So-net無料ブログ作成
検索選択

青春18きっぷ2017春の陣-岐阜等紀行その2 [旅行]

 さて、ユニークすぎるテーマパーク・養老天命反転地の体験を終え、養老[電車]⇒大垣[電車]⇒名古屋(昼食)[レストラン][電車]⇒多治見へ。

IMGP6582 (640x427).jpg
IMGP6588 (640x427).jpg
養老鉄道[電車]は、自転車を載せられます

IMGP6735 (640x453).jpg
養老鉄道記念乗車券とクリアファイルのセットを買っちゃいました

IMGP6591 (640x427).jpg
ここが多治見駅

IMGP6590 (427x640).jpg
多治見のゆるキャラかな


 駅からのバス[バス]の時間がなくて、やむなくタクシー[車(セダン)]に乗りましたが、遠いんだ、コレが。2000円以上[有料]かかってしまった![ふらふら]

IMGP6592 (640x427).jpg
IMGP6595 (640x427).jpg
藤森輝信先生の設計したミュージアムです

IMGP6599 (640x427).jpg
壁には陶器が埋め込んであります


 藤森先生のミュージアムは、長野の神長官守矢史料館、茶室「高過庵」、静岡の秋野不矩美術館を見ていますが、ここは初めて。今年初めのNHK日曜美術館特別番組『ゆく美、くる美』[TV]で紹介されていて、うわー、行ってみたいと思っていたのです。やっぱり、いいわーこの建物[ビル]の感じ!
 
IMGP6674 (640x427).jpg
建物の模型

IMGP6629 (640x427).jpg
いろんなタイルのかけらが輝く[ぴかぴか(新しい)]

IMGP6617 (640x427).jpg
IMGP6611 (640x427).jpg
IMGP6634 (640x427).jpg
IMGP6620 (640x427).jpg
IMGP6613 (640x427).jpg
IMGP6634 (640x427).jpg
IMGP6604 (640x427).jpg
ちょっとレトロなタイルや磁器

IMGP6682 (640x427).jpg
IMGP6647 (640x427).jpg
IMGP6659 (640x427).jpg
IMGP6666 (640x427).jpg
IMGP6658 (640x427).jpg
IMGP6680 (640x427).jpg
IMGP6678 (640x427).jpg
IMGP6652 (640x427).jpg
IMGP6649 (640x427).jpg
IMGP6655 (640x427).jpg
IMGP6653 (640x427).jpg
いろいろな製品の紹介。どれもきれい[目]です

IMGP6646 (427x640).jpg
モザイクタイルの生みの親・山内逸三先生が!


 なんというか、全体的に懐かしいんだよね。昔は流しも浴槽もみんなタイル張りだったよなあ。ミュージアムショップに、ちっちゃいタイルを紙コップに詰め放題で500円[有料]なんていうのがあってまた楽しいのです。
 また、この建物の隣に笠原町の公民館的なところがあったのですが、その中の一角に、一昔前のものがたくさん置いてあるコーナーがありました。

IMGP6693 (640x427).jpg
IMGP6691 (640x427).jpg


 帰りはバス[バス]があったので、多治見の駅まで320円[有料]で帰ることができました。
 余談ですが、公民館の入り口に、「多治見高校甲子園出場決定![野球]」と誇らしげに書いてあったのですが……本番はコテンパン[パンチ]にやられてしまったみたいです。まあ、いい思い出だよねえ。
 うーん、また次回につづく。


nice!(12)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 12

コメント 7

OMOOMO

あら、また、いつの間に旅に・・・
自転車載せられる電車って牧歌的ですね。
タイルのミュージアムもすてき。
by OMOOMO (2017-03-21 18:49) 

green_blue_sky

モザイクタイルきれいですね。
水原弘さん、懐かしい。小さい頃はよく見かけました(^_^;)
by green_blue_sky (2017-03-21 18:51) 

JUNJUN

ポルトガルのアズレージョのようにきれい・・・と思ったら、なんと和式トイレでしたか?!
これはツボですよ(笑)。
by JUNJUN (2017-03-21 20:09) 

kontenten

クリアファイルの猫さん、可愛いですね〜♡
子供の頃から、猫さんって・・・こんなイメージでしたが
カナ姉さんのお陰で、ガラガラと崩れ始めました(><)
やっと来たみもって感じです(^o^)
 さて、便器と湯船・・・何だか懐かしい気もしますが・・・
何処で見たのか・・・何だか、恐くなってきました^^;Aアセアセ
多治見・・・浜松で修行中に出身の後輩がおりました。
そうそう、今や日本一暑い熊谷を抜いた街ですよね(^_-)
by kontenten (2017-03-21 21:35) 

ChatBleu

確かに最近タイルってない!
by ChatBleu (2017-03-21 22:00) 

溺愛猫的女人

こんにちは

懐かしい~昔はみーんなタイル張りでしたね。今だと逆にとてもオシャレな感じがするかも。

by 溺愛猫的女人 (2017-03-22 09:39) 

あーる

OMOOMOさん
ついつい、青春18きっぷの季節は気もそぞろで……出かけてしまいます。自転車を載せられる電車って、ちょっとヨーロッパみたいですよね。空いてるからだけど。

green_blue_skyさん
そうそう、黒い花びらですよね。旅の途中で読んだ村松友視三のエッセイにも出てきました。懐かしい。

JUNJUNさん
昔はこんな柄入りの便器があったんですね。なんか、すごいですが……前に鑑定団に出てきて、全然値がつかなかったような記憶があります。

kontentenさん
そうか、岐阜って暑いんですよね。夏の陣でなくて良かったような気もしてきました。タイルの湯船、実家も建て替え前まではそんな感じだったような気がします。

ChatBleuさん
結局、目地が汚れて掃除が大変みたいなことで、浴槽やなんかからは完全に淘汰されてしまったような気がしますが……今見るときれいですよね。

溺愛猫的女人さん
タイル、今見ると逆に新鮮です。この美術館、一番上の階の展示室は天井が抜けて雨も降り込むのですが、展示品がタイルなのでへいっちゃらなのです。
by あーる (2017-03-22 12:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。