So-net無料ブログ作成
検索選択

バブルの頃って [本]

 安西水丸『アマリリス』読了。

アマリリス.jpg

 確かにイラストレーターが書いた初の小説と言われると、うまいなーと言わざるを得ないけれども、なんというかこういう感じの小説ってバブル期にたくさんあったような……片岡某とは全然違うけど。

 岩崎育夫『入門東南アジア近現代史』読了。

入門 東南アジア近現代史.jpg

 仕事の参考として読んだけれど、面白かった。が、ASEANがいかにゆるいつながりかがわかってしまうと、50周年記念と言っても、何か色があせるような。

 芦沢央『罪の余白』読了。

罪の余白.jpg

 デビュー作としては、すごい傑作だと思う。ただ、女子高生がこんな行動を取れるかなあという疑問は残る。それとも、今どきの、都会の子はこのくらい大胆かなあ。

 柚木麻子『嘆きの美女』読了。

嘆きの美女.jpg

 相変わらずの痛快さ、爽快さ。美人もブスも、心に闇を抱えるのはおんなじ。それにしても、これもドラマ化されていたのね。で、黒沢かずこさんの後書きか。なかなかよかった。



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: