So-net無料ブログ作成
検索選択

帰省して Reborn Art Festival 2017 その2 [旅行]

 その後、石巻の駅周辺に戻り、仙台行きの電車[電車]までの1時間[時計]ほど、街中を散策しながら展示を見て歩きました。

IMGP9696 (427x640).jpg
日活パール劇場は、成人映画館ですが

IMGP9682 (427x640).jpg
IMGP9683 (427x640).jpg
IMGP9685 (640x427).jpg
IMGP9692 (640x427).jpg
IMGP9687 (640x427).jpg
IMGP9689 (427x640).jpg
IMGP9695 (640x427).jpg
なんかいろいろな作品が詰め込まれていました


 日活がロマンポルノ路線に転じたために、この映画館も成人映画専門みたいになってしまったようなのですが、震災から3か月後に復活したという根性のある[パンチ]映画館で、今も現役です。もっとも、名物支配人は最近亡くなってしまわれたようですが。

IMGP9698 (427x640).jpg
IMGP9701 (640x427).jpg
IMGP9707 (640x427).jpg
IMGP9708 (640x427).jpg
街中にはまだまだアートがあって、時間がなくて全部見切れません


IMGP9720 (640x427).jpg
本家秋田屋は建物[家]だけでもりっぱですが

IMGP9718 (640x427).jpg
土蔵

IMGP9717 (640x427).jpg
の中もなんかすごくて

IMGP9714 (640x427).jpg
その中に当主コレクションのこけしとハリー・マッギー氏とのコラボ作品が


 と、こんなところで時間切れ[時計]だったので、東北本線[電車]で仙台に戻りました。弟と7時[時計]待ち合わせで、仙台駅前に最近オープンしたお店「まぼ屋」へ。韓国が買わなくなって、ホヤが大量廃棄されるのを少しでも減らそうと、7月に開店したばかりです。ホヤを使った様々なアイディアメニューがてんこ盛りなのもいいけど、日本酒は純米酒だけっていうのも泣かせます。[もうやだ~(悲しい顔)]

DSC_0254 (360x640).jpg
突き出しはホヤのヴィシソワーズ! 美味しいんですけど、これ

DSC_0256 (360x640).jpg
ホヤ珍味三点盛り

DSC_0255 (640x360).jpg
ホヤのなめろう

DSC_0257 (360x640).jpg
ホヤ水刺し

DSC_0259 (640x360).jpg
これはホヤメニューじゃないけど、牡蠣とホタテのミニピザ

DSC_0260 (640x360).jpg
ホヤのアヒージョ

DSC_0261 (640x359).jpg
ホヤーニャカウダ!


 ホヤ好きには、たまらんです。[黒ハート]

DSC_0252 (360x640).jpg
DSC_0253 (360x640).jpg
純米酒は1980円で90分飲み放題


 ですが、自分で冷蔵庫から一升瓶を出して、ガラスの片口に注いでテーブルに持ち帰るシステム。なんというか、緊張感があるね[たらーっ(汗)]、酔ってくると。何回注ぎに行ったか、よく覚えていません。閖、浜千鳥、日高見……あとは何を飲んだっけなあ……どれもうまかったことは覚えております。
 メニューは良心的な価格設定で、さんざんボランティアで漁業支援に行った弟も喜んでおりました。何しろ、美味いしね。女性同士のお客さんなんかもけっこういて、雰囲気も明るい。[ぴかぴか(新しい)]

 翌朝は、ちょいときつかったなあ[モバQ]。っていうか、ここでやめておけばいいのに、帰ってからまた弟が冷蔵庫から伯楽星とか出してくるから……でも、本人は元気にボラに出かけて行ってしまった[ダッシュ(走り出すさま)]……年寄りはしんどいです。
 その後、雨[小雨]が小止みになるのを待って、墓参りを二件回り[バス]、母の施設[電車]を見舞って、横浜に戻りました。

DSC_0272 (307x544).jpg
アート・フェス、9月10日までにもう一回行けるかなあ


[猫] おまけ [猫]


DSC_0265 (360x640).jpg
自宅の庭に、こんな子が来ていました


 故・レオン君の親戚筋かなあ。ちょっと長毛混じりっぽいです。いきなり無人のはずの家のカーテンが開いて、中から覗かれたのでびっくり[あせあせ(飛び散る汗)]したことでしょう。ごめんね。[わーい(嬉しい顔)]



nice!(10)  コメント(9) 

帰省して Reborn Art Festival 2017 その1 [旅行]

 金曜日は、紋次郎を病院[病院]に連れていった後、深夜バス[バス]帰省しました。いつもの母の見舞いもあったのですが、今回は別のイベントも。朝、家[家]に着くと、南三陸のボランティアに行くという弟の車[車(セダン)]に乗せてもらって、石巻へ。

IMGP9416 (427x640).jpg
あれ? 記憶している008と違うけど……まいっか

IMGP9424 (640x427).jpg
これを見に来たわけです

IMGP9425 (640x427).jpg
観慶丸商店のインフォメーションで2日間パスポートを買いました

IMGP9435 (640x427).jpg
IMGP9443 (640x427).jpg
IMGP9441 (640x427).jpg
観慶丸商店の中にも作品はあります


 牡鹿半島の方に行くバス[バス]までの時間、石巻駅近辺の作品を見ました。

IMGP9454 (427x640).jpg
かつては美容院だった古い建物の中に

IMGP9456 (640x427).jpg
IMGP9458 (640x427).jpg
アートユニット「キュンチョメ」の作品があります


 真っ暗な古い建物の一階と二階で光るビデオ作品。特に二階のがよかったなあ。
 その後、宮城交通の路線バスで、石巻駅前⇒桃浦に移動。そこから、リボーンアートの無料バスに乗り換えます。牡鹿半島中部のCエリアの無料ガイドツアーがあったので、それに参加しました。

IMGP9480 (640x427).jpg
IMGP9494 (640x427).jpg
ファブリス・イベール氏の作品


 雨[雨]で地面がぬかるんで、ぐっちゃぐちゃでしたが、さらに水を使う作品……このために作った畑は、おかげで(?)青々としていましたが。

IMGP9507 (640x427).jpg
その近くにある荻浜小学校。最近廃校が決まったばかり

IMGP9513 (640x427).jpg
校庭には金氏鉄平氏の彫刻

IMGP9522 (640x427).jpg
そして教室内を埋め尽くすのは

IMGP9521 (640x427).jpg
IMGP9527 (640x427).jpg
IMGP9536 (640x427).jpg
パルコキノシタ氏の作品


 地震で亡くなられた方の数だけ木像を彫り続けようとしている作品。ちょっと円空仏のようなものもあれば、ペイントされたユーモラスな像もあります。目線を落とし、この小さな木像と同じ目線になると、何とも言えない迫力があります。

IMGP9550 (640x420).jpg
体育館ではワークショップが行われていましたが

IMGP9546 (640x427).jpg
ここにもキノシタさんの作品《幽霊でもいいから》があります

IMGP9559 (640x427).jpg
屋外には地元のアーティストの流木による彫刻が


 この次は、山の中に入るので、入り口でみんなで肌に虫よけをぶっかけました。

IMGP9566 (427x640).jpg
廃校になった桃浦小学校の跡地。もう建物[ビル]はありません

IMGP9578 (640x427).jpg
美しい海の見える場所に

IMGP9573 (640x427).jpg
IMGP9579 (640x427).jpg
人がたくさんいるので全景は撮れません[カメラ]が、ギャレス・ムーア氏の作品

IMGP9593 (640x427).jpg
ここのところの雨[雨]で、森には立派なキノコががんがん生えています[右斜め上]

IMGP9609 (640x427).jpg
IMGP9611 (640x427).jpg
IMGP9617 (640x427).jpg
コンタクト・ゴンゾ(四人組アーティスト)の作品

IMGP9615 (640x427).jpg
このあたり、ハチもいるらしい[たらーっ(汗)]

IMGP9594 (427x640).jpg
IMGP9624 (640x427).jpg
鈴木康広氏の作品


 このあたりにはこのほかに、ブルース・ナウマン氏の音だけの作品もあります。ここはもともと子供たちの場所だったことをしのんで、森の中に「For the children」という言葉が聴こえてきます。

IMGP9627 (640x427) (2).jpg
牡鹿半島のベンチもあります


 リボーンアートのバスを降りて、この海岸までの往復が、道はぬかるんでぐちゃぐちゃだし上り下りだし、涼しい山で大汗[あせあせ(飛び散る汗)]をかきました。ちなみにほかの人たちがみんな長靴やスニーカー[くつ]を履いている中で、私一人だけが素足にスポーツサンダル……これが自分の夏旅のスタイルなのでまあいいんだけど。だって、汚れたらどこでもざぶざぶ水かけて洗えばいいじゃん、と(実際には山ビル[がく~(落胆した顔)]なんかもいたらしいので、本当はちゃんとした靴の方がよかったんでしょうけれども[たらーっ(汗)]

 その後バス[バス]に戻って、無料ツアーは終了でした。バス[バス]にそのまま乗って、牡鹿ビレッジまで行って、食事[レストラン]です。

IMGP9633 (640x427).jpg
リボーン・アート・ダイニングは混んでいるようだったので

IMGP9634 (640x427).jpg
近くに出ていた売店でアナゴ丼を食べました


 米もアナゴも美味しかったけど、これで700円[有料]はちょっと……被災地支援価格としてもずいぶんだなあ[ふらふら]……その後は、貝殻の入り江まで歩いていきます。ここも道はぐっちゃぐちゃですが、アップダウンはあまりないので楽チン。

IMGP9651 (640x427).jpg
宮永愛子氏の作品。観慶丸の作品と対

IMGP9650 (640x427).jpg
きれいな水だなあ

IMGP9664 (427x640).jpg
これが今回のフェスのシンボル的な作品。名和晃平氏の《White Deer(Oshika)》!


 青空の下で見たかったとも思いますが、美しい[ぴかぴか(新しい)]姿です。

IMGP9665 (640x427).jpg
IMGP9668 (640x427).jpg
これも鈴木康広氏の《ファスナーの船》

IMGP9672 (427x640).jpg
IMGP9673 (640x427).jpg
これは、Chim↑Pomの作品


 震災後のいろいろな種類の涙の氷結晶を地下空間に展示している作品ということで、中に入るととんでもなく寒い洞窟です。

 相当に写真[カメラ]が多く、長くなっちゃったので、次回に続く。



nice!(11)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

青春18きっぷ2017夏の陣-三島でラスト [旅行]

 さて、今年の青春18きっぷ夏の陣[電車]は、わりあいと早く終了です。三連休の真ん中の土曜日、猫マスターと一緒に三島に行ったのです。本当は、金曜日に行っちゃおうと思ったんだけど、天気が悪かった[雨]ので一日順延。

IMGP9320 (640x427).jpg
IMGP9319 (640x427).jpg
来週末はお祭りがあるようです

IMGP9290 (640x427).jpg
見たかったのは、これです

IMGP9277 (640x427).jpg
IMGP9280 (640x427).jpg
前に佐野美術館に来たのは、岩合さんの展覧会だったな

IMGP9284 (640x427).jpg
IMGP9282 (640x427).jpg
ここは、写真撮ってもいいやつ


 絵本『てつぞうはね』とか『ねこまみれ帳』[本]で知られるミロコマチコさんの個展です。会社で仕事上ネット検索[iモード]していた時に、偶然見つけたんだよねー。
 絵本の原画もあったし、それ以外の作品もたくさんあったし、すごくよかった! 

IMGP9331 (427x640).jpg
もちろん図録も買ったんですが


 なんというか、あのキャンバス一杯に描かれた絵の迫力[目]は、とてもとても図録では伝わるものではないな、と思いました。
 
IMGP9272 (640x427).jpg
IMGP9274 (640x427).jpg
佐野美術館は、無料で入れる庭園も素晴らしい![ぴかぴか(新しい)]

IMGP9288 (640x427).jpg

IMGP9294 (640x427).jpg
向かい側にはきれいな水の中で咲くバイカモも見られます


 三島は、本当に湧水が至る所を流れていて、とても爽やかです。

IMGP9296 (640x427).jpg
IMGP9298 (640x427).jpg
うなぎ美味しいのもこの水のせいかな

IMGP9300 (427x640).jpg
時々研修で三島を訪れる弟に美味しいお店を聞いたりして


 そのあとは、楽寿園へ。入場料300円[有料]ですが、なかなかににぎわっていました。75,000平米もある広大な敷地は、小松宮彰仁親王が明治23年に別邸として造営されたというところですが、今はふれあい動物園なんかもあって、市民の憩いの場になっているようです。

IMGP9309 (640x427).jpg
マーラ

IMGP9308 (640x427).jpg
ミニブタ

IMGP9312 (640x427).jpg
ミニチュアホース

IMGP9313 (640x427).jpg
SLもある

IMGP9315 (640x427).jpg
IMGP9318 (640x427).jpg
テッポウユリが花盛り[かわいい]

IMGP9322 (427x640).jpg
静岡麦酒[ビール]なんか飲んでから、移動して

IMGP9327 (640x427) (2).jpg
熱海で途中下車[電車]

IMGP9325 (640x427).jpg
駅から徒歩2分の穴場

IMGP9326 (427x640).jpg
500円で入れる日帰り温泉です


 ここでひとっ風呂[いい気分(温泉)]浴びて帰りました。気持ちよかったー。

IMGP9328 (640x427).jpg
さて、これで2017年夏の陣は終了です


 今回は、

  横浜⇒三島 1,660円
  三島⇒熱海  320円
  熱海⇒横浜 1,317円
 で、合計 3,297円(×2人)でした。ので、たいしたことないけど、ちゃんと黒字(3,297円ー2,370円=927円)。
 今日は偶然、テレ東のアド街ック天国で三島をやっていて、びっくり。来週お祭りだからかな。
 雨に遭うこともなくて、ラッキーでした。途中ちょっと気温が上がったけど、本当に暑い日で、汗だらだらというほどでもなかったし。今回は、湧水でバシャバシャ遊ぶことはなかったけど、次に行ったときはまた遊びたいなあ。

nice!(13)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

青春18きっぷ2017夏の陣-GO! GO! 飯田線その2 [旅行]

 さて、天竜峡に着きました。が、その日中に帰ることを考えると、現地を見るのはせいぜい1時間[時計]です。電車[電車]が少ないからねえ。日帰り温泉[いい気分(温泉)]もあったのですが、暑い[あせあせ(飛び散る汗)]こともあって、今回は諦めてしまいました。天竜峡遊歩道を歩きます。[くつ]

IMGP9022 (640x427).jpg
IMGP9025 (640x427).jpg
IMGP9026 (640x427).jpg
IMGP9028 (640x427).jpg
ふーん、こんなのがあるんだ

IMGP9030 (640x427).jpg
おお、これか!

IMGP9034 (640x427).jpg
生物供養碑?

IMGP9035 (640x427).jpg
あー、なるほど


 ここまで登りの階段が続いて、汗ばみながら歩いていると……

IMGP9036 (640x427).jpg
は、はい。がんばります

IMGP9037 (640x427).jpg
セミはがんがん鳴いています

IMGP9040 (640x427).jpg
毒……だろうなあ[モバQ]

IMGP9046 (427x640).jpg
展望台からの景色

IMGP9049 (427x640).jpg
こんな吊り橋もあります

IMGP9057 (640x427).jpg
つり橋から見た風景

IMGP9070 (427x640).jpg
渡り切ったところにこんな泉も

IMGP9072 (427x640).jpg
「幸福の鐘」って、日本にいくつあるんだろう[たらーっ(汗)]

IMGP9075 (427x640).jpg
龍角峯

IMGP9079 (640x427).jpg
こんなところに「あゝモンテンルパの夜は更けて」の歌碑が!


 なるほど、作詞者は飯田市出身の方だったんだね。

IMGP9082 (427x640).jpg
周囲はりんご園が多く、こんなのも売ってました


 そこから15:11発の豊橋行き[電車]に乗ります。この天竜峡駅から先は、「鉄」に人気の秘境駅が続きます。千代、金野、田本、為栗、中井侍、小和田ですが、いずれも止まる時間は1分足らずなので、降りてまで撮影する勇気はありません。

IMGP9087 (427x640).jpg
IMGP9091 (640x427).jpg
IMGP9094 (640x427).jpg
沿線の風景はずっとこんな感じで(反対側は山)

IMGP9096 (427x640).jpg
為栗=「してぐり」と読みます

IMGP9097 (640x427).jpg
集落はなくなって墓標だけがあったり

IMGP9101 (640x427).jpg
この中井侍駅では

IMGP9103 (640x427).jpg
おばあさんが一人だけ降りていかれました


 駅のごく近くに1軒だけ家があるのですが、まさかこのお家の方しかこの駅を利用しないんじゃ……[たらーっ(汗)]

IMGP9097 (640x427).jpg
静岡を通ると、茶畑が見えてきます

IMGP9108 (640x499).jpg
豊橋の駅には、巨大昆虫がいました

IMGP9114 (640x427).jpg
ここからはズルして新幹線[新幹線]で帰ります

IMGP9116 (402x640).jpg
今回のお土産は、信州ウィスキー

IMGP9115 (322x640).jpg
飯田線手ぬぐい

IMGP9117 (427x640).jpg
これは、豊橋で買ったおつまみ


 本当は、天竜峡の後湯谷温泉[いい気分(温泉)]あたりで一泊するプランだと、もうちょっとどこか別な要素を盛り込めたのかもしれませんが、まあ、今回はこんなもんでした。
 飯田線[電車]、沿線の風景もきれい[ぴかぴか(新しい)]だし、のんびりしてよかったのですが、岡谷からしばらく街中を走るときはとにかくのろくて、一駅一駅たいして人も乗らないのになかなか発車しなくて、かなりイラッ[むかっ(怒り)]としました。

 立川⇒白馬ムーンライト信州) 4,750円
 白馬⇒南小谷  天竜峡     3,350円
 天竜峡⇒豊橋          2,270円
 合 計             10,370円
(10,370円ー青春18きっぷ1日分あたり2,370円=8,000円)
 今回は、なかなか大儲けですねえ。くすくす[わーい(嬉しい顔)] 。この夏は、あとまだ2回分あるぞ。どうしようかなあ。
 


nice!(12)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

青春18きっぷ2017夏の陣-GO! GO! 飯田線その1 [旅行]

 前回の只見線からあまり間があいていませんが、しょうがないのです。ムーンライト信州[電車]が、ここしかとれなかったんだから。というわけで、とれた切符に強引に休みを合わせ、またまた出かけてしまいました。

IMGP8962 (640x427).jpg
週末行ったばっかじゃないの(マ)

IMGP8961 (640x427).jpg
またひっくり返ったりしないでよね!(マ)

IMGP8964 (640x508).jpg
というわけで夜11時過ぎに新宿

DSC_0174 (360x640).jpg
この時間は駅構内のコンビニは閉まっているので、外で買いました


 8月2日(水)23:54[時計]新宿発です。あれ?[目] 満席のはずだったのに、けっこう空いてるなあ。みんな、なかなか取れないからとりあえず予約をぶっこんじゃって、後でキャンセルしたのかしら。[モバQ]

DSC_0175 (640x360).jpg
白馬着は3日(木)5:40です

IMGP8973 (424x640).jpg
IMGP8970 (640x427).jpg
次の南小谷行きには1時間くらい間があるので

DSC_0176 (640x359).jpg
駅前の山菜そばで朝食と[レストラン]

IMGP8979 (640x427).jpg
IMGP8981 (427x640).jpg
DSC_0177 (360x640).jpg
足湯で時間をつぶします[いい気分(温泉)]

IMGP8983 (427x640).jpg
駅貼りポスター。長野県警はやっぱりテイストが違うね

IMGP8985 (427x640).jpg
大糸線南小谷行き

IMGP8987 (640x427).jpg
ここは割合近いです。白馬6:56⇒南小谷7:15

IMGP8988 (640x427).jpg
この線路をずーっと行けば新潟糸魚川方面へ

IMGP8991 (640x427).jpg
今回は、ここで引き返します。南小谷7:27⇒信濃大町8:24 8:38⇒松本2:44 9:39⇒岡谷10:21

IMGP8992 (640x427).jpg
そして岡谷からいよいよ飯田線です。10:35岡谷発


 ここまで、乗り換え時間[時計]は非常に短いのですが、この後は天竜峡までちょいと長丁場。岡谷駅で急いで弁当と飲み物を調達![ダッシュ(走り出すさま)]

Image1501728006520 (640x360).jpg
ふう、間に合った!

DSC_0181 (640x360).jpg
かかっているのは、なんとあんずジャム! 袋入りで着いているのですが、これが美味しかった!

IMGP8996 (640x427).jpg
住宅地を抜けると美しい田園風景。白鷺がたくさん来ています

IMGP9001 (640x427).jpg
駅はほとんど無人駅です

IMGP9001 (640x427).jpg
いかにも夏の空だなあ

IMGP9002 (427x640).jpg
駒ケ根までは前にも乗ったことがありました


 以前、どうしても早太郎伝説の光前寺に行きたくて、駒ケ根まで飯田線に乗ったんだっけ。2014年の春でした。この時と比べると、ムーンライト信州[電車]の車両も変わっているなあ。
http://6cats.blog.so-net.ne.jp/2014-03-23-1 ご参照)

IMGP9008 (640x427).jpg
駒ケ根から先は初めてだな

IMGP9019 (640x427).jpg
天竜峡到着は13:55


 平日でしたが、電車[電車]はおおむね空いています。夏休みの遠足?[くつ] 課外活動? みたいな子供たちが大勢乗ってきたりしましたが、一人で昼酒[ビール]をやっているやばそうなおばさんのいるクロスシートに近づくような剛の者はいませんでしたね。[わーい(嬉しい顔)]

IMGP9020 (640x427).jpg
可愛らしい天竜峡駅


 1日だけのことですが、ちょっと写真[カメラ]が多くなったので、次に引っ張ります。



nice!(9)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

青春18きっぷ2017夏の陣-GO! GO! 只見線その2 [旅行]

 さて、美味しいご飯と日本酒でぐっすり眠って翌朝(30日)です。
 夜のうちに雨[雨]が降ったようですが、朝には上がってくれたので、カメラ[カメラ]を持ってお散歩です[くつ]

IMGP8861 (640x427).jpg
朝、宿の窓から見た風景

IMGP8868 (640x427).jpg
やはり、川霧

IMGP8872 (640x427).jpg

IMGP8883 (640x427).jpg
このあたりはまだまだアジサイがキレイ

IMGP8876 (427x640) (2).jpg
ここではごみ集積所は「クリーンハウス」というものになっているようです

IMGP8878 (427x640).jpg
IMGP8879 (640x427).jpg
例の只見線寸断の時の豪雨では、ここまで水が上がったらしい

IMGP8880 (640x427).jpg
青虫……

IMGP8881 (640x427).jpg
昭和漫画館だそうですが、早朝はさすがに開いてません。残念!

IMGP8885 (640x427).jpg
左側の白い建物が泊った宿です

DSC_0150 (640x360).jpg
そして、朝ごはん[るんるん]


 さて、昨日只見のお酒も送ったし、そろそろ出立です。ところで……

523063698 (480x640).jpg
IMG_6864 (640x480).jpg
IMG_6865 (640x480).jpg
お留守番の猫マスターがこんな可愛い写真を送ってきますが

DSC_0146 (640x359).jpg
もちろん、にゃんずにもお土産はありますよ


 さて、ご飯[レストラン]も美味しいし、お風呂[いい気分(温泉)]もよくて、リーズナブル[有料]で何の文句もない宿だったのですが、最後にとんでもないことが![がく~(落胆した顔)] 隣の部屋に泊まっていた釣り客が、私のサンダルを間違えて持って帰ってしまったらしい! どーすんだよ! 電車[電車]まであと30分[時計]切ってんだよ![あせあせ(飛び散る汗)]
 どうもよく来られているお客さんらしく、「あれ、俺このサンダル持ってきたかなあ」なんて持っていってしまって、宿の人も「そうですねえ」なんてそのまま送り出して[車(セダン)]しまったらしい。で、彼が残したサンダルがあったので、とりあえずそれを履いて帰ることに。サンダル代(概算)は、宿の方が恐縮して払ってくださいました。

DSC_0153.JPG
まあ、似たようなサンダルはあると思うけど……[もうやだ~(悲しい顔)]


IMGP8886 (640x427).jpg
えらいことでしたなー、けろけろ(カエル)
まったくです

IMGP8889 (640x427).jpg
只見09:30-小出10:43の只見線に乗ります

IMGP8893 (640x427).jpg
またねー

IMGP8898 (640x427).jpg
沿線にはやはり川が流れています

IMGP8904 (640x427).jpg
小出駅の看板は、最近噂のこの方が書いています。へー、出身者

IMGP8902.JPG
少ないなあ……

IMGP8909 (640x427).jpg
上越線に乗ります


 そのあとは、ただもう鈍行に揺られて帰りました。
 今回の青春18きっぷ使用区間は、
29日(土) 武蔵小杉⇒東京  302円
      郡山⇒只見   3,020円
30日(日) 只見⇒小出    970円
      小出⇒武蔵小杉 4,430円

 うん、大丈夫、黒字黒字。

 ところで、お土産に対するにゃんずの反応ですが……

IMGP8916 (445x640).jpg
IMGP8918 (427x640).jpg
うふふふふふ[キスマーク](マ)
早速かかったね

IMGP8919 (640x427).jpg
ぼくはあんまり……(紋)
そうですか

IMGP8923 (640x418).jpg
IMGP8928 (640x427).jpg
少なくともヤングチームは楽しんでくれているようです


 このマタタビ入りの小さな籠、只見駅で買ったのですが、販売員さんが、「東京で物産展に出すと、あっという間に売り切れちゃうんですよ」「うちの大きいにゃんこはこれが大好きで、破壊[パンチ]しちゃいます」というので、スペアをもう一つ買いました。遠慮なくバリバリ[どんっ(衝撃)]遊んでほしいものです。



nice!(13)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

青春18きっぷ2017夏の陣-GO! GO! 只見線その1 [旅行]

 青春18きっぷ夏の陣、いよいよ始動です。今回は、東北の名線・只見線[電車]を走りました。
 29日(土)出発。大人なので、郡山まではズルして新幹線[新幹線]で行きました。

IMGP8757 (640x427).jpg
郡山駅前に提灯がいっぱい

IMGP8759 (640x427).jpg
采女祭りってなんだ?


 ググってみると、割合新しいお祭りのようですね。
 郡山からは、磐越西線快速フル―ティア1号(郡山10:44-会津若松11:50)[電車]に乗ります。フル―ティアは、
IMGP8762 (640x427).jpg
こういう特別車両と

IMGP8765 (640x427).jpg
こういう普通車両があります。赤べこちゃんマークがついてます


 特別車両の方は、福島名産のフルーツを使ったスイーツ[バースデー]を提供するカフェ[喫茶店]みたいな車両になっています。ツアーとのセット券しか売らないっていうし、酒飲み[ビール]のおねえさんには用なしです。へっ。
 
 会津若松で1時間ほど時間があきました。

IMGP8768 (640x427).jpg
IMGP8769 (640x460).jpg
ここにも当然赤べこちゃん

IMGP8770 (640x427).jpg
IMGP8771 (640x427).jpg
やっぱり白虎隊。そして、「ならぬものはならぬのです……」が書いてあります


 鶴ケ城等の観光地までは駅からちょっと距離があるので、駅の周りをぶらぶら[くつ]しました。あ、なんと猫[猫]カフェ発見!!

IMGP8775 (427x640).jpg
いろんな子がいるね[黒ハート]

IMGP8776 (640x427).jpg
こ、「こづゆ」ちゃん?

 
 そしていよいよ只見線に乗り込みます。
IMGP8786 (427x640).jpg
会津川口までしか行けませんが

IMGP8787 (640x427).jpg
会津う米う米弁当(1100円)をサッポロクラシック[ビール]でいただきました


 いやあ、まさかのラインシートで、ちょいと食事[レストラン]はしづらかったけど……向かいに座ったお父さんもサッポロクラシックのロング缶[ビール]呑んでたからいいよね。
 只見線の旅は、会津若松13:07-会津川口14:56ですが、まあ大変な山の中。山間に美しい[ぴかぴか(新しい)]田園風景もたくさん見られましたが、なかなか写真[カメラ]には撮りづらい。

IMGP8796 (640x427).jpg
IMGP8798 (640x427).jpg
IMGP8799 (640x427).jpg
IMGP8800 (640x427).jpg
印象的なのは、この時期は川霧でしょうか


 なんというか、ふわーっとして本当に幻想的なのです。この線は桜や紅葉の時期はかなり混雑するようなのですが、この時期は比較的空いています。でも、この景色もいいと思うんだけど。[揺れるハート]

IMGP8813 (427x640).jpg
さあ、着いた

IMGP8821 (640x419).jpg
東北の駅百選に選ばれたという駅ですが

IMGP8823 (410x640).jpg
中にこんなうれしいことも書いてあります

IMGP8827 (640x427).jpg
1日に6本しかないんだよねえ……

IMGP8829 (427x640).jpg
ここから只見までは代行バス[バス]が出ています

IMGP8822 (640x427).jpg
駅前にあったレトロな薬店。なんか、横溝正史の世界

IMGP8833 (640x427).jpg
代行バス[バス]の経路にて。今は使われていない線路


 バス[雷]の中からは、どこがどう線路が寸断されたのかよくわかりませんが、会津川口―只見が不通になってからもう6年も経っていて、かなりの部分が草にうずもれた状態です。「つながれつながれ只見線」なんて赤で書いた大きな看板があったり、お店というお店に「只見線復旧募金箱」が置かれたりしていますが、なかなか道は険しそうだなあ。代行バス[バス]は代行バスで、案外便利なようにも見えるし。ただ、雪[雪]の季節なんかはまた違うんだろうなあ。

IMGP8836 (640x427).jpg
只見駅

IMGP8850 (640x427).jpg
駅から宿[家]までの間にあった「ふるさと館田子倉」


 只見川上流にかつて存在し、昭和34年にダムの底に沈んだ田子倉集落のかつての生活を伝える史料館でした。入館料300円[有料]はちょっと高いけど、知らなかったことがいろいろあったし、田子倉ダムを曽野綾子とか城山三郎が小説[本]にしていたことも分かったので、まあいいか。

IMGP8840 (640x427).jpg
宿の部屋。今回は割とちゃんとしたところだからね

IMGP8842 (640x427).jpg
窓からは緑の田園風景が


 ご近所をお散歩して[くつ]ビール[ビール]を仕入れ、一風呂[いい気分(温泉)]浴びて、7時[時計]からはお待ちかねの晩ご飯[レストラン]です。

IMGP8852 (640x427).jpg
コースターがこんなでした

Image1501321636507 (640x333).jpg
IMGP8853 (427x640).jpg
やっぱり日本酒は頼むよねえ

IMGP8856 (640x427).jpg
すきやきにも只見トマトが入ってます

IMGP8855 (640x427).jpg
イワナの塩焼き

IMGP8858 (640x427).jpg
馬刺し! やっぱり、坂下のかなあ

DSC_0148 (613x345).jpg
これも特産。塩蕨とか売ってるんだよね

Image1501323303535 (640x489) (2).jpg
ご飯は、おこわでした

IMGP8859 (640x427).jpg
デザートはメロン[るんるん]


 美味しくって、ペロッと食べてしまいました。おこわもお代わりして。お酒も期待を裏切らない味だし。やっぱり福島って、美味しいものがたくさんあるなあ。

 翌日に続きます。



nice!(11)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

三度目の田代島ーその1 [旅行]

 おねえさんの殺人的な忙しさ[ダッシュ(走り出すさま)]も一段落、また、猫マスターの長い有休消化もそろそろ終了というわけで、金曜日の代休を利用して、しゅるっと田代島[リゾート]に行ってきました。
 結構な早起きをして、東京仙台⇒石巻へ。新幹線[新幹線]⇒仙石快速ライン[電車]だと早いもんです。

IMGP8263 (640x427).jpg
やってきたきた、石巻!

IMGP8264 (640x427).jpg
船乗り場にある看板

IMGP8265 (640x427).jpg
この子[猫]のためです

IMGP8266 (640x427).jpg
切符販売機の上にあったレゴ猫[揺れるハート]

IMGP8267 (640x427).jpg
行きは、12時発のマーメイド号

IMGP8275 (640x427).jpg
1時間ほどで田代島に着きます


 海は比較的穏やかでしたが、酔って席でぐったり[バッド(下向き矢印)]している若い女の子2人が気の毒でした。田代島の先の網地島にBBQに行くらしいご一家(旦那さんは日本人、ロシア人らしいスタイル抜群の奥さんとそのお母さん、かわいいハーフの子供たち、お友達らしい日本人女性二人)が一緒に乗っていたのですが、波しぶき[あせあせ(飛び散る汗)]の上がるデッキにずーっと出っぱなし。金髪を潮風になびかせて、船酔いなんてなんのその。こっちは元気過ぎてビビります。[たらーっ(汗)]

IMGP8276 (640x427).jpg
第一島猫発見!

IMGP8281 (427x640).jpg
IMGP8283 (640x427).jpg
船の待合所に猫のお家[家]がありました。この子[猫]が家主かな


 宿[家]は以前もお邪魔した大泊のはま屋を予約しました。田代島には大泊と仁斗田という二カ所の港[船]がありますが、今大泊の港の方は護岸工事をしていて停泊できないので、仁斗田の港から山越えをしていかなければなりません。幸い、宿のおかあさんが軽トラ[車(RV)]で荷物[ふくろ]を持っていってくれたので、カメラ[カメラ]とお財布[有料]だけの身軽な格好で歩く[くつ]ことができました。

IMGP8287 (427x640).jpg
上る途中で出会った猫[猫]ちゃん

IMGP8293 (640x427).jpg
猫マスターに遊んでもらって

IMGP8300 (640x427).jpg
ありがとう([猫]
どういたしまして

IMGP8302 (640x427).jpg
島には竹藪もたくさんあります

IMGP8303 (640x427).jpg
ユリ[かわいい]が咲くのはこれからか

IMGP8307 (427x640).jpg
まずは猫神社を参拝

IMGP8310 (640x427).jpg
IMGP8304 (640x427).jpg
お当番の猫ちゃん


 猫神社の近辺は特に民家[家]があるわけじゃないのに、いつ行っても必ず1匹は猫ちゃんがいる。お当番制かなあと思うのですが。さらに歩いていくと、

IMGP8314 (640x427).jpg
また猫が落ちている

IMGP8317 (640x427).jpg
いい子だね[黒ハート]

IMGP8319 (427x640).jpg
山の上にある廃校になった小学校

IMGP8320 (640x427).jpg
島の駅として営業しています

IMGP8322 (640x427).jpg
生ビール[ビール]にありつきましたが、それ以上に美味しかったのが

IMGP8323 (640x427).jpg
おにぎり![わーい(嬉しい顔)]

IMGP8324 (640x427).jpg
塩うにたっぷりなのが何とも贅沢です[ぴかぴか(新しい)]

IMGP8335 (640x427).jpg
外に出たら、にゃんこ[猫][猫]が喧嘩していました[パンチ]

IMGP8348 (640x427).jpg

IMGP8349 (640x427).jpg
島に生えていたジャスミン?かなあ

IMGP8350 (640x427).jpg
IMGP8352 (640x427).jpg
IMGP8359 (427x640).jpg
島にたった一軒の雑貨[家]は、閉店していました


 石巻の船乗り場[船]に、昨年この島に移住した漫画家さんの漫画[本]が置いてあり、ちらっと読んで面白かったので、即amazonで注文してしまいました。その後ちゃんと読んで、島の事情がいろいろわかりました。この島唯一の雑貨屋・阿部ツ商店[家]は、島に来るたびに前を通っていた[くつ]のですが、一度も開いているのを見たことがない。不定期に開いていたようですが、店主のおばあさんがもう90近いというということで、いよいよ閉めてしまったようです。

IMGP8362 (640x427).jpg
IMGP8361 (640x427).jpg
IMGP8368 (640x427).jpg
仁斗田近くの民家で

IMGP8369 (640x427).jpg
IMGP8376 (427x640).jpg
よく馴れているね

IMGP8387 (640x427).jpg
島の史跡は、朽ちるに任せられている……

IMGP8393 (640x427).jpg
かなり高いところのマンガアイランドまでたどり着きました

IMGP8395 (640x427).jpg

IMGP8397 (640x427).jpg
IMGP8398 (640x427).jpg
IMGP8401 (640x427).jpg
ここは涼しいので猫[猫]がいっぱいいます


 移住者の人がキャンプサイトの管理をしているようです(漫画による知識)。猫たちは、ご飯ももらっているので集まるんでしょうね。

IMGP8405 (640x427).jpg
海が一望できます

IMGP8408 (640x427).jpg

IMGP8409 (640x427).jpg
ちばてつや先生のロッジには段平猫?

IMGP8407 (640x427).jpg
これは志賀公江先生のロッジかな


 このロッジ、どんな人が利用するのかと思ったら、けっこう外国の人が多いらしい。へー、そうなんだ(漫画による知識)。

IMGP8415 (640x427).jpg
外国にも猫好きはたくさんいるんだねえ
 
IMGP8419 (640x427).jpg
IMGP8420 (640x427).jpg
その後も道々こんな子[猫]と出会って遊びながら宿[家]に向かいます[足]

IMGP8427 (640x427).jpg
でっかいクツワムシみたいのもいた

IMGP8428 (640x427).jpg
過疎化・高齢化の進む島で、こんな朽ちていく廃屋も多い……

IMGP8443 (640x427).jpg
宿の玄関には必ず猫がいます


 えらく長くなったので、次に続きます。



nice!(11)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

羨ましい旅終了 [旅行]

 猫マスター、二日目はしまなみ海道を渡って今治に泊まりました。

IMG_6531 (640x480).jpg
海は目の前![目] となれば……

IMG_6532 (640x480).jpg
うわー!
IMG_6533 (640x479).jpg
おいしそうだよー!!

519021121 (480x640).jpg
じゃこ天もうまそうだし

IMG_6518 (479x640).jpg
IMG_6519 (480x640).jpg
こんな子[猫]にも出会えたようです

IMGP8075 (640x427).jpg
今治のタオル美術館でお土産を買ってきてくれました。ミィ、かわいい[黒ハート]


 猫マスターとしては珍しい一人旅でしたが、車[車(セダン)]の運転を堪能したようです。よかった、よかった。
 その間、おねえさんは仕事が大忙し[ダッシュ(走り出すさま)]でした。うう、まだまだあと半月は忙しいなあ、しかも加速度的に……[たらーっ(汗)]

IMGP8052 (640x427).jpg
ボール持ってきた(マ)

IMGP8053 (640x427).jpg
遊んで!(マ)


 うう、癒される……マーちゃん、ありがとね[わーい(嬉しい顔)]。おかげでおねえさん、まだ頑張れます。


nice!(13)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

羨ましい、旅 [旅行]

 週末は、土曜日は大学格闘技部の宴会[ビール]がありました。本来は、新人歓迎コンパのはずが……4人も入ったのに、全員取り逃がした[ダッシュ(走り出すさま)]という体たらく。けっこうかわいい女の子[キスマーク]がたくさんそろっていながら、なんというザマか! まあ、学生にしては珍しく一次会で美味しいお店を取ってくれていたけど、そういう問題ではありません。ったくよー。[ふらふら]美味い酒だが、美味くない。まあ、まだ希望を捨ててはいけないんだけどさ。[パンチ]

IMGP8038 (640x427).jpg
というわけで、翌日はふて寝です[眠い(睡眠)]

IMGP8034 (640x427).jpg
IMGP8035 (640x427).jpg
IMGP8040 (640x427).jpg
IMGP8019 (640x427).jpg
IMGP8020 (640x427).jpg
ゴーヤの雄花が咲き

IMGP8017 (640x427).jpg
いただきものの朝顔もだいぶ芽吹いてきました

IMGP8044 (640x427).jpg
そんな中……
お出かけですか(紋) れーれれーのれー[るんるん](ラ)


 有休消化中の猫マスター、せっかくなのでお出かけです。車[車(セダン)]をたくさん運転したいらしい。月曜朝から出発して、今日は遥か伊根でお泊りです。舟屋で有名な伊根、おねえさんも昔行ったことはありますが……

IMG_6495.jpg
IMG_6496.jpg
IMG_6498.jpg
岩ガキのしゃぶしゃぶですって! いいわねえ


 おねえさんは7月頭まではどうにもこうにも忙しく[ダッシュ(走り出すさま)]てしようがないのです[もうやだ~(悲しい顔)]……ま、猫マスターは得難い機会だもんな。好きな車[車(セダン)]の運転をして、美味しいものでも食べて、せいぜいのんびりして次のお仕事に備えるがよい。

[カメラ] おまけ [カメラ]


KIMG0006.JPG
仙台弁こけし


 週末、弟は帰省して、仙台で行われていた東北絆祭を楽しんできたようです。このキャラ、名前通りすごく訛っているそうな……[たらーっ(汗)]

nice!(16)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理