So-net無料ブログ作成
検索選択

青春18きっぷ2017春の陣-ラストは [旅行]

 さて、青春18きっぷ春は4月10日まで。この土日は、可哀そうな猫マスターが両方出勤[もうやだ~(悲しい顔)]だったので、その隙に、最後の1日分を使いきりに行きました。片道[電車]2,268円、往復[電車][ポケットベル]で4,536円だから、ばっちりだな。どこへ行ったかというと……

IMGP6980 (640x427).jpg
ヒントその1

IMGP7058 (640x427).jpg
ヒントその2
 
IMGP7056 (427x640).jpg
ヒントその3。もうお分かりでしょうが

IMGP7055 (427x640).jpg
水戸芸術館です


 開催中の「藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察」が見たかったのです。

IMGP6985 (640x427).jpg
IMGP6987 (640x427).jpg
多治見のモザイクタイルミュージアムから来た車かな?

IMGP6990 (640x427).jpg
みっちり[ぴかぴか(新しい)]

IMGP7003 (640x427).jpg
IMGP7004 (427x640).jpg
IMGP7007 (640x427).jpg
IMGP7013 (640x427).jpg
IMGP7016 (640x427).jpg
IMGP7018 (427x640).jpg
IMGP7019 (640x427).jpg
近江八幡のラ・コリーナ、行きたいなあ

IMGP7022 (427x640).jpg
IMGP7024 (427x640).jpg
IMGP7027 (427x640).jpg
IMGP7033 (427x640).jpg
IMGP7035 (427x640).jpg
いろいろな建築手法の紹介

IMGP7037 (640x427).jpg
IMGP7045 (640x427).jpg
IMGP7041 (640x427).jpg
IMGP7043 (640x427).jpg
お茶室の建築がけっこう多いね

IMGP7051 (640x427).jpg
水戸芸術館、何度か来ていますが、こんな噴水(?)あったんだ


 いつもなら偕楽園も寄ったりするのですが、ちょっと季節が中途半端なので、今回はそのまま帰りました。けっこう遠いし……[電車]
 模型スケッチ家具など(実際、椅子は腰かけることができます)で構成され、なかなか見ごたえ[目]がありましたが、やっぱり、建築物は自分で行ってみなくちゃね[ポケットベル]
 藤森先生の建築物、割合よく見ているつもりですが、まだまだ行きたいところが出てきました。特にこの近江八幡は外せないなあ。

IMGP7060 (640x427).jpg
今回も使い切ったどー!([カメラ]ボケちゃった……)



なんかめっちゃ怖い [本]

 佐野洋子『役にたたない日々』読了。

役にたたない日々.jpg

 66歳から69歳の間に(?)書かれたエッセイ。痛快な毒舌。ボケることにおびえながらも、頭はしっかりと覚醒している。この歳になったら、もう好きなこと言って、できる限り好きなことやって、日々精いっぱい生きていていいんだなあと思う。すがすがしい。

 田中康弘『山怪 山人が語る不思議な話』読了。

山怪.jpg

 水戸に行く鈍行列車の中で読了。真昼間の列車の中だからいいようなものの、ところどころ涙目になるくらい怖かった。山に入るときは、絶対タバコとにんにく、それに唐辛子かなんか持って入ろう。キツネもタヌキも化かしにくるし、それよりも何よりも、何とも説明のつかない怖いものがたくさんやってきそうだ!! こわいいいい。

 金原ひとみ『持たざる者』読了。

持たざる者.jpg

『蛇にピアス』の鮮烈な印象(というか、何だこの若い娘はという異様な雰囲気)とはかなり違った印象だけれど、これはトーホグ人が読んだら、まずブチ切れる。パリに移住するのは勝手だし、小説として面白くないこともないけれど、連作短編の最初の部分は、何とかならんのか。どちらにしてもあまり共感はできない作品。


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: