So-net無料ブログ作成

むずかしいことを、やさしく [本]

 井上綾『井上ひさしから、娘へ 57通の往復書簡』読了。

井上ひさしから、娘へ.jpg

 故・井上先生の次女と先生の生前(亡くなる直前まで)の往復書簡。それにしても、この次女の綾さんは、一体どういう人なのか。なんだか一度激しく壊れたことがあるような……。「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく、おもしろいことをまじめに……」という言葉がまた出てきたりして、なんかじんわりしみじみしてしまった。



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

いつか来る日 [本]

 中島京子『長いお別れ』読了。

長いお別れ.jpg
 
 割とさらりと軽やかに書いているけれど……相当悲惨な話。ただ、まれな話ではなくて……この家は三人姉妹で支えているけれど、一人っ子とか兄弟だけとか、まだまだたいへんな家庭はあると思うし。



nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

楽しげなエッセイ [本]

 村上春樹『ラオスにいったい何があるといいうんですか? 紀行文集』読了。

ラオスにいったい何があるというんですか?.jpg

 どんなセリフかと思ったら、ベトナム人が言った言葉だったんだな。確かに、自国に比べて、あんな田舎に何があるっていうんだい? みたいなニュアンスならまあ、うなずける。ハルキストというわけではないし、小説は嫌いではないけれどもなんか辛気臭いなあと思ったりすることもあるが、このエッセイは実に楽しそうでいいなあと思う。おいしそうなものもたくさん出てくるし、もちろんルアンプラバンの様子もいい(仕事で高級ホテルに泊まられたようではありますが)。いいよねー、川と托鉢。



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

古い事件だけど [本]

 塩田武士『罪の声』読了。

罪の声.jpg

 長編。かいじん21めんそうのあの事件をモチーフにした、という点においては、桐野夏生の短編にもあったと思うけれど、これはがんばったなあ、と思う。確かに、子供のころの自分の声が重大犯罪に使われていたとしたら……けっこうなトラウマかも。でも、桐野夏生のほうはそれをある種「自信」にしていたのがとらえ方の違い。どっちがいいとは言えないけれども、桐野夏生のほうがちょっと楽しいかなあ。



nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

猫、がんばる [本]

 レイチェル・ウェルズ『通い猫アルフィーの奇跡』読了。

通い猫アルフィーの奇跡.jpg

 またまた朝の電車でへろへろ泣いてしまった。向かいに座っていたおじいさんには気づかれたな、きっと。イギリスの借家には猫ドアがあるのだな(標準装備とは限らないけど)。アルフィーの命を懸けた頑張りは、人のためでもあり、自分のためでもある。



nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

まだまだ生きられる? [本]

 ヨナス・ヨナソン『窓から逃げた100歳老人』読了。

窓から逃げた100歳老人.jpg

 北欧の小説って侮れないんだよなあ。このばかばかしさとエンタテインメント加減。それにしても、100まで生きられれば、いろいろなことができるのかも! となんだか前向きにはなる面白さがある。


nice!(4)  コメント(2) 

いろいろあったんだね [本]

 西加奈子『うつくしい人』読了。

うつくしい人.jpg

 短編。この人の小説の中で、一番暗かったというか、驚いた。明るいように見えても、若くして大成功したように見えても、やはりこういう中二病の深刻な時期ってあるんだ……。



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

映画監督の本 [本]

 安藤モモ子『0.5ミリ』読了。

0.5ミリ.jpg

 映画は、長い映画だが、とんでもなく面白かった。もちろん主演の安藤サクラというとんでもない女優の力量によるものも大きいけれども、実際に映画を監督した安藤モモ子さんが原作も書いているというので、早速借りて読んだら、これもまた面白かった。どうしても先に見てしまった映像に引きずられるけれども、同じ人が映像化しているのだから、それはそれで間違ってはいないし。後に入っていた『クジラの葬式』も面白くて、才能あるなー、と思った。
 

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:

業界がわかって面白い [本]

 平安寿子『くうねるところすむところ』読了。

くうねるところすむところ.jpg

 この人の本は、あまりはずれがないように思う。綿密に取材しているからかなあ。
 それに、ちょうど家のリフォームなんか考えたりしていたので、この業態に興味がわいたりして。主人公の突っ走り加減が、爽快。それぞれキャラの立った登場人物たちも、目に見えるようだ。

 

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:

これも映画に…… [本]

 西加奈子『きいろいゾウ』読了。

きいろいゾウ.jpg

 とても読みごたえのある作品。前半は変わった夫婦の田舎暮らしの中で起こるいろいろな出来事、という感じだったけれど、後半は加速度的にドラマチックさを増していく。これもすでに映画化されていたんだなあ。もう、たいていの名作は映像化されているのかしら。

 イチハラヒロコ『この人ゴミを押しわけて、はやく来やがれ、王子さま。』読了。

この人ゴミを押しわけて、はやくきやがれ、王子さま..jpg

 ちょっと前の流行とはいえ、やっぱりこの人面白いなあ。特に、音が出るマシーンとのコラボと、外国のショッピングセンターのバッグにプリントした企画。こういう語感、持ってみたい。




 

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ: