So-net無料ブログ作成
検索選択

三度目の田代島ーその1 [旅行]

 おねえさんの殺人的な忙しさ[ダッシュ(走り出すさま)]も一段落、また、猫マスターの長い有休消化もそろそろ終了というわけで、金曜日の代休を利用して、しゅるっと田代島[リゾート]に行ってきました。
 結構な早起きをして、東京仙台⇒石巻へ。新幹線[新幹線]⇒仙石快速ライン[電車]だと早いもんです。

IMGP8263 (640x427).jpg
やってきたきた、石巻!

IMGP8264 (640x427).jpg
船乗り場にある看板

IMGP8265 (640x427).jpg
この子[猫]のためです

IMGP8266 (640x427).jpg
切符販売機の上にあったレゴ猫[揺れるハート]

IMGP8267 (640x427).jpg
行きは、12時発のマーメイド号

IMGP8275 (640x427).jpg
1時間ほどで田代島に着きます


 海は比較的穏やかでしたが、酔って席でぐったり[バッド(下向き矢印)]している若い女の子2人が気の毒でした。田代島の先の網地島にBBQに行くらしいご一家(旦那さんは日本人、ロシア人らしいスタイル抜群の奥さんとそのお母さん、かわいいハーフの子供たち、お友達らしい日本人女性二人)が一緒に乗っていたのですが、波しぶき[あせあせ(飛び散る汗)]の上がるデッキにずーっと出っぱなし。金髪を潮風になびかせて、船酔いなんてなんのその。こっちは元気過ぎてビビります。[たらーっ(汗)]

IMGP8276 (640x427).jpg
第一島猫発見!

IMGP8281 (427x640).jpg
IMGP8283 (640x427).jpg
船の待合所に猫のお家[家]がありました。この子[猫]が家主かな


 宿[家]は以前もお邪魔した大泊のはま屋を予約しました。田代島には大泊と仁斗田という二カ所の港[船]がありますが、今大泊の港の方は護岸工事をしていて停泊できないので、仁斗田の港から山越えをしていかなければなりません。幸い、宿のおかあさんが軽トラ[車(RV)]で荷物[ふくろ]を持っていってくれたので、カメラ[カメラ]とお財布[有料]だけの身軽な格好で歩く[くつ]ことができました。

IMGP8287 (427x640).jpg
上る途中で出会った猫[猫]ちゃん

IMGP8293 (640x427).jpg
猫マスターに遊んでもらって

IMGP8300 (640x427).jpg
ありがとう([猫]
どういたしまして

IMGP8302 (640x427).jpg
島には竹藪もたくさんあります

IMGP8303 (640x427).jpg
ユリ[かわいい]が咲くのはこれからか

IMGP8307 (427x640).jpg
まずは猫神社を参拝

IMGP8310 (640x427).jpg
IMGP8304 (640x427).jpg
お当番の猫ちゃん


 猫神社の近辺は特に民家[家]があるわけじゃないのに、いつ行っても必ず1匹は猫ちゃんがいる。お当番制かなあと思うのですが。さらに歩いていくと、

IMGP8314 (640x427).jpg
また猫が落ちている

IMGP8317 (640x427).jpg
いい子だね[黒ハート]

IMGP8319 (427x640).jpg
山の上にある廃校になった小学校

IMGP8320 (640x427).jpg
島の駅として営業しています

IMGP8322 (640x427).jpg
生ビール[ビール]にありつきましたが、それ以上に美味しかったのが

IMGP8323 (640x427).jpg
おにぎり![わーい(嬉しい顔)]

IMGP8324 (640x427).jpg
塩うにたっぷりなのが何とも贅沢です[ぴかぴか(新しい)]

IMGP8335 (640x427).jpg
外に出たら、にゃんこ[猫][猫]が喧嘩していました[パンチ]

IMGP8348 (640x427).jpg

IMGP8349 (640x427).jpg
島に生えていたジャスミン?かなあ

IMGP8350 (640x427).jpg
IMGP8352 (640x427).jpg
IMGP8359 (427x640).jpg
島にたった一軒の雑貨[家]は、閉店していました


 石巻の船乗り場[船]に、昨年この島に移住した漫画家さんの漫画[本]が置いてあり、ちらっと読んで面白かったので、即amazonで注文してしまいました。その後ちゃんと読んで、島の事情がいろいろわかりました。この島唯一の雑貨屋・阿部ツ商店[家]は、島に来るたびに前を通っていた[くつ]のですが、一度も開いているのを見たことがない。不定期に開いていたようですが、店主のおばあさんがもう90近いというということで、いよいよ閉めてしまったようです。

IMGP8362 (640x427).jpg
IMGP8361 (640x427).jpg
IMGP8368 (640x427).jpg
仁斗田近くの民家で

IMGP8369 (640x427).jpg
IMGP8376 (427x640).jpg
よく馴れているね

IMGP8387 (640x427).jpg
島の史跡は、朽ちるに任せられている……

IMGP8393 (640x427).jpg
かなり高いところのマンガアイランドまでたどり着きました

IMGP8395 (640x427).jpg

IMGP8397 (640x427).jpg
IMGP8398 (640x427).jpg
IMGP8401 (640x427).jpg
ここは涼しいので猫[猫]がいっぱいいます


 移住者の人がキャンプサイトの管理をしているようです(漫画による知識)。猫たちは、ご飯ももらっているので集まるんでしょうね。

IMGP8405 (640x427).jpg
海が一望できます

IMGP8408 (640x427).jpg

IMGP8409 (640x427).jpg
ちばてつや先生のロッジには段平猫?

IMGP8407 (640x427).jpg
これは志賀公江先生のロッジかな


 このロッジ、どんな人が利用するのかと思ったら、けっこう外国の人が多いらしい。へー、そうなんだ(漫画による知識)。

IMGP8415 (640x427).jpg
外国にも猫好きはたくさんいるんだねえ
 
IMGP8419 (640x427).jpg
IMGP8420 (640x427).jpg
その後も道々こんな子[猫]と出会って遊びながら宿[家]に向かいます[足]

IMGP8427 (640x427).jpg
でっかいクツワムシみたいのもいた

IMGP8428 (640x427).jpg
過疎化・高齢化の進む島で、こんな朽ちていく廃屋も多い……

IMGP8443 (640x427).jpg
宿の玄関には必ず猫がいます


 えらく長くなったので、次に続きます。



nice!(11)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

羨ましい旅終了 [旅行]

 猫マスター、二日目はしまなみ海道を渡って今治に泊まりました。

IMG_6531 (640x480).jpg
海は目の前![目] となれば……

IMG_6532 (640x480).jpg
うわー!
IMG_6533 (640x479).jpg
おいしそうだよー!!

519021121 (480x640).jpg
じゃこ天もうまそうだし

IMG_6518 (479x640).jpg
IMG_6519 (480x640).jpg
こんな子[猫]にも出会えたようです

IMGP8075 (640x427).jpg
今治のタオル美術館でお土産を買ってきてくれました。ミィ、かわいい[黒ハート]


 猫マスターとしては珍しい一人旅でしたが、車[車(セダン)]の運転を堪能したようです。よかった、よかった。
 その間、おねえさんは仕事が大忙し[ダッシュ(走り出すさま)]でした。うう、まだまだあと半月は忙しいなあ、しかも加速度的に……[たらーっ(汗)]

IMGP8052 (640x427).jpg
ボール持ってきた(マ)

IMGP8053 (640x427).jpg
遊んで!(マ)


 うう、癒される……マーちゃん、ありがとね[わーい(嬉しい顔)]。おかげでおねえさん、まだ頑張れます。


nice!(13)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

羨ましい、旅 [旅行]

 週末は、土曜日は大学格闘技部の宴会[ビール]がありました。本来は、新人歓迎コンパのはずが……4人も入ったのに、全員取り逃がした[ダッシュ(走り出すさま)]という体たらく。けっこうかわいい女の子[キスマーク]がたくさんそろっていながら、なんというザマか! まあ、学生にしては珍しく一次会で美味しいお店を取ってくれていたけど、そういう問題ではありません。ったくよー。[ふらふら]美味い酒だが、美味くない。まあ、まだ希望を捨ててはいけないんだけどさ。[パンチ]

IMGP8038 (640x427).jpg
というわけで、翌日はふて寝です[眠い(睡眠)]

IMGP8034 (640x427).jpg
IMGP8035 (640x427).jpg
IMGP8040 (640x427).jpg
IMGP8019 (640x427).jpg
IMGP8020 (640x427).jpg
ゴーヤの雄花が咲き

IMGP8017 (640x427).jpg
いただきものの朝顔もだいぶ芽吹いてきました

IMGP8044 (640x427).jpg
そんな中……
お出かけですか(紋) れーれれーのれー[るんるん](ラ)


 有休消化中の猫マスター、せっかくなのでお出かけです。車[車(セダン)]をたくさん運転したいらしい。月曜朝から出発して、今日は遥か伊根でお泊りです。舟屋で有名な伊根、おねえさんも昔行ったことはありますが……

IMG_6495.jpg
IMG_6496.jpg
IMG_6498.jpg
岩ガキのしゃぶしゃぶですって! いいわねえ


 おねえさんは7月頭まではどうにもこうにも忙しく[ダッシュ(走り出すさま)]てしようがないのです[もうやだ~(悲しい顔)]……ま、猫マスターは得難い機会だもんな。好きな車[車(セダン)]の運転をして、美味しいものでも食べて、せいぜいのんびりして次のお仕事に備えるがよい。

[カメラ] おまけ [カメラ]


KIMG0006.JPG
仙台弁こけし


 週末、弟は帰省して、仙台で行われていた東北絆祭を楽しんできたようです。このキャラ、名前通りすごく訛っているそうな……[たらーっ(汗)]

nice!(16)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

帰省あれこれ [旅行]

 金曜日の夜は、月一帰省。前回に引き続き、バスタ新宿23:05出発の比較的早いバスなので、帰宅せずにそのまま向かいます。
 とはいえ、ちょっと時間があったので、ここはすかさずSプロジェクト[いい気分(温泉)]。今回は、池尻大橋の文化浴泉。
Image1495799142727 (360x640) (2).jpg
図書館に行った流れだったので、中目黒から17分歩きましたが
DSC_1521 (360x640) (360x640).jpg
とてもきれいな[ぴかぴか(新しい)]お風呂! ここも460円なんだよなー


 リニューアルしてとても素敵なお風呂でした! 気持ちいい! 私が行ったときには比較的若い人がたくさん入っていました。プラス300円[有料]でサウナも使えます。
 ところで、この時点では東京はほとんど雨[小雨]が上がっていたのですが……

DSC_1522 (640x360) (2).jpg
翌朝5時に仙台についたら、まだ降ってた[雨]……


 やむなく近くのコンビニでビニール傘を買って、家まで30分ほどの道のり[くつ]を歩きます。

DSC_1527 (640x359).jpg
DSC_1528 (613x345).jpg
DSC_1529 (359x640).jpg
道々、雨にぬれた花がとてもきれいです

DSC_1534 (640x360).jpg
実家のサッシに防犯ブザーを取り付ける


 弟によると、先日また無人の実家[家]に空き巣[人影]が入ったような様子があるという。弟も補助錠を取り付けていましたが私は安い乾電池式の防犯ブザー[演劇]を買ってみました。どのくらい効果があるかわかりませんが、けっこうな音量[雷]。隣近所に響き渡るような音ではないのですが、窓を開けたらすぐに鳴るので、一定の抑止力にはなるかと。別に今更盗っていかれるようなもの[ふくろ]もないのですが……住みつかれたらいやだしなあ。[たらーっ(汗)]
 実家の中の片づけを少しして、今回は主だった用事は母の見舞いしかないので、ちょいと寄り道に出かけます。
 
DSC_1535 (640x360).jpg
DSC_1536 (640x360).jpg
実家から、歩いて[くつ]50分はかからないかな。花[かわいい]なんか見ながらぶらぶら歩きます


DSC_1538 (360x640).jpg
最近、ここ、お気に入りです


 やっていたのは、「イラストレーター 安西水丸展」。2014年3月に脳溢血で71歳で亡くなりましたが、味のある絵が大好きでした。漫画とかも、何とも言えず面白かったんだよなあ。昔はやった「ヘタウマ」の人ではありましたが、色使いとかすごくセンスがよくて。

IMGP7844 (640x427).jpg
図録とかいろいろ買っちゃった


 ほかの来場者が、「美術館じゃなくて、文学館でやるのねえ」なんて言っていたのが聞こえました[耳]が、彼は漫画やエッセイ等著作も多いから、全然いいと思うんだよね。絵本[本]もやってるし。展示は、かなり充実していて、大満足でした。図録も「永久保存版!」なんてPOPが立ってたから買っちゃったけど、値段も3000円以下[有料]に抑えてあるし、こちらの内容も盛りだくさんで、後悔なし。
 その後、バス[バス]と地下鉄[電車]を乗り継いで、初の「福島美術館」へ。

 
DSC_1576 (640x360).jpg
仙台市営地下鉄愛宕橋から徒歩3分


 企画展の「アッと面白い!動物ずかん~細密画からマンガ表現~」は、写真撮影OKでした。
DSC_1549 (360x640).jpg
DSC_1553 (640x354).jpg
DSC_1559 (360x640).jpg
いろいろな動物モチーフの作品があって、楽しい[わーい(嬉しい顔)]

DSC_1561 (360x640).jpg
伊達家のお宝[キスマーク]もあります


 1階の情報コーナーでは、ちょっと苦手な人もいると思いますが……

DSC_1571 (360x640).jpg
DSC_1572 (640x360).jpg
東北芸術工科大学 昆虫研究会「ミニ企画 昆虫展」もやってました


 なんというか、虫愛[黒ハート]を感じる作品がたくさんありました。毛虫もこんなふうに描くと、別の生き物のようです。美しい。
 この美術館、全然知らなかったのですが、偶然ネットで見つけて行ってみました。ざっくり言うと、地元の名士というか資産家が起こしたコレクション中心の私設美術館です。伊達家との交流もあり、伊達家にまつわるお宝もたくさんあるみたい。建物はかなり古く、震災で打撃を受けて、長い間休館していたといいますが、絵葉書募金などを通じて復興費用を集め、平成24年に再開したそうです。
 小さいながらオリジナルグッズを作ったり、せまーい廊下に作品のコピーを貼って撮影スポットを作ってみたり、ずいぶん努力をしている感じ。まー、この時間お客は私一人でしたが……1日の集客目標、どのくらいなのかなあ。

DSC_1578 (640x360).jpg
隣にあったとんでもないでかい家[家]が、たぶん福島家なんだろうな

DSC_1579 (360x640).jpg
愛宕橋駅近くで見た幟……聞いたことないぞ


 午後は母の見舞いに行きましたが、タイミングが悪く、爆睡中[眠い(睡眠)]。昼食[レストラン]が終わったら即、昼寝か……[ふらふら]。とりあえず、弟が運んでいた母のかつての刺繍などの作品を額装して飾ってみたりしました。
 母の健康状態などについて係の人に聞いてから、仙台駅に戻ります。新幹線[新幹線]までちょっと時間があいたので、日本酒バルへ。(仙臺驛日本酒バルぷらっと

DSC_1584 (640x342).jpg
純米吟醸飲み比べセット2000円
DSC_1586 (640x323).jpg
純米酒 鶯咲(750円/1500ml)
DSC_1587 (640x359).jpg
味玉のせポテサラ


 このポテサラが、日本酒に実に合う。酒のあてにできるようにシェフが研究を重ねた一品といいますが、これもマヨネーズを使わないタイプのポテサラのようで、いぶりがっこの刻んだのとピンクペッパーが入っているのはわかったのですが……あとは何だろうなあ。
 なかなか良い店[飛行機]でした。仙台駅の新幹線ホーム下が改修工事をしていて、ちょいと飲みながら待てる店[家]がなくなっちゃっているんだよね[ふらふら]。どこで時間をつぶそうかと焦って探して飛び込みで入ったのですが、ほかにも女性一人で飲んでいる人もいたし、店員さんも女性ばかりで感じがいいので落ちつけました。溺愛猫的女人さん辺りはとっくにおさえているかもしれませんが……昼酒が効いて、帰りの新幹線[曇り]は爆睡でした。

Image1495929717214 (640x360) (2).jpg
実家の庭から切ってきたローズマリーと、今回行った半券2枚です

帰省ついでの石巻 [旅行]

 弟とは、15時半[時計]に石巻駅で待ち合わせ。岩出山から石巻に着いたのは、13時[時計]過ぎ。お腹も減ったので、駅前の小さなお店[家]で昼食[レストラン]

DSC_1455 (640x360).jpg
石巻焼きそばをいただきます


 しょっぱそうに見えますが、この石巻焼きそばの特徴は、二度蒸しした生めん(茶色い)麺を使うことなので、そこまで味は濃くありません。美味しいけど、それ以上には特徴はないかな。それよりここのお店[家]は……

DSC_1458 (640x359).jpg
なんか、猫の食玩が充実しているのです

DSC_1459 (640x360).jpg
DSC_1460 (640x360).jpg
これだけ並ぶと壮観です


 写真撮影[カメラ]をお願いしたら、店主とお話が弾んでしまいました。よくこんなに揃えましたねえ。

 さて、なおも待ち合わせの15時半[時計]には時間があったので、またしても、ここへ。

DSC_1466 (640x360).jpg
DSC_1467 (360x640).jpg
石巻のヒーロー・シージェッタ―海斗がお出迎え

DSC_1468 (640x360).jpg
特別展示

DSC_1470 (640x360).jpg
こんなディスプレー、前からあったかなあ


 今回の企画展示は、トンコハウス展「ダム・キーパー」の旅。
 「トンコハウス」は、ピクサーでアートディレクターをしていた堤大介とロバート・コンドウの二人が設立したアニメーションスタジオ。2013年初めて監督として制作した「ダム・キーパー」は、2015年のアカデミー賞にノミネートされ、日本でも大きな話題となり、この作品は、世界各地の映画祭で20以上の賞を受賞し、ベルリン国際映画祭をはじめ各国の映画祭で公式出品作として多数上映されるなど、世界から高く評価されている……とのことなのですが、見てません。[ふらふら]
 この展示は、撮影[カメラ]可能でした。

DSC_1474 (640x356).jpg
DSC_1476 (640x356).jpg
DSC_1482 (640x360).jpg
DSC_1484 (640x347).jpg
とにかく、とてもキャラがかわいい[揺れるハート]


 ダム・キーパー[映画]、見なくっちゃ!!

DSC_1492 (359x640).jpg
誰だっけ、このキャラ


 と、まあ遊んでばかりいましたが、その後弟と二人で母親の見舞いに行き、また叔母や従弟と会って酒を飲んだりして、今回はずいぶん動き回りました。
 従弟のマンション[ビル]に集まって日本酒を飲みましたが、みやぎの地酒「伯楽星」と「蔵王」の飲み比べ。従弟のうんちくは適当に聞き流し[耳]ましたが、酒は美味かったなあ。おかげで、帰りの新幹線[新幹線]は爆睡でした。


nice!(16)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

帰省ついでの岩出山 [旅行]

 土曜の朝仙台に着きました。昨夜からは弟も帰っています。帰省の主な目的は母親の見舞いなのですが、弟が土日は南三陸方面にボラに行くというので、朝一緒に車[車(セダン)]に乗せてもらい、古川駅付近で下してもらいました。

DSC_1373 (359x640).jpg
DSC_1376 (306x544).jpg
DSC_1375 (306x544).jpg
無人の実家の庭では、相変わらず勝手に花[かわいい]が咲いてます

DSC_1379 (640x360).jpg
古川から向かったのは、ここ

DSC_1382 (640x359).jpg
美しい水辺の道を歩いていくと

DSC_1397 (640x359).jpg
このあたりはまだまだ桜がキレイ[ぴかぴか(新しい)]です

DSC_1391 (360x640).jpg
DSC_1386 (640x360).jpg
DSC_1389 (545x306).jpg
DSC_1423 (640x359).jpg
DSC_1414 (640x359).jpg
岩出山には、「有備館」という仙台藩の学問所があります


 ドライブの折に立ち寄るような、美しい庭園と建物だったのですが、東日本大震災で壊滅的な打撃[どんっ(衝撃)]を受け、しばらくは見学できませんでした。復旧事業落成式をしたのが昨年の4月。もうすぐ1周年になります。

DSC_1419 (640x360).jpg
DSC_1421 (640x360).jpg
DSC_1427 (640x359).jpg
水芭蕉や椿も咲いていました


 はす向かいに、日本刀を展示する中鉢美術館という小さな美術館があります。

DSC_1434 (345x640).jpg
刀剣乱舞的なキャラか?

DSC_1436 (640x360).jpg
鑑定団」に出た刀が寄贈されていました

DSC_1437 (640x340).jpg
館内は撮影[カメラ]自由です

DSC_1450 (360x640).jpg
美術館の近所の家[家]の入口に書かれていました。防犯犬?[犬]

DSC_1451 (640x360).jpg
有備館駅もあります

DSC_1454 (640x360).jpg
陸羽東線[電車]、一時間に一本なんだよなあ……

DSC_1393 (640x360).jpg
森民酒造店。お土産にお酒を買って送りました


 このあたりは仙台よりもちょっと北側のせいか、お天気[晴れ]はいいけれども風がけっこう冷たく、そのせいか桜がまだ楽しめました。
 有備館、まだ弟が生まれる前だったと思いますが、両親とドライブ[車(セダン)]旅行に来たことがありました。今回はそれ以来かな、訪れたのは。ここの池には鯉がいて、エサも売っているのですが……

DSC_1409 (640x360).jpg
確か、あの時父親が眼鏡[眼鏡]落として大騒ぎ[演劇]になった記憶があります


 係の人が大きな熊手みたいなやつで池をさらって探しだしてくれて、事なきを得たような。眼鏡[眼鏡]がないと、運転[車(セダン)]できないしね。
 なんか写真[カメラ]も多くなったから、もう一回に分けようっと。


nice!(14)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

青春18きっぷ2017春の陣-ラストは [旅行]

 さて、青春18きっぷ春は4月10日まで。この土日は、可哀そうな猫マスターが両方出勤[もうやだ~(悲しい顔)]だったので、その隙に、最後の1日分を使いきりに行きました。片道[電車]2,268円、往復[電車][ポケットベル]で4,536円だから、ばっちりだな。どこへ行ったかというと……

IMGP6980 (640x427).jpg
ヒントその1

IMGP7058 (640x427).jpg
ヒントその2
 
IMGP7056 (427x640).jpg
ヒントその3。もうお分かりでしょうが

IMGP7055 (427x640).jpg
水戸芸術館です


 開催中の「藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察」が見たかったのです。

IMGP6985 (640x427).jpg
IMGP6987 (640x427).jpg
多治見のモザイクタイルミュージアムから来た車かな?

IMGP6990 (640x427).jpg
みっちり[ぴかぴか(新しい)]

IMGP7003 (640x427).jpg
IMGP7004 (427x640).jpg
IMGP7007 (640x427).jpg
IMGP7013 (640x427).jpg
IMGP7016 (640x427).jpg
IMGP7018 (427x640).jpg
IMGP7019 (640x427).jpg
近江八幡のラ・コリーナ、行きたいなあ

IMGP7022 (427x640).jpg
IMGP7024 (427x640).jpg
IMGP7027 (427x640).jpg
IMGP7033 (427x640).jpg
IMGP7035 (427x640).jpg
いろいろな建築手法の紹介

IMGP7037 (640x427).jpg
IMGP7045 (640x427).jpg
IMGP7041 (640x427).jpg
IMGP7043 (640x427).jpg
お茶室の建築がけっこう多いね

IMGP7051 (640x427).jpg
水戸芸術館、何度か来ていますが、こんな噴水(?)あったんだ


 いつもなら偕楽園も寄ったりするのですが、ちょっと季節が中途半端なので、今回はそのまま帰りました。けっこう遠いし……[電車]
 模型スケッチ家具など(実際、椅子は腰かけることができます)で構成され、なかなか見ごたえ[目]がありましたが、やっぱり、建築物は自分で行ってみなくちゃね[ポケットベル]
 藤森先生の建築物、割合よく見ているつもりですが、まだまだ行きたいところが出てきました。特にこの近江八幡は外せないなあ。

IMGP7060 (640x427).jpg
今回も使い切ったどー!([カメラ]ボケちゃった……)



青春18きっぷ2017春の陣-岐阜等紀行その3 [旅行]

 さて、今回の宿泊地は名古屋ゲストハウスわさび名古屋駅前に泊まります。一泊3200円。駅から徒歩7分。場所はすごくいいけど、これまで泊った中でも一二を争うくらい狭い。[ふらふら]

DSC_1279 (360x640).jpg
男女混合ドミトリーの2階ブースでした

DSC_1278 (360x640).jpg
あんまり狭くて掛け布団にカバーをかけるのを断念

DSC_1280 (360x640).jpg
大荷物置き場。まさかの自転車鍵つなぎ方式

IMGP6698 (427x640).jpg
隣は思い切り風俗店(?)。(矢印の下がわさびの看板)


 夕飯は、例によって近所の居酒屋で一人飲み。[ビール]

DSC_1283 (360x640).jpg
ぷはー[ビール]

DSC_1285 (640x360).jpg
おすすめはやはり手羽先揚げ。うん、うまい

DSC_1286 (640x360).jpg
みょうがサラダ

DSC_1284 (640x360).jpg
肉じゃがにピリ辛こんにゃく

DSC_1287 (640x360).jpg
ぶり子の煮つけ


 ??? これがぶり子? 聞いたら、やっぱりぶりの卵だっていうんだよねえ……「トーホグでは、ぶり子と言えばハタハタの卵なのですが」と言ったら、板さんはこちらもちゃんとご存知でした。お店のおば様が、「やだー、”ぶりっこ”なーんちゃって[黒ハート]」という、全身脱力するような昭和のギャグをかましてくれたのが余計と言えば余計。[ふらふら]

DSC_1288 (640x360).jpg
ちょっと足らなかったので、宿で飲み直し……[ビール]


 そのせいか、狭苦しいブースでもぐっすり寝てしまいました。
 ただし、翌朝は、前日の養老ウォーキングのせいで、けっこうな筋肉痛……[どんっ(衝撃)]
 20日は朝早く[晴れ]から起きられたので、6時台の東海道本線[電車]に乗って徐々に戻ります。
 この日は、JR草薙駅⇒静岡鉄道草薙駅で、静岡県立美術館へ。「蜷川実花展」をやっていたのです。

IMGP6707 (640x427).jpg
静岡鉄道、なんかほのぼの電車でした

IMGP6708 (640x427).jpg
でも、なんで静岡-瀋陽なのか?


 静鉄「県立美術館前」から美術館までは、けっこう歩く[くつ]。暖かかったし、上品な住宅街[家]を歩いたので、さほど苦にはなりませんでしたが。

IMGP6718 (640x427).jpg

IMGP6709 (640x427).jpg
IMGP6720 (640x426).jpg
IMGP6722 (427x640).jpg
IMGP6723 (640x427).jpg
IMGP6726 (640x427).jpg
IMGP6725 (640x427).jpg
IMGP6727 (427x640).jpg
Acid Bloomの部屋と

IMGP6730 (640x427).jpg
IMGP6731 (640x427).jpg
《桜》の部屋は撮影OK


 女性客が圧倒的に多かったですが、大人気! 絢爛たる色彩の氾濫……なんて、下手なキャッチフレーズを付けなくても、黙ってても人が来る展覧会なんだろうなあ……。
 帰りは、美術館からJR草薙駅まで100円でバス[バス]があったので利用し、そこからまた全鈍行[電車]でてこてこ帰りました。本当は、もう一つの藤森輝信建築の「ねむの木美術館」も見たかったのですが、掛川からのバス便[バス]がとにかく著しく悪く、今回も見送り。もう、何回見送ったことか……吉行淳之介文学館も近くにオープンしているんですけどねえ……[もうやだ~(悲しい顔)]

IMGP6734 (640x427).jpg
帰ったら猫マスターがにゃんずとお昼寝[眠い(睡眠)]していました

IMGP6737 (640x427).jpg
マーリィちゃん、ただいまあ
お帰り(マ)

IMGP6740 (640x427).jpg
よく遊んだ?(マ)
うん、遊んだ、遊んだ[るんるん]


 今回のJR乗りまくり行程は、

<19日(日)> 小田原⇒大垣 5,620円
       (大垣⇔養老 410×2=820円 養老鉄道)
        大垣⇒名古屋 700円
        名古屋⇔多治見 670×2=1,340円 
        名古屋⇔大垣 700×2=1,400円(大垣のコインロッカーに荷物[ふくろ]を預けたので……)
        合計 JR 9,060円(養老鉄道 820円)

<20日(月)> 名古屋⇒草薙 3,350円
       (草薙⇒県立美術館前 210円 静岡鉄道)
        草薙⇒横浜 2,590円
        合計 JR 5,940円(静岡鉄道 210円)

 青春18きっぷは11,850円で、5で割って2,370円です。先日川越に猫マスターと一緒に行ったときは、一人2,288円だったので、ちょっと負け[バッド(下向き矢印)]だったのですが、ここで大きく取り返しました[手(グー)]。すでに4日間合計で19,576円です。あと1日分、どこで使えるかなあ。
 大きい区間はJR[電車]で動くのですが、行った先々の静鉄[電車]とか養老鉄道[電車]みたいな第三セクターのローカル線もまたそれぞれ面白いのです。


青春18きっぷ2017春の陣-岐阜等紀行その2 [旅行]

 さて、ユニークすぎるテーマパーク・養老天命反転地の体験を終え、養老[電車]⇒大垣[電車]⇒名古屋(昼食)[レストラン][電車]⇒多治見へ。

IMGP6582 (640x427).jpg
IMGP6588 (640x427).jpg
養老鉄道[電車]は、自転車を載せられます

IMGP6735 (640x453).jpg
養老鉄道記念乗車券とクリアファイルのセットを買っちゃいました

IMGP6591 (640x427).jpg
ここが多治見駅

IMGP6590 (427x640).jpg
多治見のゆるキャラかな


 駅からのバス[バス]の時間がなくて、やむなくタクシー[車(セダン)]に乗りましたが、遠いんだ、コレが。2000円以上[有料]かかってしまった![ふらふら]

IMGP6592 (640x427).jpg
IMGP6595 (640x427).jpg
藤森輝信先生の設計したミュージアムです

IMGP6599 (640x427).jpg
壁には陶器が埋め込んであります


 藤森先生のミュージアムは、長野の神長官守矢史料館、茶室「高過庵」、静岡の秋野不矩美術館を見ていますが、ここは初めて。今年初めのNHK日曜美術館特別番組『ゆく美、くる美』[TV]で紹介されていて、うわー、行ってみたいと思っていたのです。やっぱり、いいわーこの建物[ビル]の感じ!
 
IMGP6674 (640x427).jpg
建物の模型

IMGP6629 (640x427).jpg
いろんなタイルのかけらが輝く[ぴかぴか(新しい)]

IMGP6617 (640x427).jpg
IMGP6611 (640x427).jpg
IMGP6634 (640x427).jpg
IMGP6620 (640x427).jpg
IMGP6613 (640x427).jpg
IMGP6634 (640x427).jpg
IMGP6604 (640x427).jpg
ちょっとレトロなタイルや磁器

IMGP6682 (640x427).jpg
IMGP6647 (640x427).jpg
IMGP6659 (640x427).jpg
IMGP6666 (640x427).jpg
IMGP6658 (640x427).jpg
IMGP6680 (640x427).jpg
IMGP6678 (640x427).jpg
IMGP6652 (640x427).jpg
IMGP6649 (640x427).jpg
IMGP6655 (640x427).jpg
IMGP6653 (640x427).jpg
いろいろな製品の紹介。どれもきれい[目]です

IMGP6646 (427x640).jpg
モザイクタイルの生みの親・山内逸三先生が!


 なんというか、全体的に懐かしいんだよね。昔は流しも浴槽もみんなタイル張りだったよなあ。ミュージアムショップに、ちっちゃいタイルを紙コップに詰め放題で500円[有料]なんていうのがあってまた楽しいのです。
 また、この建物の隣に笠原町の公民館的なところがあったのですが、その中の一角に、一昔前のものがたくさん置いてあるコーナーがありました。

IMGP6693 (640x427).jpg
IMGP6691 (640x427).jpg


 帰りはバス[バス]があったので、多治見の駅まで320円[有料]で帰ることができました。
 余談ですが、公民館の入り口に、「多治見高校甲子園出場決定![野球]」と誇らしげに書いてあったのですが……本番はコテンパン[パンチ]にやられてしまったみたいです。まあ、いい思い出だよねえ。
 うーん、また次回につづく。


nice!(12)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

青春18きっぷ2017春の陣-岐阜等紀行その1 [旅行]

 さあ、青春18きっぷ[電車]の季節が始まりました。
 ムーンライトながら[電車]、第1希望の17日(金)の夜はとれなかったものの、第2希望の18日(土)の夜が取れたので、さっそく出かけます。[電車]

IMGP6421 (640x427).jpg
横浜を23:36に出て、大垣着は翌日(19日)5:50[時計]

IMGP6422 (640x421).jpg
大垣駅はまだ暗い[夜]

IMGP6423 (640x427).jpg
6:12の養老鉄道桑名行き[電車]に乗り込みます

IMGP6429 (640x427).jpg
早朝の太陽[晴れ]はこんなでした

IMGP6430 (640x427).jpg
休日とはいえあんまりお客さん、乗ってないもんなあ

IMGP6436 (640x427).jpg
養老駅には

IMGP6440 (640x427).jpg
ひょうたんがいっぱい下がっていました

IMGP6453 (640x427).jpg
養老の滝に向かう道すがら、梅[かわいい]が咲いていました


 養老駅ではレンタサイクル[ダッシュ(走り出すさま)]もあるのですが、借りようとした人が、「お貸しできますが、養老の滝まで全部登りですよ。推していくだけですよ」と駅員さんに念押しされていました。確かに、ぜーんぶ登り[右斜め上]でした。
 私は徒歩[くつ]で登っていったのですが、早朝でちょっと肌寒い[雪]ものの、その後の温かさ[いい気分(温泉)]を予測させる爽やかな気候です。鳥の声なんかして、ほかにあまり歩く人もなく、ちょっと汗ばみ[たらーっ(汗)]ながら気持ちよく上っていったら……

IMGP6475 (640x427).jpg
え……[がく~(落胆した顔)]


 ひえー、と思ってここで鈴[るんるん]の着いた杖を借りて登りましたが、幸い熊には遭わず。駅からずーっと登って[くつ]30~40分[時計]ほどで、ようやく滝のある場所に着きました。

IMGP6575 (640x427).jpg
途中の「こどもの国」にあった孝子の銅像

IMGP6467 (427x640).jpg
こ、この水が全部お酒に??

IMGP6485 (640x427).jpg
菊水霊泉というのもありました。ミネラル分が多いんだって


 名水なんですよね、ここのお水は。20日は「若水取り」なる行事があるそうです。触ってみたら、冷たくて気持ちよかった! さすがにお酒じゃなかったですが[たらーっ(汗)]

IMGP6491 (640x427).jpg
IMGP6489 (640x427).jpg
滝近くのお店にはこんなのがありました


 お水、いろいろなところに使われているのでしょうね。水の豊かなところって、いいなあ。

IMGP6493 (640x427).jpg
養老伝説の孝子・源之丞のお墓もありました


 さて、次の目的地・危険極まりないテーマパーク養老天命反転地」のオープンは朝9時[時計]。どこかで朝飯[魚座]を食って薬でも飲んで……と思ったのですが、ここの駅周辺にはコンビニ[家]すらありません。仕方なく、自販機でできるだけカロリーのある飲み物を飲んで、薬を流し込みました。[もうやだ~(悲しい顔)]

IMGP6502 (427x640).jpg
しょっぱなからこんなこと書いてあるし。メットは借りませんでしたが[目]


 1995年に開園しているのですが、その当時、私の前の会社では、「社員旅行で行くならココ」みたいなことで人気が高かったのです(実現しませんでしたが)。それから実際に行くまでに20年以上経ってしまったわけですが、いつか行きたいとずーっと思っていました。

IMGP6510 (640x427).jpg
IMGP6511 (640x427).jpg

IMGP6514 (640x427).jpg
IMGP6566 (640x427).jpg
IMGP6522 (640x427).jpg
IMGP6549 (640x427).jpg
IMGP6573 (427x640).jpg
IMGP6554 (640x427).jpg
IMGP6562 (640x427).jpg
とにかく、安心して立てる平面なんかないのです


 どこに行っても平面ではないので緊張してしまったし、がんがん回ろうと思うと、相当に神経と体力をすり減らします(今日もまだ筋肉痛が……)。ぐったり疲れましたが、お天気[晴れ]も良く、まあ楽しかったかな。

 まだ半日分しか書いていませんが、長くなっちゃったので、あとはまたつづく、にします。


nice!(13)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行