだけどさ……
 展示物にはほかに、あのフェルゼンとの間に交わした恋文[ペン](暗号で書いたりして、なかなか工夫されている)があったりして、充実していました。それにしても、会場にいるのは、女子、女子、女子[リボン][キスマーク][かわいい]……たまに、本当にマリー系の格好をしている人(冗談じゃなくでっかい縦ロールのかつらかぶってロングドレス)がいて、ビビる。[がく~(落胆した顔)]
 ベルばらなんて、もう何十年前の漫画[本]かわからないくらい昔に思えるのに、明らかに全然若い世代もたくさん来ている。フランス革命でギロチンで首を切られた[どんっ(衝撃)]王妃が、遥か極東の島国でこんなに大人気だなんて! やはりこれは池田理代子先生のおかげさまなんだろうなあ。そういえば、高校の時の世界史の先生が、「あの漫画家はなかなかよく勉強[眼鏡]している」とほめていたっけ。

IMGP5699 (640x427).jpg
あたし、マーリィ・アントワニャット[黒ハート]

IMGP5701 (640x427).jpg
ぷはあ、暑くなった(ポ) 苦しゅうない(マ)

IMGP5703 (640x427).jpg
後ろにいるのはフェルゼン?
何言ってんですか(紋)

IMGP5712 (640x427).jpg
[るんるん]愛、それは、激しく~(ラ)

IMGP5713 (640x427).jpg
[るんるん]愛、それは、強く~(ラ)

IMGP5716 (640x427).jpg
[るんるん]愛~(ラ)

IMGP5717 (640x427).jpg
[るんるん]あ~い~(ラ)

IMGP5719 (640x427).jpg
[るんるん]ああ~いい~(ラ)
あー、しつこい!!(マ)





年内最後の展覧会鑑賞 [アート]

 29日は、猫マスターも誘ってサントリー美術館で開催中の『世界に挑んだ7年 小田野直武と秋田蘭画』に行きました。27日に行こうとしたところ、残念ながら火曜で休館日[バッド(下向き矢印)]。なんだかなんだ言って、今回初めてサントリー美術館に入ったなあ、職場から近いのに。まー、ミッドタウン[ビル]もめったに来ないのですが。

Image1483070334223 (640x459).jpg
意外と知らないことって多い、と思った展覧会


 杉田玄白の『解体新書』のイラスト描いたのが秋田藩士の絵師だなんて知らなかった! この小田野直武という絵師は、なぜか謹慎処分を食らって、その後夭折しています。いったい何があったのか……気になるけれども、今もってわかっていないらしい。不思議な話です。
 私は26日からすっかり休んでいたのですが、猫マスターは28日まで出社[ビル]して、ようやくお休み。ということで、その後はご近所に戻ってマッサージに行って、夜は行きつけの居酒屋[ビール]へ。

DSC_1051 (640x359).jpg
お刺身盛りに

DSC_1052 (640x360).jpg
小アジのフライ

DSC_1050 (640x360).jpg
ねぎま鍋


 日本酒は、二人で2杯ずついただき、比較的おとなしく帰りました。

IMGP5510 (640x427).jpg
おかえりー(ラ)


 もうすぐ申年も終わってしまいます。もう、焦った[あせあせ(飛び散る汗)]ってしょうがないけどね。


展覧会のはしご [アート]

 お休みに入り、まずは大掃除。猫マスターはまだお仕事あるしね。普段は猫マスターがとてもきれい[ぴかぴか(新しい)]にしてくれているので、取り合えずキッチンとかお風呂の鏡とか、そんなところを重点的にやらかします。
 コンロの油汚れを取って、まあまあ片付いたので、100円ショップで壁掛けタイプの収納グッズにラップを置き、その下にひと工夫してキッチンタオルをぶら下げてみたら……

IMGP5501 (427x640).jpg
え?

IMGP5502 (640x427).jpg
い、いつの間に!

DSC_1028 (640x359).jpg
まあ、たぶんこの子だな……

IMGP5495 (640x427).jpg
油断したわね(マ)
いいアイディアだと思ったんだけどなあ……[たらーっ(汗)]

IMGP5486 (640x424).jpg
お出かけの間にやられたわね(ポ)
はい……


 さて、お休みに入り、会社[ビル]でいただいたチケットを持っていそいそと展覧[アート]に出かけました。27日は雨模様[雨]で風も強く[台風]、空いてるかなー、というわけで上野へ。

DSC_1033 (640x360).jpg
思ったより、空いてました


 NHK『日曜美術館』[TV]でも特集してたし、もっとわんさか混んでいるかと思ったら、案外そうでもない。しかし、とても面白い展覧会でした。作品の点数も多いし。クラーナハって、父と子がいて、工房を作っていたというのは初めて知りました。

DSC_1034 (640x360).jpg
上野の駅ではこんなペッパーくんが道案内


 次は六本木まで戻って[電車]、サントリー美術館へ……と思ったら、火曜日休館[がく~(落胆した顔)]。この暮れの人が出る時期を休館日で逃すなんて、サン美、余裕あるな、くそう。[ふらふら]
 しょうがないので、さらに恵比寿まで戻って[電車]、東京都立写真美術館へ。

DSC_1046 (359x640).jpg
うーん、不思議な展覧会だった


 ビデオアート[TV]が多かったので、そこそこ鑑賞には時間がかかるのですが……面白かった作品は「火花」[夜]。タイの現代アーティストで、今後の仕事の関係もあって見に行ったのですが、どうなのかなあ……。

 それにしても、タイの人のお名前は難しいです。
 会社の人事部からチケット配布のお知らせがあって、当選して受け取りに行きました。ちゃんと名前を言えるよう練習して、「アピチャッポン・ウィーラセタクンのチケットください」と言ったら、「はあ?」と言われてしまいました。おめーらが募集したんだろうがよ! たぶん今年はいったくらいの若僧に声をかけたのが間違いだったわ![わーい(嬉しい顔)]

IMGP5512 (640x427).jpg
何怒ってんですか(紋)
だって、ちゃんと言ったのにさー[モバQ]



代休で展覧会 [アート]

 4日(金)は、代休を取りました。本当はもっと早く取りたかったのに、なんだかんだでのびのびになっていたのです。折よく猫マスターも休めたので、車[車(セダン)]を出してもらって、諏訪湖までドライブ。観たい展覧会があったのです。
 平日の朝に出かけたせいか、割合順調に目的地に着きました。が、せっかく諏訪湖に来たので、うなぎなんか食べたいなーと思って、岡谷市の「水門」という店に。

IMGP4436 (640x424).jpg
IMGP4435 (640x424).jpg
めちゃめちゃ美味しかった!


 うな重、我々が食べたのはうなぎ四切れ、というやつだったのですが、二切れはご飯の上、二切れは別のお重に入っている。その意味はよくわからないのですが、とにかくおいしかった[わーい(嬉しい顔)]。先に蒸さないタイプで、厚みがあって歯ごたえがある。食べ出があって、大満足でした[るんるん]
 その後行ったのが、同じく岡谷市の「イルフ童画館」。ここは、個人的にすでに3~4回訪れているのですが……
IMGP4444 (640x404).jpg

IMGP4446 (424x640).jpg
この二人展は見逃せない!


 ヒグチユウコさんだけの展覧会は今東京のギャラリーでも開催されているのですが、やっぱりこの二人の組み合わせは豪華[ぴかぴか(新しい)]でしょう! というわけで、ドライブ[車(セダン)]がてら連れてきてもらっちゃいました。

IMGP4437 (640x424).jpg
IMGP4439 (640x424).jpg
このコーナーは写真[カメラ]OKです

IMGP4442 (640x424).jpg
このかわいいジオラマも[カメラ]OKでした


 もちろん展覧会内の写真は撮れないのですが、たいへんによかった[ぴかぴか(新しい)]です。石黒先生の『ばけねこ ぞろぞろ』とか、ヒグチ先生の『せかいいちのねこ』の絵本をはじめ、けっこうな散財をしてしまった……けれども、猫マスターから、「ヒグチユウコさんの描く猫は、ココアちゃんに似てるね」と言われて、すごく腑に落ちてしまった。
 あと、『付喪神』なんていう本は、石黒先生が絵で、文章が町田康先生という豪華さ![目] めちゃめちゃ面白い。すでにご存じの方も多いのかもしれませんが、これは買いでしょう。それにしても、あー、金つかった……[たらーっ(汗)]
 その後は日帰り温泉「片倉館」によって、その後諏訪大社(下社)へ。

IMGP4448 (398x640).jpg
千人風呂も、平日は空いていた

IMGP4458 (424x640).jpg
下社の御柱

IMGP4451 (640x395).jpg
IMGP4461 (640x418).jpg
穏やかな諏訪湖の風景

IMGP4468 (640x424).jpg
ねー、ワカサギは?(ラ)
ご、ごめんよ……[あせあせ(飛び散る汗)]

IMGP4467 (640x424).jpg
肩が痛い[どんっ(衝撃)]のに、大変だったわね(マ)
マーリィちゃん、介護は頼んだよ……



nice!(11)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

テツのリハビリ [アート]

 連休も最後。また明日からはだましだまし仕事を始めなければいけません。 今日は久々に雨[雨]も上がったので、NHK『アートシーン』[TV]で見て、こりゃ外せん! と思った川崎市岡本太郎美術館でやっている展覧会に行きました。

IMGP3083 (427x640).jpg
うちから車[車(セダン)]で20~30分かな

IMGP3084 (640x427).jpg
緑滴る生田緑地の中にあります

IMGP3112 (501x640).jpg
やっぱ、これは見なくちゃ

IMGP3054 (640x427).jpg
常設展の撮影[カメラ]可能コーナーで

IMGP3048 (427x640).jpg
きっと、この手[手(パー)]が岡本太郎なんだと思う

IMGP3057 (640x427).jpg

IMGP3078 (640x427).jpg
顔出しの顔を隠す、お約束

IMGP3062 (640x427).jpg
企画展もジオラマコーナーは撮影[カメラ]OK

IMGP3063 (640x427).jpg
IMGP3064 (640x427).jpg
IMGP3065 (640x427).jpg
IMGP3073 (640x427).jpg
IMGP3072 (640x427).jpg
IMGP3071 (427x640).jpg
IMGP3067 (427x640).jpg
やっぱ、乗るよね


 ジオラマコーナーは現代美術作品がたくさんあったのですが、どれもよかった[ぴかぴか(新しい)]。強いてあげるとすれば原倫太郎さん、栗山貴嗣さんかな。
 撮影してはいけないコーナーも大変充実していて、トレインマーク[新幹線]や模型のほか、面白い絵や昔の国鉄のポスターなんかも満載で、とても面白かったです。テツでなくてもきっと楽しめる。昔のポスターのレタリングって、かわいくて面白いなあ。どれもデザイナーさんがめちゃめちゃ工夫して書いたんだろうな、って思う。

IMGP3082 (640x427).jpg
こんなかわいい作品もあり


 次は、せっかく来たので隣の「日本民家園」[家]へ。

IMGP3085 (640x427).jpg

IMGP3088 (640x427).jpg
IMGP3089 (640x427).jpg
IMGP3094 (640x406).jpg
IMGP3091 (640x427).jpg
日本各地から移設された貴重な古民家等がてんこ盛り

IMGP3086 (640x427).jpg
IMGP3087 (640x427).jpg
白川郷から移築した民家の中では、おそばも食べられます

IMGP3095 (427x640).jpg
外の屋台で売っていた「桃果ちゃん」っていう和菓子。美味しい!


 帰ってきたら、さすがにちょっと疲れて、ふらっ[台風]としました。まだまだリハビリ過程です。

IMGP3100 (640x427).jpg
ふらふらしてたら、危ないわよ(マ)
優雅に歩く[くつ]マーリィ。おねえさんはそんなとこ歩かないよ

IMGP3103 (640x427).jpg
なにか?(マ)
まーた、脱柵して![ちっ(怒った顔)]

IMGP3110 (640x427).jpg
まあまあ、危なくないとこならいいじゃないの(ポ)
まーね。ポンちゃん、お注射が効いて調子よさそうじゃん

IMGP3111 (640x427).jpg
ぼくのお腹の虫さんも早くいなくなるといいなあ(ラ)
ホントだね。もう少し、がんばろうね



硬いのと柔らかい(?)のと [アート]

 前の週に同僚からチケットをもらっていたり、そのほかいろいろしがらみがあったりで、日曜日は展覧会をはしごしました。

IMGP8483 (427x640).jpg
え? 何見るの?(紋)

IMGP8487 (427x640).jpg
石?(マ)

IMGP8484 (640x427).jpg
何言ってんだかよくわからないわ(ポ)
だから、石ですよ[たらーっ(汗)]


まずはみなとみらい線[電車]の馬車道駅で降りて……

P1220690 (480x640).jpg
なんかおどろおどろしい写真[カメラ]になってしまったけど

P1220689 (448x618).jpg
神奈川県立歴史博物館です

IMGP8511 (427x640).jpg
見たのは、コレ


「石」展って……同僚の弟さんがキュレーションしたという話で、しかも今日で終了だっていうから……。
 内容は、本当に「石」一色でした。私は知らなかったのですが、横須賀の方にはけっこうたくさん石切り場があるのだな。で、日曜日が最終日だったせいか、思ったよりも全然人が入っていて、びっくり(って、失礼だなあ。でも、「石」展だし……)。
 ところで、この神奈川県立歴史博物館、横浜に長い間住んでいながら、おそらく一度も入ったことがなかったかも。というわけで、常設展も見たのですが、けっこういろいろなものがあって面白かったです。
 次に馬車道からみなとみらい方面まで歩い[くつ]て戻り、横浜美術館へ。

P1220693 (480x640).jpg
途中、日本丸があったり

P1220695 (640x480).jpg
紫木蓮が満開[かわいい]だったり

IMGP8510 (427x640).jpg
ここで見たのは、コレ

 
「村上隆のスーパーフラット・コレクション ―蕭白、魯山人からキーファーまで―」で、現代美術の巨匠・村上隆氏が個人で集めた膨大なコレクションの展示です。この展覧会は、写真[カメラ]撮影もOK。

DSC_0421 (359x640).jpg
DSC_0422 (640x360).jpg
DSC_0426 (360x640).jpg
DSC_0427 (640x360).jpg
DSC_0430 (640x360).jpg
DSC_0432 (640x360).jpg
DSC_0435 (640x360).jpg
DSC_0438 (640x360).jpg
DSC_0437 (360x640).jpg


 大きなものから小さなものまで、焼き物から絵画[アート]から彫刻から、実に種々雑多なものがある……けれども、生意気言うと、なんか趣味というか、共通点みたいなものは感じなくもない。けっこう面白かったのです。
 猫マスターは、振り向くたびにあくびをしていましたが……[ふらふら]

P1220706 (640x425).jpg
帰り道には、桜もちらほら

P1220703 (640x425).jpg
P1220705 (640x425).jpg
温かくなって、外猫[猫]もたくさん見かけました


 まずまず、充実した日曜日でした。


展覧会×2 [アート]

IMGP7994 (640x427).jpg
ちょい、ちょい(紋)

IMGP7995 (640x427).jpg
ぱらぱら(紋)

IMGP7996 (640x427).jpg
かりかり(紋)
あれ? 紋ちゃん、台が高いかな?

IMGP8006 (640x427).jpg
カリカリ、美味しい[黒ハート](紋)
ご飯のお皿を台からおろしてあげたら、直接食べました[わーい(嬉しい顔)]


 紋次郎、ここのところ昼間はお布団に引きこもっていたのが、起きだしてカリカリを食べているので一安心です。

IMGP7997 (640x427).jpg
[眠い(睡眠)](マ)
おや、いいところで寝てるね

IMGP7998 (640x427).jpg
ふう、気持ちいい(マ)

IMGP7999 (640x427).jpg
おねえさんも一緒に寝る?(マ)
そこはちょっと登れないし……

IMGP8014 (640x427).jpg
なに? 出かけんの?(ポ)
うん、ちょっとね


 土曜日は、猫マスターの二日酔い[バー]等もあり、動けませんでした。が、もらったチケットの期限などもあって、日曜日はようやく展覧会のはしごに出かけました。

IMGP8015 (640x427).jpg
行ったのは、この2か所。どっちももらいものですが


 まずは江戸東京博物館で開催中の『レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦』。
 すごく混んでました。ダ・ヴィンチという名前だけで、相当に人が呼べるのだな。場所柄というか、作家のせいなのか、入館者は年齢層が高いのですが……目玉の一枚「糸巻きの聖母」を見るための行列のさばき方などは、割合よかったと思う。ただまあ、ダ・ヴィンチの手による作品は、ほとんどこの看板の「糸巻きの聖母」と素描だけ。あとの作品はほとんど「ダ・ヴィンチ派」とか弟子とかの作品。それでもこれだけ人が呼べるんだから、すごいと思う。実際、1500年ころに描かれた世界的巨匠の油彩が目の前にあるというのは、やはり絵を愛するものとしては感動モノ[ぴかぴか(新しい)]なんだな。借りてくるのにハンパなくお金[有料]がかかるのもわかるのですが……
 その後、飯田橋で降りて[電車]、日中友好会館の『中国リアリズムの煌き』へ。
 こちらは、場所的にマイナーなこともあり、ゆっくり見られる[目]。受付も、留学生のアルバイトみたいな子がいて、のんびりしたものです。作品はどれも迫力があって、すごい。本当にタイトル通りスーパーリアリズムもあり、漆でコーティングした装飾的な作品あり、彫刻ありで、作品の迫力だけで言えば、お客がひしめいていた江戸博よりもよかったりして……図録だけじゃなく、ポストカードなんかも売ればいいのに。ただ、この大きさがないと、それぞれの作品の迫力は出ないだろうなあ。

[バー] あこがれの味 [バー]


IMGP8022 (427x640).jpg
先日、近くのイオンリカーで見つけました

IMGP8023 (427x640).jpg
水で8倍に割ったところ


  知らない人には、なんだ? ってなものですが、このライムジュース・コーディアルという飲料、メアリー・ポピンズの登場シーンに出てきます。
 メアリー・ポピンズが家庭教師として雇われたバンクさんのお宅には、お姉ちゃん、お兄ちゃん、双子の赤ちゃんがいました。お近づきのしるしに(?)、メアリーが怪しげな小瓶を取り出して、そこから出てくるしずくをスプーンに受けて子供たちにそれぞれなめさせるシーンがあります。その時に、一番上のお姉ちゃんがなめたら、「ライムジュース・コーディアルだわ!」とうっとりする。弟がなめるとそれは確かストロベリー・アイスクリームで、双子の赤ちゃんがなめるとミルクになるという実に不思議な瓶なのですが……このお姉ちゃんが大好きなライムジュース・コーディアルって、どんなん? と、ずーっと頭の片隅にあったわけです。見つけたら、こりゃあ、買うっきゃないじゃん。
 飲んだら、美味しかった……ほっとしました。イギリスの児童文学って、本当に美味しそうな描写がたくさん出てくるんだけど……大きくなると、イギリスって本当に信用していいのか、迷うじゃん(失礼ですが)。
 少なくとも、メアリー・ポピンズのライムジュース・コーディアルについては、あこがれた通りのおいしさとはいいませんが、少なくとも不味くなくて、爽やかな飲み物でした[るんるん]


nice!(8)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット