So-net無料ブログ作成

苦労を怒りに [本]

 佐藤愛子『戦いすんで日が暮れて』読了。

戦いすんで日が暮れえ.jpg

 最初に入っている何本かの短編は、すべて筆者の実体験を基にしたものということで……大変だなあ。そりゃ、怒るよ。



nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:

ミステリはちょっと [本]

 桜木紫乃『凍原 北海道警釧路方面本部刑事第一課・松崎比呂』読了。

凍原.jpg
 
 直木賞作家の最初で最後の(?)ミステリのように聞いているが、やっぱりなんか……こういうのって、北海道(樺太)あるあるなのかなあ。という疑問と、なんかやっぱり腑に落ちないことが多すぎて。寒い感じは伝わるけれども。

 久住昌之『ちゃっかり温泉』読了。

ちゃっかり温泉.jpg

 残念ながら、トップに出てくる綱島温泉(読んでみてもなかなか強烈な印象)は、すでにない。が、ほかのところはまだけっこう残っているから、どんどん攻めたい気持ちになる。それにしても、「××温泉」とつくところって、案外たくさんあるんだよね。東京の銭湯のチケットで行けるところもあるし。



nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:

暗いのと明るいのと [本]

 篠田節子『スターバト・マーテル』読了。

スターバトマーテル.jpg

 この曲はまだ聞いてないけれど、ひたすら暗い表題作よりも、後に載っていた『エメラルド・アイランド』のほうが面白かったかも。頑張った挙句ではあるが自らの不幸に愚痴の多い男と、不幸に屈することなく仕事に子育てにと人生と闘う気合十分の女。こういうのって案外多いかも。


nice!(4)  コメント(0) 

重くて長かったけど [本]

 中村文則『教団X』読了。

教団X.jpg
 
 すごく重かったし、かさばったし、700グラムほどもある本だったけど、いったい何が書きたかったのか? と思ってしまった。2年半もの連載だというけれど……うーん。自分にはちょっと難しかったのかもなあ。

 宮部みゆき『今夜は眠れない』読了。

今夜は眠れない.jpg

 ジュブナイルかなあと思って、以前借りるのをとどまってしまったような気もするが、今回はきっちり読んだ。そういう対象なのかもしれないが、大人が読むに堪える面白さ。人の心をよく描いていて、せつない部分も嫌な部分もあって……読んでよかったかな。



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

楽園の瑕 [本]

 垣根涼介『真夏の島に咲く花は』読了。

真夏の島に咲く花は.jpg

 文庫本だが500pもある長編。面白いので1日で読んだが、なるほどフィジーってこんなところなのね、と思っていいのかな。それにしても、華僑も印僑も、そもそも自分たちのせいではないのに異郷で働かされて、逆境で頑張って、それでのんきな現地人に憎まれるというのは割に合わないなあ。それにしても、外で寝ていても凍え死ぬこともなく、黙っていても食べ物は手に入るような南国で育つって、どんなもんなんだろう。北国の人間には想像もつきません。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

あの、事件 [本]

 神山典士『ペテン師と天才 佐村河内事件の全貌』読了。

ペテン師と天才 佐村河内事件の全貌.jpg

 あの、世紀の詐欺事件を追ってのレポート。なんでこんな詐欺を働こうとしたのか、驚くべき自己顕示欲。そして、「天才」の側の欲のなさ……あふれる才能! 詐欺ってそういうものだが、食い物にされかけた障がい者や被災者がかわいそうだ。

 片岡義男『歌謡曲が聴こえる』読了。

歌謡曲が聴こえる.jpg

 古すぎることもあるけれども、書き方にしても何を言いたいものか、あまり伝わらない。真面目に書いているのだと思うが、やはり何か、何も生まないというか……



nice!(7)  コメント(2) 

サクサク読めて [本]

 道尾秀介『カササギたちの四季』読了。

カササギたちの四季.jpg

 サクサク読めて、面白い短編集。なんというか、主人公の人の良さが面白くて。ただ、生臭坊主とその養子の話は、せつなくて泣けたなあ。



nice!(4)  コメント(0) 

パンドラの箱? [本]

 宮部みゆき『堪忍箱』読了。

堪忍箱.jpg

 表題作は、怖かった。が、ほのぼの、しみじみといい話もある。『お墓の下まで』『砂田新田』など、人が相手の心をいたわりあうような話がグッとくるねえ、この歳になると。

 伴美喜子『マレーシア凛凛』読了できず。

マレーシア凛凛.jpg

 大好きなマレーシアのレポートであるというのに、読みづらくて読み進めなかった。なんかなあ、横書きだし、エッセイ集みたいな構成だし……また行きたいけど、もう一つ参考にもならないかなあ。あの何か懐かしいような、のんびりした雰囲気は伝わってくるけれど。



nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

だめんずじゃないけど [本]

 高橋順子『夫・車谷長吉』読了。

夫車谷長吉.jpg

『赤目四十八瀧心中未遂』で直木賞の、故・車谷長吉の妻で、詩人・編集者の高橋順子さんの本。四十代後半の二人とも初婚というのもびっくりだけれど、それ以上に、なんだろうなあこの生活。相当変わった人なんだろうけど、とてもとても耐えられなさそう。直木賞作家だから、だめんずとは言えないけれど、これはもうちょっと……それにしても、亡くなったの、本当に最近なんだな。まるで昭和初期ぐらいの感じに思える生活……



nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:

新感覚 [本]

 パク・ミンギュ『ピンポン』読了。

ピンポン.jpg

 初めのほうだけ読んでいると、外国の小説とは思えない。というか、日本とそっくりのいじめの状況があったりして。韓国でも深刻な問題らしい。しかし、後のほうはなかなか内容がぶっ飛んでいて、もう一つ年寄りにはついていけてない。韓国文化院の読書感想文コンクールの課題図書の一つなので読んでみたが、ちょっとなあ、感想文まで書けないなあ。

 陳舜臣『クリコフの思い出』読了。

クリコフの思い出.jpg

 ミステリ短編集だが、その中にいろいろな華僑の人たちの生き方が描かれていて、興味深い。なんというか、生まれながらに(?)コスモポリタンなんだなあ。各国で苦労はあろうけれど、基本的に、華人社会は抜けられないのかもしれないが、国境はないようなもののような。



nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ: