So-net無料ブログ作成
検索選択

茨城県北芸術祭2016へ―その1 [旅行]

 12日~13日の土日は、猫マスターに車を出してもらって、茨城県北芸術祭に行きました。招待パスポートも1枚あったし、やっぱ、行かないと。幸い、お天気も最高でしたので……

IMGP4520 (640x424).jpg
日立駅にて最初の作品、村上史明『風景幻灯機』


 JR日立駅は初めて来ましたが、本当に海の真ん前で、妹島和世設計のガラス張りの駅からは、水平線がすっきりと見えます。そこに向けたこの望遠鏡のような作品から何が見えるかというと……書くとネタバレになるので書きませんが、ちょっとファンタジックで楽しい作品でした。

IMGP4522 (640x424).jpg
駅が虹色に彩られているのもダニエル・ビュレンの作品


 全部映し切れていませんが、虹色のカッティングシートで覆われていて、とてもきれいです。ここで猫マスターの分のパスポートを買って、海岸線を北上します。

IMGP4532 (640x424).jpg
次は虚舟(うつろぶね)ミュージアム

IMGP4525 (640x424).jpg
小貝ケ浜というところあるのですが

IMGP4528 (424x640).jpg
インドネシアのヴェンザ・クリストの作品

IMGP4531 (640x424).jpg
UFOファンならみんな知ってる、うつろ舟がテーマです


 1803年、茨城県の海岸に不思議な舟[船]が流れ着き、その中には言葉の通じない謎の女[キスマーク]が乗っていたという不思議な伝説は、当時の瓦版などに様々な形で記録(?[ペン])されています。世界中のUFOファンが注目する事件なので、ここからインスパアされて作品を作る現代作家さんもいるわけで……

IMGP4538 (640x636).jpg
この付近にはもう一つ・國安孝昌の作品があります


 そこからさらに北上し、今度は高戸海岸へ。

IMGP4547 (640x424).jpg
うわー! 空が落っこちてきたー! という感じの作品


 タイトルはそのまんま『落ちてきた空』ですが、イリヤ&エミリア・カバコフの作品です。ハリケーンで落っこちた空が砂にめり込んでいます。この近くにはニティバク・サムセンの作品もありました。
 次に行ったのは、高萩市にある江戸時代の豪商・穂積家住宅。ここは建物もお庭もとても素晴らしいのですが、その内外を使って作品展示をしています。
IMGP4581 (640x424).jpg
常陸牛を出すレストランも入っています

IMGP4558 (640x424).jpg
これが陶器とは思わなかった!

IMGP4564 (424x640).jpg
伊藤公象先生の作品です。キラキラ[ぴかぴか(新しい)]してとてもきれい

IMGP4580 (640x424).jpg
水がキレイなので、アオイトトンボがいました

IMGP4584 (424x640).jpg
これはデビー・ハンのインスタレーション

IMGP4587 (424x640).jpg
よく見ると顔ができてます

IMGP4589 (640x424).jpg
ほおずきアイスを食べました。美味しかった!


 会津に行って、ほおずきをフルーツとして食べるのを初めて知ったのですが、ここでもフルーツほおずきを作っているのだそうです。
 その後また海岸沿いにぐんぐん北上して、五浦へ。ここには岡倉天心の史跡がいろいろあるのですが……

IMGP4607 (640x424).jpg
六角堂。2011年の震災の後の津波で根こそぎ持っていかれたのを復元

IMGP4595 (640x424).jpg
けっこう荒れた海ですが、ウミウがいました

IMGP4593 (424x640).jpg
ここにはジャン・ワンの作品

IMGP4616 (640x424).jpg
この近くにある茨城県天心記念五浦美術館

IMGP4613 (640x424).jpg
入るとすぐチェ・ジョンファのピンクの象がお出迎え

IMG_5645 (640x480).jpg
IMG_5646 (640x478).jpg
DSC_0884 (640x360).jpg
ここでの呼び物はなんといってもチームラボ


 お茶碗を移動させても、それを追いかけてまたお茶の中から花が開く美しいインタラクティブ・デジタルインスタレーションや、絵画が生き生きと動き出すような作品がたくさんありました。また、何もない空間に自分で毛筆文字を書けるようなバーチャル・リアリティー体験などもできて、楽しい。
 ここを見終わるともう夕方。宿泊先の五浦温泉の民宿へ。

IMGP4619 (640x424).jpg
宿の看板猫、マリブさん(17歳)

IMGP4620 (640x424).jpg
どうぞ、ごゆっくり(マ)

IMGP4622 (640x424).jpg
この時期の茨城といったら、やっぱり鮟鱇でしょう

IMGP4624 (640x424).jpg
ごちそうさま~


 茨城県北芸術祭、エリアが広くてしかも遠いので、全部見ることはとてもできないので、優先順位を決めて回っていますが、一日目はまず海側。二日目は山側に行きます。
 つづく。


nice!(12)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 12

コメント 9

チャコ&ミニ

金沢の二十一世紀美術館的だなあと思いました。
料理に猫に芸術に、最高の骨休めとなりましたね。
by チャコ&ミニ (2016-11-14 00:59) 

ChatBleu

地域一帯が芸術になってるのですね。
北関東って半端に遠いし、現地も範囲が広いし、
観光が大変で、なかなか行けないです。
by ChatBleu (2016-11-14 06:30) 

green_blue_sky

茨城は近かそうで遠いので、行ったことがないです(^_^;)
by green_blue_sky (2016-11-14 06:37) 

kontenten

17歳のマリブさん・・・イイ感じですね(^^)
何だか、OMOOMOさんちのグレゴリーグレオ殿下に似た風貌
うし柄の猫さんは年齢を重ねるとこんな感じになるのですかね?
エルもどうなるか楽しみです(^_-)
by kontenten (2016-11-14 09:35) 

あーる

チャコ&ミニさん
確かにそうですね。21世紀美術館は、外の空間も上手に使って展示をしていてすごいなーと思っています。運転士はたいへんだったかもしれませんが、私にはよい小旅行でした。

ChatBleuさん
行ってみると、温泉はあるし、のどかないいところのようなのですが……なぜかお昼に行った食べ物屋さんがすべて「1時間かかります」とか「30分かかります」とか言われて……どうしたんだろうと思いました。

green_blue_skyさん
いいところでしたよ。ただ、車がないと移動が大変だと思います。山側から海側へ行くとか、そういうのがすごく厄介なようです。

kontentenさん
マリブさん、おとなしくて、決して座敷に上がってこようとはしないいじらしい猫でした。年齢のせいか? 若干黒いところが茶色がかって見えましたが……元々かな?
by あーる (2016-11-14 12:22) 

green_blue_sky

PS
レッドクリフ2のほうが面白いです。
言葉の意味は分かりませんが、中国語のアクセントがとても分かりやすいです。
これ以外の中国語の映画はさっぱりわからない(^_^;)
字幕で観ました。
by green_blue_sky (2016-11-14 12:37) 

JUNJUN

今回は、車での小旅行ですか?
なんか不思議な空間ですね☆
マリブさん、OMOOMOさん家のグレゴリーグレオに似ていませんか?
by JUNJUN (2016-11-14 20:10) 

ゆうのすけ

6枚目の画像で人らしきものが持っているのは 煙が出る玉手箱かもしれないですね!^^☆
by ゆうのすけ (2016-11-14 23:08) 

あーる

green_blue_skyさん
1よりも2が面白いというのは、珍しいですね。たいてい、パート2は期待外れだったりするものですが。今度見てみよう。

JUNJUNさん
車なので、楽をしてしまいました。いろいろ面白いものを見ましたが、全然見きれていません。グレちゃんに、確かに似てますね。

ゆうのすけさん
おお、玉手箱! その発想はなかったなあ。謎の箱、何が入っているんでしょうね。
by あーる (2016-11-15 12:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0