So-net無料ブログ作成

なんでだ? [本]

 真梨幸子『鸚鵡楼の惨劇』読了。

鸚鵡楼の惨劇.jpg

 なんだこりゃ。確か、前読んだやつは結構面白かったんだと思うけれども、こんな雑な小説じゃなかったと思うし。それにまた黒木瞳があとがきなんか書いて、本当に面白いと思ってるのかなあ。

 井上都『ごはんの時間ーー井上ひさしがいた風景』読了。

ごはんの時間.jpg
 
 父・井上ひさしと最後は断絶してしまった長女の書いた、食と父との思い出を描いたエッセイ。おいしそうなものがたくさん出ているはずなのに、ちっとも食欲がわいてこないのは、和解しないままに父を亡くしてしまった作者の苦い思いや、夫に先立たれ、息子の腎臓に障害があるという苦労ばかりが伝わってきてしまうからかな。なんか、心休まらない。

 桂歌丸『座布団一枚! 桂歌丸のわが落語人生』読了。

座布団一枚!.jpg

 真金町の女郎屋の坊ちゃんが、落語協会の会長になって、『笑点』の司会者になって……と、なんだかもとの圓楽や小圓遊なんかも出てきて、むやみやたらと懐かしい。三好演芸場もにぎわい寄席も行っていないのはちょっと肩身が狭いので、行かなくちゃ、行かなくちゃ。もう、この歳になったら役者買い位許されるよな、うん。

 浅田次郎『五郎治殿御始末』読了。

五郎治殿御始末.jpg

 幕末という、案外近い時代の人たちが西洋やいろいろなものと折り合いをつけていくための苦労がしのばれる短編集。映画化された作品もあるのは知らなかったな。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

現実と非現実 [本]

 川上弘美『これでよろしくて?』読了。

これでよろしくて?.jpg

 結婚生活のなかで、何かかにかよくわからないけど積み重なっていく滓のようなものをみな、どう解消しているのか……こういう同好会があったら、楽しいなあ。なかなか現実はこうはいかないけれども。特に、みんないそうでいないキャラ。


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

大阪の街 [本]

 岸政彦『ビニール傘』読了。

ビニール傘.jpg

 作家自身は社会学者の人。芥川賞ノミネート作品で、挿絵のように出てくる写真と相まって、大阪の時間を切り取ったような作品。一緒に収録の『背中の月』のほうがよかったかな。


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:

こっちはやっぱり怖い [本]

 田中康弘『山怪 弐 山人の語る不思議な話続編』読了。

山怪弐.jpg

 似たような話は多いけれども、やっぱり聞き書きという点で、なんか怖いんだよなあ。キツネやタヌキに化かされるのも、そうめんの代わりにミミズなんか食わされた日にはシャレにならん。なんかとにかく「悪いモノ」が近づいてきたりというのも怖いしー。切っちゃいけない木、殺せない獣など、壱にはない系統もけっこうあった。

 佐野洋子著・北村裕花絵『ヨーコさんの言葉 わけがわからん』読了。

ヨーコさんの言葉 わけがわからん.jpg

 言葉が一つ一つ、さりげなく心に刺さるんだよなあ。このシリーズ、買っちゃおうかしら。

 工藤ノリコ『ノラネコぐんだんそらをとぶ』読了。

ノラネコぐんだんそらをとぶ.jpg

 ああ、ダメだよーと思っていたら、やっぱり勝手に操縦士しちゃった……ワンワンちゃんはいつも大変だな。この猫たちったら……!


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:

やっぱりそんなに怖くない [本]

 高橋克彦『悪魔のトリル』読了。

悪魔のトリル.jpg

 なんとなくあか抜けないホラーだけれど、まあまあ面白いんだよな。そんなに怖くないけど。衛生博覧会というのが懐かしかった。

 赤染晶子『乙女の密告』読了。

乙女の密告.jpg

 昨年42歳で亡くなった作者の芥川賞受賞作。京都外語大学ドイツ語学科(作者の出身学部)を舞台とした小説で、芥川賞らしいわからなさはあるものの、筋を読みつつ『アンネの日記』に迫れるような、迫れないような。いわゆる万城目学や森見登美彦のような京大作家ではないけれど、とぼけたような京都弁の味わいは、通じるものがあるかも。

 角田光代『坂の途中の家』読了。

坂の途中の家.jpg

 子供がいないので感情移入しづらいところもあるが、親子関係も夫婦関係も、そして配偶者の親との関係も、みな人それぞれなんだろうなあ。相手を知らず知らずに傷つけることもあれば、相手を傷つけることでしか自分のプライドを保てない人もいる。なんというか、主人公はこの後どうするんだろう。離婚かしら。




nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

世界は偶然と突然に満ちている [本]

 田中真知『たまたまザール、またコンゴ』読了。

たまたまザイール、またコンゴ.jpg

 やだなあ、サルの燻製。でも、「なあに、ただの肉ですよ」といえるように努力する作者は、やっぱり昔ながらの旅人だ。親子ほども違う昔のバックパッカーと今どきの男の子(まあ、変わりもんだが)のコンゴ川を下る旅というのが、なんとも面白かった。偶然と突然に、「まあ、そんなもんか」とすべてを許せるようになれば、本当に強いだろうなあ。でも日本のストレスって、そういうのと違うし。

 米原万里『米原万里ベストエッセイⅡ』読了。

米原万里ベストエッセイⅡ.jpg


 Ⅰから読んでもⅡから読んでもおんなじだと思って、まず目についたⅡを手に取った。やっぱり面白くて……惜しい人を亡くしたとつくづく思う。特に仕事で接したロシアの要人たちシリーズが秀逸! おしゃべりで海外のほうばかり向いているゴルビー、本当に酔っ払いのエリツィン、そして老いてから再婚した妻を心から愛するサハロフと、なんかみんなクセがすごい。


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:

重し [本]

 沼田まほかる『痺れる』読了。

痺れる.jpg

 アイディアはよいと思うけれども、なんとも読後感の良くない作品ばかりの短編集。重いというか、気色悪いというか……。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

本格だけれども [本]

 東野圭吾『回廊亭殺人事件』読了。

回廊亭殺人事件.jpg

 カッパノベルスだったのか。本格推理で、面白くないことはないけれども、部屋の間取り図がこの間読んだ『インシテミル』に似ちゃっているのでなんとなく興を殺ぐ。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

帰省で三冊 [本]

 杉浦日向子『江戸の旅人 書国漫遊』読了。

江戸の旅人 書国漫遊.jpg

 なんというか、こういうのを読むと、同じ読書好きでも随分違うなあと思ってしまったり……とても及ぶ境地ではない。たまたま読んでいたのって、藤森先生のタンポポハウスの本しかなかったり。でも、勉強になったのでいくつか図書館に予約。

 葉室麟『いのちなりけり』読了。

いのちなりけり.jpg

 純情な侍パターンだが、なんとなくあんまりおもしろく読み進めなかった。テンポがあまりよくなかったのかしら。
 
 宮下奈都『田舎の紳士服店のモデルの妻』読了。

田舎の紳士服店のモデルの妻.jpg

 30~40代専業主婦にはつらい(?)本かも。専業主婦じゃなくても、けっこうつらいけど。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

デビュー10年めの短編集 [本]

 鏑木蓮『黒い鶴』読了。

黒い鶴.jpg

 乱歩賞を取って10年という作家の短編集。京都生まれの作家の京都ミステリが、なかなかべたで面白いし、ちょっと気に入った。次も読んでみようかな。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ: