So-net無料ブログ作成
検索選択

料理を作ることで [本]

 桂望実『僕とおじさんの朝ごはん』読了。

僕とおじさんの朝ごはん.jpg

 あまりにも何に対しても淡白で会った、しかし料理人である主人公が、いろいろな人たちや子供とのかかわりの中で、何か変わっていくことを淡々とした筆致で描いていて、私は好きだと思ったけれど。ケータリングの仕事って、こんな感じなのか。プロの料理人って、規模のある会でも一人で仕切ることが可能なのだなあ、と改めて感心したりもして。


タグ:桂望実
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

半纏シーズン到来 [猫]

 急激に寒く[雪]なったので、猫マスターはすでに半纏を出してきて時折着ています。暑がり[あせあせ(飛び散る汗)]のおねえさんは、まだまだですが。

IMGP5439 (640x438).jpg
ん? なんだ?

IMGP5453 (640x427).jpg
なに? これ[目](紋)
リスの子かな?

IMGP5444 (640x427).jpg
あたち、あたち(マ) なーにやってんだか(ポ)

IMGP5465 (640x427).jpg
ふふ、ぽかぽかでち[わーい(嬉しい顔)](マ)

IMGP5468 (640x427).jpg
ぷは!(マ)

IMGP5470 (640x427).jpg
あれ? よく見るとポン姐さんも……

IMGP5474 (427x640).jpg
だーって、温かい[いい気分(温泉)]んだもの(ポ) ほら、いいでしょ?(マ)

IMGP5476 (640x427).jpg
じゃあ、ぼくも着てみようかな(紋)

IMGP5478 (640x427).jpg
あ、でもぼくはおねえさんの[ブティック]がいいな(紋)
そうか……じゃ、おねえさんのも今度出そうね


 昨夜から今朝にかけてはだいぶ冷え込んだ[雪]ので、猫が続々と布団に入ってきました。この季節になると、ふくふく[モバQ]したものが恋しくなるよね。


nice!(16)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

やはり若いものがいないと [本]

 木下斉・広瀬郁『まちづくり:デッドライン 生きる場所を守り抜くための教科書』読了。

まちづくり:デッドライン.jpg

 このなかで語られている街の再生手法は、遊休不動産の活用が主体。がっぱし大きな面の開発というよりは、点の塊を少しずつ広げていくような手法とでも言おうか。
『地方消滅』で読んだような、子供を産み育てる世代が流入しない、住みつかないという状況を、それで改善できるのか……今はやりのリノベーションによる行政に寄らない小規模な再開発が、どのくらい成功しているのか。紹介されている例をどれもちゃんと見たことがないので、もう一つよくわからないなー。


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

小旅行-温泉と紅葉と美術館と……南会津その2 [旅行]

IMGP5329 (640x427).jpg
朝食も美味しかった
 

 おかずが美味しくて、本当はご飯が進んで仕方がなかったのですが、ぐっと我慢して出発[車(セダン)]です。

IMGP5330 (640x427).jpg
また来てくださいね([犬]
駐車場近くにかわいい[黒ハート]わんこがいました


 まずは、湯野上温泉郷からほど近い名所、「塔のへつり」へ。百万年もかけて川が岩を侵食していった不思議な景色が見られます。

IMGP5337 (640x427).jpg
IMGP5336 (640x427).jpg
IMGP5343 (427x640).jpg
つり橋がかかっています。高くはないけど……揺れる!


 どこかの家族が揺れる吊り橋の上でバカガキを走る[ダッシュ(走り出すさま)]に任せていたので血管[むかっ(怒り)]が切れそうになりましたが、ぐっと我慢してやり過ごします。

IMGP5344 (640x427).jpg
橋のたもとのお店。マムシ酒を作るらしい

IMGP5345 (427x640).jpg
「安心してください。生きてます!」というコピーに笑った[わーい(嬉しい顔)]

IMGP5346 (640x427).jpg
それぞれ名前があるんだなあ


 次は、古い宿場町の街並みを残す大内宿へ。ここもずっと来たかったのです。

IMGP5386 (640x427).jpg
マップ

IMGP5362 (640x427).jpg
小高いところに上がらないと全貌が見えません

IMGP5380 (640x427).jpg
茅葺屋根が多いですが

IMGP5361 (640x427).jpg
これはちょっと旅籠風

IMGP5369 (640x427).jpg
阿部家の軒に下がっていたのは

IMGP5370 (640x427).jpg
ハチの住んでいるものらしい

IMGP5359 (640x427).jpg
IMGP5373 (640x427).jpg
さて、朝ごはん[レストラン]をセーブしたので

IMGP5374 (640x427).jpg
ここの名物「ねぎそば」を食べます

IMGP5376 (640x427).jpg
お箸の代わりにねぎ一本でぞぞぞーっと食べます

IMGP5377 (640x427).jpg
ねぎは薬味だから齧りつつ食べます。完食!


 すでに新そばを使っているようなのですが、とてもしっかりしたおそばで、このお椀にかなりガッツリ入っています。前日のおそばもそうだったのですが、こちらのおそばはとても腹持ちがよいです。香りがよくてとても美味しかったし、生ねぎをガリガリしながら食べるというのも新鮮だな。

IMGP5385 (640x427).jpg
山に囲まれていますが、とてもいいところでした


 そのあとは、一軒立ち寄り湯[かわいい]。湯野上温泉郷[いい気分(温泉)]からさらにまた進んで、甲子温泉[いい気分(温泉)]というところまで行きました。旅館ですが日帰り湯もやっている「五峰荘」というところで、お湯をつかわせていただきます(800円[有料])。ラッキーなことに、ちょうどお掃除が終わったばかりの時間だったのか、男女とも貸し切り状態[わーい(嬉しい顔)]

IMGP5392 (640x427).jpg
IMGP5394 (640x427).jpg
露天風呂[いい気分(温泉)]が気持ちよかった!


 ここもお湯は熱めですが、外の山の空気が冷たいので、ちょうどよい。中にはジャグジーもあって、いろいろ楽しめました。

IMGP5407 (640x427).jpg
近くの「座頭ころばし展望台」という物騒な名前の展望台からの眺め

IMGP5406 (427x640).jpg
人の私もそう思います


 空気がきれいだし、何とも雄大な眺めで、とてもとても私の写真[カメラ]などでは表現できません。
 この後、郡山まで戻って車[車(セダン)]を返し、新幹線[新幹線]で帰りました。

IMGP5420 (427x640).jpg
レオン君、ちょっと持ってて


 諸橋近代美術館のチケットと、ミュージアムショップで買ったアリうじゃうじゃハンカチです。本当は、アリの絵のついた小皿(醤油皿くらい)がほしかったのですが、猫マスターに強く反対されて実現せず[ふらふら]。いいじゃんねえ。


nice!(15)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

小旅行-温泉と紅葉と美術館と……南会津その1 [旅行]

 金曜日はおねえさん、この間連休ど真ん中に出社した代休。この日は猫マスターもお休みを取って、「秋はいっぺん紅葉狩りでも行ったみたいねえ」というわけで企画したドライブ[車(セダン)]旅行に出かけました。

IMGP5226 (640x427).jpg
ここまでは新幹線[新幹線]で行って、駅前でレンタカー[車(セダン)]を借りました


 朝、本当はもっと早起きをして軽く家で朝食[レストラン]をとる予定だったのですが、おねえさんの携帯電話[携帯電話]が壊れかけていてアラーム[雷]に失敗し、表示時間[時計]も狂うという大惨事で、約1時間遅れてしまいました。それでも、郡山に10時過ぎには着けたのですが。
 そんなんで、新幹線[新幹線]の中で食べたサンドイッチでは足りず、腹を減らして走っていると……

IMGP5228 (640x427).jpg
おそばやさんだー![わーい(嬉しい顔)]

IMGP5229 (640x427).jpg
おススメの天ざる(1300円)


 田んぼの真ん中に突然あったお店なのですが、おそばもおいしいし、天ぷらも野菜の味が濃くておいしかった! やっぱりこの辺はそばどころなだけはあるなーと感心しながら、また出発。

IMGP5231 (640x427).jpg
色づく山々に向かって走っていると……

IMGP5238 (640x427).jpg
突如現れる古城!

IMGP5241 (640x427).jpg
敷地内には清冽な小川が流れています

IMGP5247 (640x415).jpg
第一の目的地は、ここ

IMGP5244 (640x427).jpg
写真[カメラ]が撮れるのは入口まで


 諸橋近代美術館、ダリのコレクションがすごいという話を聞いて、ずっと行きたいなーと思っていました。が、大変に不便なところで電車[電車]とバス[バス]の乗継だけではどうにも心もとない……というわけで、猫マスターに車[車(セダン)]を出してもらったわけです。
 いやー、面白かった[わーい(嬉しい顔)]。それにしても、私設美術館でこんなコレクション持ってて、こんなすごい建物って……驚くばかりです。次またいつ行けるかわからないけど、行ってよかったー[るんるん]

IMGP5249 (640x427).jpg
次は、五色沼のうちの毘沙門沼に行ってみました


 五色沼、たぶん小学生とか中学生とかで遠足で来てると思うけど、さすがに覚えてないし。毘沙門沼は、五色湖沼群(毘沙門沼、赤沼、みどろ沼、青沼、瑠璃沼、柳沼、弁天沼)では最大の沼です。

IMGP5261 (640x400).jpg
ボートなら任せろ、と猫マスター。えいほー

IMGP5255 (640x427).jpg
IMGP5270 (640x427).jpg
IMGP5273 (640x427).jpg
IMGP5274 (640x427).jpg
紅葉も赤い実も大変きれいでした

IMGP5277 (427x640).jpg
裏磐梯を眺めながら山を下っていくと……

IMGP5286 (640x427).jpg
おおお!

IMGP5288 (640x427).jpg
栄川酒造。とても立派です


 すっごく高い[有料]お酒を試飲させていただいて、まあおうちで飲めるような値段のお酒を買ってきました。当然、運転しないおねえさんが試飲ですが、涙目[もうやだ~(悲しい顔)]の猫マスターに蔵のおじさんが「甘酒でも飲みますか?」と声をかけてくださいました。やさしい(結局、開けてある瓶がなかったので遠慮しちゃいましたが)。
 その後、会津若松の街に入り、猫マスターが1年越しくらいで行きたいなーと思っていたお店[家]に入りました。

IMGP5295 (640x427).jpg
古いお店です

IMGP5293 (640x427).jpg
味噌田楽セット800円

IMGP5292 (428x640).jpg
手塚先生もいらしたのですね


 なんでも、[TV]「吉田類の居酒屋放浪記」の会津編に出てきたという。そうすると、前回の会津行きの時と合わせて、その回に出てきたお店には全部行ったことになるんじゃないかな[手(チョキ)]。田楽、厚揚げ×2、餅×2、ニシン×1、里芋×1でした。素朴な味で美味しい。ニシンの田楽なんて初めて食べたなあ。ニシンの山椒漬けは、会津の名物ではありますが。

IMGP5297 (640x427).jpg
店の近くにあった石仏


 そこからは宿のある湯野上温泉郷[いい気分(温泉)]を目指します。会津鉄道[電車]沿いに、芦ノ牧温泉を抜けてさらに先に進みます。

IMGP5320 (640x427).jpg
民宿「にしき屋」

IMGP5322 (640x427).jpg
蔵もある


 このあたりは、こういうもともとは茅葺だった大きな古民家[家]をトタンに葺きなおしたおうちがたくさんあります。民宿だったり、普通に住んでいたり。

IMGP5328 (640x427).jpg
いらっしゃい([猫]


IMGP5309 (640x427).jpg
IMGP5311 (640x427).jpg
お風呂[いい気分(温泉)]は石風呂とヒノキ風呂

IMGP5313 (427x640).jpg
お湯は熱め[どんっ(衝撃)]。私は好きですが、入れない人もいるかもなあ

IMGP5299 (640x427).jpg
18時半からはお待ちかねのお夕飯[レストラン]。徹底的に郷土料理

IMGP5300 (640x427).jpg
馬刺しは普通のと炙り。辛みそで食べます

IMGP5304 (640x427).jpg
こづゆ

IMGP5306 (640x427).jpg
頭からバリバリいける鮎は子持ちでした

IMGP5307 (640x427).jpg
ぼけたほうが、しんごろう(おはぎみたい)に荏胡麻味噌を塗ったもの


 お料理に地酒1合がついたコースを頼んだのですが、お酒はメニューの中から選べます。

IMGP5302 (427x640).jpg
選んだのはこれと

IMGP5301 (427x640).jpg
これ

IMGP5303 (640x427).jpg
ちゃんと酒器を分けてくれました


 この「写楽」が何ともおいしくて、もう1合おかわりしちゃいました[るんるん]
 お料理[レストラン]もおいしいし、民宿なのにお布団の上げ下ろしはしてくれるし、これで一人1万円[有料]を切るのはうれしい[わーい(嬉しい顔)]限りです。お料理は、量も十分だし、なにしろ旅館のお料理にありがちなどうでもいい天ぷらやお刺身が一切ついていないのに、お腹がいっぱいになるのがすごい。徹底して地のもので勝負してくれています。
 部屋で飲みなおせるお酒もあったのですが、お腹もパンパンで、結局開けずに寝てしまいました。

 つづく。


nice!(14)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

かめむし [猫]

 会社から帰ってきて、一日中干しておいた洗濯物を急いで取り込み、たたんでいると……何か、落ちました。

IMGP5202 (640x427).jpg
あ、カメムシだ!

IMGP5200 (640x427).jpg
わくわく[わーい(嬉しい顔)](マ) んーと、なんだっけ、これ(レ)
レオン君は知ってるよね、それ[たらーっ(汗)]

IMGP5205 (640x427).jpg
……ん?(マ)

IMGP5206 (640x427).jpg
く、くちゃいわ! これ!(マ)

IMGP5208 (640x427).jpg
臭い虫、キライ!(マ) あ、そうか。これ、臭いやつだ[あせあせ(飛び散る汗)](レ)
マーリィは初めてだったんだね[わーい(嬉しい顔)]

IMGP5212 (427x640).jpg
……(マ) ……(レ)

IMGP5215 (427x640).jpg
……レオン兄ちゃん、やっつけて(マ)

IMGP5213 (427x640).jpg
こてんぱんにしてほしいでち(マ) う、後ろに回り込むとは卑怯な!(レ)

IMGP5210 (640x427).jpg
……[たらーっ(汗)](レ)

IMGP5217 (640x427).jpg
あーもう、わかったわかった! おねえさんが追い出すから![ふらふら]


 最初のうちは叩いたり[パンチ]していた二人ですが、やがてその恐ろしさ[がく~(落胆した顔)]に気づいたのでしょう。だんだんと遠巻きになって、おねえさんに「なんとかしてほしい」[目]と無言の訴え。仕方ないので、おねえさんが自らチリ紙でつまんでバルコニーから外に逃がしました[ふらふら]。それにしてもカメムシ、最強だなあ。


nice!(13)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

病院から帰って [猫]

 紋次郎の口内炎があまりにも痛そう[もうやだ~(悲しい顔)]なので、おねえさんは午前中お休みを取って、紋次郎をお医者[病院]さんに連れていきました。
 お医者様は、紋次郎のお口の中を見て、「うーん、抜歯をした方が本当はいいかもしれないけど、やるとなると手術だし、準備も大変だからねえ」と、まずはお注射と液状の薬で様子を見ましょうということになりました。錠剤は呑むのが難しいけど、シロップ状のお薬をお口にシリンジでチュッとやるだけなら何とかなるかも。一応、錠剤をのませるための器具も安かったので買ってみましたが。

DSC_2154.JPG
お薬と器具

DSC_2157.JPG
ああ、気疲れした[たらーっ(汗)](紋)
先生も看護師さんも、とっても優しいのにね

DSC_2161.JPG
みんな、おやつにする?
紋次兄ちゃんが食べられないと可哀そうだから、いらないでち(マ)

IMGP5194 (640x427).jpg
なんて言うけど、ちゅーるを出したら、みんな喜んで食べたよ[るんるん]


 紋次郎は大きいのでキャリーから引っ張り出す[ダッシュ(走り出すさま)]のは大変ですが、出るとちゃんとおとなしくしているいい子なのです[わーい(嬉しい顔)]。「帰っていいよー」といわれたときのキャリーに戻るダッシュは稲妻[雷]のようですが。
 なかなか完治はしない口内炎ですが、抜歯の前に、もう少し投薬治療を続けてみようと思います。

IMGP5224 (640x537).jpg
今日飲んだビール[ビール]。うまいよ、これ


 最近、コンビニのビールは実に充実していますねー。


nice!(11)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

このネタで、なぜ [本]

 福田和代『星星の火』読了。

星星の火.jpg

 在日中国人の世界と、それにかかわる警察の通訳官……なんか面白いネタだし、たぶん作者はとてもまじめな人で、山下清海先生の本なんかもたくさん読んで勉強して書いているのに……何で面白くならないのか。人物の掘り下げ? なんだか煮え切らなくて……意外な人物によるどんでん返しも、「えー? この人にしたのー?」って感じ。星星之火可以燎原だけは勉強になったけど。神田の燎原書店ってまだあるのかなあ。


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

籠人気 [猫]

IMGP5156 (640x427).jpg
ふうーん(紋)
あ、紋次郎が籠に!

IMGP5158 (640x427).jpg
なかなか、いいもんですねえ[るんるん](紋)
温かい[いい気分(温泉)]でしょ。でも、小さすぎない?

IMGP5159 (640x427).jpg
いや、ぴったりですよ……[眠い(睡眠)](紋)
ホントだ。うまく収まっているね


 夜は寒さ[雪]を増してきて、気がつけば紋次郎が籠に入って試してみていました。マーリィだと確かにゆりかごみたいでゆったりですが、紋次郎だとちょうどピタッと収まっています。セーターでくるんだ甲斐があったかな?

IMGP5161 (640x427).jpg
レオン君はこんなところで寝ていました
ぼくは、この敷物がけっこう好き[揺れるハート](レ)


 籠でご機嫌だった紋次郎ですが、ここ数日また口内炎が痛いらしく、ご飯[レストラン]が食べづらいようです。お医者さん[病院]でもらった痛み止めを飲ませようとしたら、大抵抗[どんっ(衝撃)]して飲み込まないばかりか、恐怖のあまり(?)ウ★コまで漏らして逃げ回る[ダッシュ(走り出すさま)]という大変なことに……

IMGP5165 (640x427).jpg
おねえさんなんか嫌いだ![ちっ(怒った顔)](紋)
ごめんよ、紋ちゃあ~ん[もうやだ~(悲しい顔)]


 明日にでもまた病院[病院]に行って、お注射を打ってもらって、次の対策を考えようね。

IMGP5164 (640x427).jpg
長新太先生の絵本、買ってきちゃった


 日曜日に横須賀美術館[アート]に行って、没後10年「長新太の脳内地図」展を見てきました。やっぱり、ぶっ飛んでるなあ。シュールな本が多くて迷っちゃいましたが、やっぱりこの『ごろごろにゃーん』が面白くて買ってきてしまいました。時々酒[バー]のお供に開いてにやにや眺めることでしょう。
 もっとも、猫マスターはあくびをしながら歩き回って[くつ]、観艦式だの軍艦[船]だのとうわごとのように言い続けていましたが……

IMGP5119 (640x427).jpg
美術館前は見事なオーシャンビューなのです



nice!(11)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

読み切れなかった二冊 [本]

 ウィリアム・トレヴァー『密会』読了せず。

密会.jpg

 もしかして、イギリスの作家の短編集は自分には向かないのか? って、この間挫折したアリス・マンローはカナダ人だったりして。とにかく、全然のれなくて、面倒になって一番最後に載っていた表題作を読んだけれど、やっぱり面白くないので、全部読むのはやめました。

 森茉莉、吉行理恵ほか『猫は神さまの贈り物小説編)』読了せず。

猫は神さまの贈り物(小説編).jpg

 なんかしらんが、これは別に猫好きの人が編集していないだろう、と思う。しょっぱなの森茉莉も吉行理恵も、まったく面白くない。小松左京に至っては本当にもう……読めない。というわけで、これも投げ出した。宮沢賢治の『どんぐりとやまねこ』だけは読み返したけれど。いやあ、だまされたね。


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: