So-net無料ブログ作成
検索選択

旅先で読了 [本]

 電車に乗って、すいすい読んでしまった4冊。

 ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』読了。

存在の耐えられない軽さ.jpg

 なんとなく読めないわけではないけれど、長く読んで訳が分かったわけでもない。西洋人って、性欲強いなあぐらいの印象だけれど。面白いのかどうかももう一つ理解していない。映画でも見ればわかるのか?

 雨宮まみ『女子をこじらせて』読了。

女子をこじらせて.jpg

 先日40代の若さで亡くなったAVライターの彼女。どんだけの屈託があったのか、よくわかったけれど、本人の写真を見ればなかなかの美人なんだよなあ。ただ、「美人ライター」と呼ばれることすら、ちゃんと考えれば大きな歪みになる……書いてあることは一つ一つうなずけるのだけれど、こんなに自分が「女」であることと闘わなければならないとは……。にしても、自宅で事故死って……

 村松友視『猫に学ぶ老人術』読了。
猫に学ぶ老人術.jpg

 タイトルの内容は、最初の1~2本にアブサンのエピソードがあっただけなので、タイトル通りと受け取ると、肩透かし。いろいろなところに書かれたエッセイを集めているので、どうしても内容が重複してしまう。面白くないこともないけれども……。

 吉田健一『汽車旅の酒』読了。

汽車旅の酒.jpg

 ちょっと期待したのとは違うけれど、非常に上質なエッセイ。食べたり飲んだりしている旅も、非常に上質……と思ったら、作者は吉田茂元首相の息子であり、麻生太郎のおじさまなのであった。ケンブリッジに留学した文学者……ただ、そんな人が血を吐くまで飲んでいるのは非常に好感が持てるけれど。


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

キャラに好感は持てるが [本]

 若竹七海『さよならの手口』読了。

さよならの手口.jpg

 いつも、この作者のミステリは「?」って感じで終わっていたのだが、これはなかなか読みごたえがあった。主人公のキャラ、男っ気なしの四十女探偵にも好感が持てるし、展開も面白い。ただ、結末としてはけっこう悲惨……というか、陰惨ともいえるような話なのだった。

 甲斐みのり『東海道新幹線 各駅停車の旅』読了。

東海道新幹線各駅停車の旅.jpg

 駅に特化したガイドブックとしては、まあ面白かったのだけれど、この手の本の情報はすぐに古くなってしまうので、買うには及ばないなあ。実際、借りてますが。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

人気シリーズなのに [本]

 石田衣良『池袋ウエストゲートパーク(8)ー非正規レジスタンス』読了。

非正規レジスタンス.jpg

 短編集で、今回は身近な社会問題を取り上げる形になっているのだが、そのせいか登場人物が見な非常にステレオタイプに感じてしまって……ちょっと、なあ。特に、シングルマザーのやつとか。

 あさのあつこ『夜叉桜』読了。

夜叉桜.jpg

『弥勒の月』『木練り柿』と同じシリーズ。なんというか、時代劇にもいろいろあるけれど、なんとなくこの書き方は深みがあると言えばある、まだるっこしいと言えばまだるっこしいので、なんとなくスピード感がなくて……面白くなくはないけど。

 山口恵以子『小町殺し』読了。

小町殺し.jpg

 あの松本清張賞『月下上海』の山口さんの時代小説。あさのあつこのシリーズに比べると、さばさばとスピード感があり、エンタテインメント感もずっとある。どちらが好きかは好みだけれど、読み手の体調・気分にもよるかな。登場人物はそれぞれキャラが立って魅力的。


nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ヘビーだったり [本]

 吉永南央『キッズタクシー』読了。

キッズもタクシー.jpg

 タイトルやカバーから、もうちょっと軽やかな内容かと思ったら、案外これは重かった。なんとなく時々場面転換がわかりづらいけれど……複雑なドラマで、薄い割に読みごたえがあった。私に対しては、こういうふうにカバーをラノベふうにしないところが勝因かも。でないと、手に取っても棚に戻しちゃうし。
 それにしても、案外こういうサービスってみんなやってるんだな。

 深沢潮『ひとかどの父へ』読了。

ひとかどの父へ.jpg

 この美人の作者は、たぶん話したことのあるあの人だと思う。身なりがよくて、お金持ちの奥様然とした人だったけれども……自分の出自に関わることを書き続けておられる。彼女自身は確か三世だったと思うが、世代によってさまざまな波にぶつかり、波に乗って生きる人たちの話には惹かれるところがある。


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

素人写真だけれど [本]

 町田康『膝のうえのともだち』読了。

膝のうえのともだち.jpg

 素人写真だけれど、最後の文章を読んで、22年間一緒にいたココアちゃんに対する思いを読んだだけでも価値はある。売る本か? とはちょっと思ったけれども、どの写真もうまくはないけれど、猫に対する愛情は感じるんだよなあ。

 李小牧『歌舞伎町の住人たち』読了。

歌舞伎町の住人達.jpg

 ホストクラブ愛の社長様とか元カリスマキャバ嬢立花胡桃氏とか、けっこうな有名人も含め、面白いインタビュー集。ライターがうまいのか、日本語としてのへんてこな表現もないし、非常に読みやすい。外国人でありながら、歌舞伎町にもうまくなじんだ李小牧という人は、なかなか面白い。実際会ってみたら、やばそうだけど。


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

パンクと中国 [本]

 町田康『人間小唄』読了。

人間小唄.jpg

 まあ、パンクだから……「町田康ばっかりは、よさがわからないわ」と言っていた著名編集者の方がいらしたけれど、「町田康サイコー!」と言っていた中国人留学生もいた。これは、やはり留学生侮りがたし、というべきか。

 楊逸『金魚生活』読了。

金魚生活.jpg

 外国人特有の文体の読みにくさがほんのちょっとあるけれど、それも味になっている。ああ、あるなあ、こんなの、と中国人の同僚なんかが多いと思うけれど、案外知られざる在日中国人の生活だったりして。面白いし、なんかしみじみするし、ますます円熟味を増してきた楊逸先生だと思う。
 

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

自転車の世界 [本]

 近藤史恵『スティグマータ』読了。

スティグマータ.jpg

 前に同作家の『サクリファイス』を読んだ時には、なんだかすごい世界だなーなんて感動したのだが、今回はもう一つ何が書きたいのかわからなかったのと、『サクリファイス』ほど最後のどんでん返しが利いていなかったので、若干消化不良感あり。
 

面白いのとよくわからないのと [本]

 万城目学『ザ・万歩計』読了。

ザ万歩計.jpg

 あの万城目先生のエッセイ集で、面白くないわけがないのだが、特に面白がらせてやろう、笑かそうと思っていないところがまたいいわけで……そうか、京都大学だけれども大阪人だったんだな。

 小林エリカ『マダム・キュリーと朝食を』読了。

マダムキュリーと朝食を.jpg
 
 なんというか、新しすぎて(?)全然よくわからない。文章力はあると思うし、部分部分は面白いが、全体的に何を書きたかったのか、よくわからなくて……こちらの体調が悪かったせいか? 仕事がらみで読んだが、今頃読んでも仕方がないな。

 藤原智美『暴走老人!』読了。

暴走老人!.jpg

 全体に、時代はこうなってきたという記述が多くて、なんでそれに老人が切れるのかについては、老人についていけてないから、というくらいの書き方しかしていないので、タイトルから期待した内容とはちょっと違うなあと思った。


 

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

あの海に潜る [本]

 天童荒太『ムーンナイト・ダイバー』読了。

ムーンナイトダイバー.jpg

 あの震災後の海に潜って、思い出を集めてくる……切ない話だけれど、実際のところ、非常に危険でまた、別な面でも怖い仕事だ。『悼む人』に続く、鎮魂歌ともいえるシリーズと言えそう。単なる感傷では読めない。

 沢村浩輔『夜の床屋』読了。

夜の床屋.jpg

 なんというか、最初のうちはミステリだと思うんだけれど、最後まで読むと、なんだかよくわからなくなる本格推理(?)小説ファンタジーなのか? ホラーなのか? それともやっぱりミステリなのか? 何とも不思議な読後感。
 

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

期待しすぎた? [本]

 住野よる『君の膵臓がたべたい』読了。

君の膵臓をたべたい.jpg
 
 本屋大賞的なものを取ったりして、ちょっと期待しすぎたけど、割とラノベ寄り。面白くないことはないし、感動もしないことはないし、泣けなくもない。が、ちょっとあの最後はないんじゃないかなあ。唐突で。
 

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ: